子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

子どもがやみつきになった!我が家の「きのこレシピ」をママ186人に聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

実りの季節がやってきました。なかでも、秋の味覚の代名詞といえるのが「きのこ」。
今回『kufura』では、20〜50代のママ186人にアンケートを実施し「お子さんがやみつきになったきのこレシピ」を教えてもらいました。独特な風味から苦手なお子さんが多いかと思いきや、子どもがハマった!というレシピが続々と集まりましたよ。

「きのこ炒め」の味付け一番人気はバター

「エリンギのバター醤油いため。無言で熱心に食べていた」(36歳/総務・人事・事務)

「鮭のムニエルにキノコソテーを添えるといつも以上に喜ぶ」(46歳/主婦)

「きのことベーコン、じゃがいも、コーンをバター醤油でいためる。子供が好きな物ばかりを入れているので、喜んで食べてくれる、アスパラを加えても美味しい」(50歳/総務・人事・事務)

「エリンギと豚肉とズッキーニのガリバター炒め、集中して食べてくれて、食べてすぐ催促されます。まだ2歳なので、話せないし態度でわかります(笑)」(34歳/その他)

「えのきのポン酢炒め。ブラックペッパーを少し隠し味にすると喜んで食べ進めてくれます」(32歳/学生・フリーター)

「きのこを塩とカレー粉で炒めると、よろこんでたくさんたべる」(55歳/その他)

今回のアンケートでもっとも回答が多かった「きのこ炒め」でした。特に香ばしさが食欲をそそるバターでの味つけは子ども受け抜群! まだお話しできないお子さんからも“おかわり”が出たようです。醤油やガーリックを加えると一層おいしさが増しますね。

炒め物とは少し違いますが、お子さんの反応がおもしろかった焼き料理もご紹介。

「えのきのベーコン巻き。加工肉が大好きな息子に試しに作ってみたら、案の定爆食していました(笑)」(39歳/その他)

「シイタケの醤油焼き。無言で完食し、松茸より美味い!と叫んだ」(44歳/その他)

ベーコンの塩気が効いたきのこのベーコン巻きも好きなお子さんが多いですよね。お弁当にももってこいの一品です。

「松茸より美味しい!」と叫ぶほどしいたけの醤油焼が美味しかったなんて、親もビックリ!?(笑)

お肉にまぜたりソースにしても! 「ハンバーグ」

「しめじを短く刻んでひき肉とこねたハンバーグをみじん切りしたトマトと一緒に煮込んで、ケチャップソースで食べる。毎回お弁当にも入れてー!と言われる」(41歳/主婦)

「うちの子はキノコが嫌いですが、細かく刻んで、ハンバーグに入れると、パクパク食べます」(37歳/その他)

刻んだきのこをお肉に混ぜた「ハンバーグ」は、かさましにもなりおいしさもアップ! 本来は苦手なのにきのこ入りハンバーグなら進んで食べるというお子さんもいました。そして、お肉だけでなく、ソースにきのこを使う方も。

「ハンバーグにかけるキノコソース」

「オムライスのソースのデミグラスソースにキノコを加えてかけています。レストランみたいと喜んでいました」(43歳/主婦)

きのこたっぷりのソースがとろ〜とかかっていると、お店でいただくような贅沢気分が味わえますよね。ハンバーグと並ぶ人気メニュー、オムライスでも同様の声が聞かれました。

お手軽でランチにも大助かりな「パスタ」

「きのこたっぷりのパスタ。バター醤油味が子供達にも大好評です」(58歳/主婦)

「きのこのバターパスタ。バターの風味が食欲をそそるみたいでおかわりしてくれる」(43歳/その他)

「きのこのクリームパスタ。きのこを炒めて、クリームソースと混ぜるだけ」(51歳/主婦)

パスタでもバター味人気が目立ちましたが、クリームとの相性も抜群! クリーミーな味わいにきのこの食感がアクセントになります。

旨みが染み出す「味噌汁」や「スープ」

「なめたけの味噌汁。豆腐と一緒に入れるとツルツル食感が楽しいようでよく食べてくれます」(45歳/主婦)

「エノキ入りの味噌汁。軸の部分の取り合いになります」(48歳/主婦)

「マッシュルームのポタージュスープ。すぐになくなります」(35歳/研究・開発)

「まだ離乳食時期なので、ミルクスープにきのこをきざんであげたら美味しそうに食べてくれた」(37歳/主婦)

汁物にきのこを加えると、旨みが染み出て味わい深くなりますよね。味噌汁の具ではなめたけがダントツ人気で、チュルっとした食感と一口サイズの食べやすさがお子さんにうけるようです。ミキサーでペースト状にしたマッシュルームポタージュなら、食感が苦手というお子さんでもチャレンジできるかも?

ふわっときのこが香る「炊き込みご飯」

「きのこの炊き込みご飯。ご飯をたくさん食べてくれる」(35歳/その他)

「キノコご飯を作ったらまた食べたいといっていた」(39歳/主婦)

「えのきを細かく刻んだ混ぜご飯はとても美味しそうに食べてくれます」(43歳/主婦)

「炊き込みご飯にしめじを入れると喜んで食べる」(53歳/主婦)

ふわりときのこの香りがかおって食欲をそそる炊き込みご飯。材料を入れてスイッチを押すだけと手軽に作れますし、なによりご飯をモリモリお替わりしてくれるのは大歓迎ですよね!

これからの季節にぴったりな「ホイル焼き」

「鮭ときのこのホイル焼き。バーベキューみたいといって喜んでました」(46歳/学生・フリーター)

「きのこのバターホイル焼き、バターが好きなので喜んで食べてくれた」(53歳/主婦)

「ホイル焼きをして、チーズを乗せる。やったーといって、喜ぶ」(50歳/総務・人事・事務)

アルミホイルに包まれていることで、ちょっとした非日常感が楽しめるホイル焼き。きのこオンリーももちろん美味しいですが、これからは秋鮭が旬を迎える季節なので、旬のもの同士きのこと合わせるのもいいですね。子どもが好きなチーズをトッピングするとさらに盛り上がりそうです。

まだまだあります!子どもが喜んだきのこレシピ

その他にも、お子さんがパクついたというきのこレシピが集まりました。

「きのこのアヒージョ。にんにくとたっぷりのオリーブオイルで低温で温めます。子供たちは大好きでお替りを所望してきます」(38歳/営業・販売)

「きのこのチーズリゾット。豆乳でまろやかな味わいにするとたくさん食べてくれる」(28歳/弁護士)

「マッシュルームの入ったピラフ。マッシュルームばっかり食べたがった」(37歳/主婦)

「きのこたっぷりのカレー。エリンギ・シメジ・マイタケなどたっぷり入れて出すと『きのこー!!』と喜んで食べます」(35歳/主婦)

「えのきをめんつゆで卵とじ。美味しかったようだ」(41歳/女性)

「えのきだけを細かく裂いて、片栗粉をまぶし揚げ焼きにしたもの。カリカリにすると喜んで食べます」(53歳/主婦)

「えのきのつくだ煮。ご飯に合うらしく、もりもり食べました」(38歳/主婦)

「きのこともやしのナムル」(25歳/公務員)

 

いかがでしたか?

大好きなきのこ料理が出てきたり、おいしかった時のお子さんの反応がおもしろかったですね! そんなリアクションとともにモリモリ食べてくれるのはママも嬉しいかぎり。きのこは種類が多くて幅広い料理に使えるので、お子さんがやみつきになるきのこ料理のレパートリーを増やしてみてはいかがでしょうか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事