子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

栗、きのこ、鮭…おかわり必至!「秋の炊き込みご飯」みんなの推しレシピを調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

すっかり涼しくなって食欲の秋が到来! 秋にはホクホクの温かいご飯がとても美味しく感じますよね。炊き込みご飯にすれば、大人も子どももお箸がとまらなくなってしまいます。皆さんは、いつもどんな炊き込みご飯を作っていますか?

今回『kufura』では、主婦497人にアンケートを実施し、「秋に作りたくなる炊き込みご飯」レシピについてうかがいました。少しだけ手を加えれば、何杯でもいけちゃう絶品炊き込みご飯の出来上がり! 旨味たっぷりの炊き込みご飯で家族を喜ばせてくださいね。

秋の味覚の代表「栗ご飯」

秋の味覚の代表のひとつが「栗」ですよね。薄味で仕上げれば、栗の甘さが引き立ってホクホク美味しい炊き込みご飯に。ちょっと面倒だなという方は、甘栗を使えば簡単に作れちゃうのでおすすめです!

「やっぱり王道、栗ご飯。ほんのり甘くなったお米も最高においしくて幸せ気分になります」28歳/主婦)

「栗ご飯。ゴロゴロした食感と甘さが食欲をそそります。余計な物は特に入れず塩とほんだしだけで美味しくなります」43歳/その他)

「やはり栗ご飯が美味しいと思います。もち米を使い山菜などを入れても美味しい」59歳/その他)

「甘栗ご飯。米と甘栗を一緒に入れ、醤油・酒・みりんを入れて炊くだけ。栗ご飯を生栗からやると大変ですが、これは簡単に出来るのでおすすめ」38歳/その他)

「甘い栗の瓶詰めで作る栗ご飯。甘い汁ごと一瓶全部入れて甘い仕上がりにすることで、おやつにもご飯にもなって良い」51歳/主婦)

 

バリエ豊富な「きのこご飯」

きのこの炊き込みご飯は何回でも食べたい! 椎茸や舞茸、しめじなど、様々なきのこを入れて贅沢なご飯に仕上げたいですよね。そして、松茸も忘れてはなりません。とびきり贅沢をしたい日には風味抜群の松茸ご飯はいかがですか?

「舞茸の炊き込みご飯。風味、味もとても良い。鶏肉や油揚げ等を入れると尚美味しい」46歳/主婦)

「きのこと根菜の炊き込みご飯。白だし・お酒・黒糖少々を入れて炊き込む。炊き上がりに鰹節を入れて混ぜ合わせておくと水っぽくならず美味しいです」27歳/営業・販売)

「きのこご飯。まいたけ、エリンギ松茸のお吸い物の顆粒だしで。食感もいいし香りもいいし大好きです」52歳/主婦)

「しめじご飯。しめじとツナ缶、塩昆布を入れて炊くだけ。味付けしなくても塩昆布の出汁で美味しくなり簡単で便利」47歳/総務・人事・事務)

「松茸ご飯。贅沢だけど風味が断然良い」37歳/主婦)

 

「さつまいもご飯」はひとアレンジ加えるともっと美味しい!

さつまいもご飯も秋に作りたいですよね。そのまま楽しんでも美味しいですが、バターを加えればコクが出て子ども好みの味付けに。また、塩昆布を入れれば甘じょっぱい絶妙な味付けに大人もクセになりそう!

「さつまいもご飯。出汁と醤油で薄めに味付けして炊き上げて、そのまま食べてもおいしいし、がっつりいきたいときはバターを添えて食べると大満足」37歳/総務・人事・事務)

「さつまいもご飯。1.5センチ角のさつまいもと酒、おかきを入れて炊き、ごま塩をかけて食べるとおこわみたいになって美味しい」39歳/その他)

「さつまいもご飯。炊き上がったら塩昆布を混ぜて出来上がり。さつまいもの甘みと塩昆布の塩加減が絶妙で美味しい」48歳/主婦)

「さつまいもと黒ゴマの炊き込みご飯。出来上がったら粉チーズをかけて食べる」54歳/総務・人事・事務)

 

旨味たっぷりの「鮭ご飯」「鯖ご飯」

さんまご飯も食べたいところですが、残念ながら今年も高くてなかなか買えなさそう……。でも、秋鮭や鯖をご飯に入れても抜群に美味しいんです! 缶詰を使えばさらに簡単に旨味たっぷりの炊き込みご飯ができますよ。

「鮭の炊き込みご飯。生姜や出汁醤油を入れたご飯の上に鮭を乗せて炊くだけ。簡単なのに美味しい」46歳/総務・人事・事務)

「鮭の炊き込みご飯は秋によく似あう」53歳/主婦)

「鯖缶とその汁を洗った米に入れて炊く」40歳/総務・人事・事務)

「鯖缶を使った炊き込みご飯。みりん、醤油と一緒に入れて炊く。ふんわりした魚の食感と風味豊かなごはんが美味しい」36歳/主婦)

 

「たこ」や「貝」も出汁が染み渡る!

魚以外にも、「たこ」や「あさり」「ほたて」などの貝も炊き込みご飯との相性はバッチリ。魚介の出汁がご飯に染みわたって、シンプルだけどいくらでも食べられちゃう。

「たこ飯。たことしょうが、めんつゆで炊き込む」53歳/主婦)

「あさりご飯。お米と一緒にあさりの佃煮を入れてたくだけ。手軽で美味しい」33歳/主婦)

「ほたての炊き込みご飯。ホタテのだしとかつおだしがいい味を出してくれてやみつきになる」35歳/その他)

「しじみから出汁を取りご飯を炊く」40歳/その他)

 

素朴で懐かしい「ひじきご飯」

素朴だけれど栄養たっぷりのひじきご飯も何度食べても飽きないですよね。優しい味付けにほっこりすること間違いなし! おかずをリメイクすれば簡単に作れちゃうのも嬉しいポイントです。

「ひじきの炊き込みご飯。ひじき、しめじ、ツナ、にんじん、油揚げを醤油、酒、ほんだしと一緒に炊飯器で炊く。栄養満点でしめじとツナの旨みもあって美味しい」31歳/主婦)

「ひじきご飯。油揚げ、人参と一緒に炊飯器に入れるだけで、野菜もとれるし、貧血予防にもなる。味を薄めにすることで、おかずの邪魔にならない」40歳/主婦)

「油揚げとひじきの炊き込みご飯。さっぱりと美味しい」42歳/その他)

「おかずのアレンジで簡単に作れるひじきご飯。余ったひじきの煮物を混ぜてご飯を炊くだけ」45歳/その他)

 

いかがでしたか?

食欲の秋、やっぱり炊き込みご飯は欠かせないですよね。栗やさつまいもなど王道の秋の食材はもちろん、魚介やひじきを使ったご飯など、今年は炊き込みご飯を何パターンも作って存分に楽しんでみてください!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事