子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「鶏むね肉」でパワーチャージ!夏でもさっぱり食べられるおすすめレシピを聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

あつ~い夏。毎日気温が高くて食欲も落ちてしまいがちに。冷たい麺でさっと済ませたい! そんな気分になることもありませんか?

しかし、そんなときこそお肉を食べてパワーチャージ。ちょっと元気がないときでも、「鶏むね肉」なら脂肪が少なくあっさりと食べられますよね。

そこで『kufura』では、219人にアンケートを実施し、「夏に食べたい鶏むね肉のおすすめレシピ」を伺いました。焼いたり茹でたり煮込んだり、絶品レシピがたくさん。硬くならずに味わえる裏技も教えていただきました。

「チキン南蛮」はむね肉でも!

甘辛いタレが食欲をそそる「チキン南蛮」。今回のアンケートでは回答がとても多かったです。酸味が爽やかで、夏にもぴったり。もも肉よりもあっさりしていて好みという声もありました!

「鶏むねでつくるチキン南蛮は喜ばれる。もも肉だとこってりしすぎるのでむね肉がおすすめ」(49歳/主婦)

「チキン南蛮。すっぱめなのでさっぱり食べられます」(33歳/主婦)

「鶏むね肉のチキン南蛮。お酢やお酒で削ぎ切りにした胸肉をつけておくと柔らかくなる」(46歳/総務・人事・事務)

「茹で鶏」で絶品おかず

茹でた鶏むね肉は、とってもしっとり。茹でることで余分な脂が落ちて、よりヘルシーになりますよ。柔らかい鶏肉に絶品ソースをかければ、お箸が止まらない美味しさです。

「蒸し鶏の香味ソースがけ」(38歳/主婦)

「コチュジャンのネギだれを使ってよだれ鶏」(41歳/主婦)

「鶏むね肉をゆでて、それをレタスやカイワレなどの上に置き、自家製のたれをかけて食べる」(42歳/主婦)

焼くときは一工夫して柔らかく!

焼くと硬くなるイメージがある焼きレシピ。しかし、マヨネーズや塩麹に漬けてから焼くとパサパサせずに美味しく焼きあがるようです。味付けもマネしたいものばかりです!

「鶏むね肉をヨーグルトに漬け込んでからニンニク醤油で焼く。まろやかで美味しい」(40歳/総務・人事・事務)

「そぎ切りにしてマヨネーズに漬けておいて焼くだけ。鶏むね肉が柔らかくなって美味しい」(34歳/主婦)

「塩麹に漬けた鶏むね肉を焼いてレモン汁だけで。胸肉のパサつきがなくなり、驚くほどジューシーになります」(43歳/その他)

「スライスした鶏むね肉をカレー粉とコンソメで味をつけて鶏むね肉のカレーソテーにする。スパイシーな味が暑い夏でも食欲をそそります」(38歳/主婦)

「鶏むね肉を梅干しと一緒にソテーする」(30歳/総務・人事・事務)

「鶏むね肉に塩胡椒して片栗粉をまぶして焼く。醤油、砂糖、酒、コチュジャンを混ぜてフライパンに入れる」(39歳/主婦)

「シソの葉で巻いて、塩胡椒で味付けしたものを焼きます」(48歳/主婦)

「鶏ハム」は実は簡単!

自家製でハムなんて難しそう……と思ってしまいますが、鶏ハムは意外と簡単に作れます。そのまま食べてもサラダにしても、チャーハンに入れてもOK! 

「鶏ハムを作り置き。サラダやチャーハンなどアレンジ多数」(49歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「鶏ハム。塩こうじに二日漬けてから茹でるだけ」(53歳/総務・人事・事務)

「レモンバジルの鶏ハム」(48歳/主婦)

「塩をまぶした胸肉をラップでしっかりくるみ、低温調理をして、鶏ハムをつくります。好みの野菜と一緒に食べると美味しい」(50歳/主婦)

煮込んで絶品おかずに

煮込めばとても柔らかくなるので、食感が苦手な方でも食べやすくなりますよ。味が染みこむので、ご飯が何杯でも食べられちゃいます!

「トマトソースで、ズッキーニや玉ねぎと煮込む。コンソメと塩胡椒で味つけして冷蔵庫で冷やすとラタトゥイユ風になって美味しいです」(28歳/その他)

「鶏むね肉の甘辛みぞれ煮」(30歳/総務・人事・事務)

「コーラで煮込みます。香りと甘さで食が進みます」(60歳/主婦)

「サラダ」にいれて野菜と一緒に

もちろんサラダにしても美味しい! 鶏むね肉と野菜の相性はバッチリです。鶏肉メインの棒棒鶏やゴマダレ、手作りドレッシングなど、いろいろな味付けで楽しめます。ヘルシーなのでダイエット中にもGOOD

「鶏むね肉と野菜のゴマダレサラダ」(46歳/その他)

「茹でた鶏肉を手で裂いて、キューリやトマトと和えて、市販のドレッシングで」(52歳/主婦)

「棒棒鶏。サッパリしていますがタレが濃厚でパンチがあって良い。作るのも比較的楽で加熱もレンジでするからキッチンも暑くないです」(51歳/主婦)

「むね肉を蒸してそぎ切りに、千切りにしたレタスを敷いてその上に肉をおく。ごま油、みそ、マヨネーズ、醤油、砂糖、酢を混ぜてドレッシングを作りかける」(48歳/主婦)

むね肉でさっぱり「鶏ご飯」

ご飯に鶏むね肉を合わせれば、鶏の旨味がじっくり楽しめる味わいたっぷりのご飯に。カオマンガイや炊き込みご飯など、さっぱり食べたいときには鶏むね肉を使用するのが正解!

「カオマンガイ。熱い夏でも食欲が増す」(29歳/総務・人事・事務)

「甘辛く焚いてご飯にのせる」(50歳/主婦)

「炊き込みご飯。むね肉、キノコ、薄揚げ、めんつゆで炊くだけ」(35歳/その他)

 

いかがでしたか?

簡単に作れて、夏でも元気になりそうなレシピがたくさん! どれも手軽に作れるメニューなので、今晩のおかずにいかがですか? みなさんに教えていただいた柔らかくなる裏技も試してみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集