子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

今が旬!とうもろこしご飯から天ぷらまで「とうもろこし」の絶賛レシピを大調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

もうすぐ梅雨明け、これから夏本番の到来です。夏に食べたい、心躍る夏野菜といえば? そう、「とうもろこし」です。宝石のようにキラキラした立派なとうもろこしが、お手頃価格でスーパーに並んでいますよ。

いつものように丸ごと茹でても良し、香ばしく焼いても良し!ですが、今年はいつもとは違うアレンジをしてみては?

今回『kufura』では既婚女性279人にアンケートを実施し、家族が喜んだ「とうもろこしのやみつきレシピ」について伺いました。甘くて美味しいとうもろこしレシピを、早速見ていきましょう!

「とうもろこしご飯」は外せない!

今回たくさんの回答が集まったのが、この「とうもろこしご飯」。炊飯器に入れて一緒に炊くだけでとっても簡単なのが嬉しいですよね。塩やバター、醤油やめんつゆなど、調味料によってがらっと印象が変わるので、何度でも試してみたくなります。

「とうもろこしご飯。めんつゆととうもろこしを混ぜて入れて炊くだけ」(35歳/その他)

「和風とうもろこしご飯。とうもろこしととうもろこしの芯、油揚げを入れ、出汁と酒、醤油を入れて炊く。油揚げがとうもろこしの芯の出汁を吸って美味しい」(47歳/総務・人事・事務)

「とうもろこしご飯。炊飯器にお米ととうもろこしの粒と芯を入れ、酒と醤油、塩を入れて炊く」(53歳/主婦)

「とうもろこしとバターを炊飯器に入れて炊く」(28歳/主婦)

「とうもろこしをご飯に混ぜる」(30歳/総務・人事・事務)

「だしの素を少し入れてつくるとうもろこしご飯」(48歳/総務・人事・事務)

「コーンスープ」を手作りで

コーンスープを手作りするおしゃれな意見もたくさん。温かいコーンスープも良いですが、夏なら冷製スープも試してみたいですね。粒を大きめに残しても贅沢な気分を味わえそうですよ。

「コーンスープ。コンソメも入れてバターと牛乳で作る」(22歳/学生・フリーター)

「王道コーンスープ。とうもろこしをコンソメで煮て牛乳を入れてミキサーで回す。簡単冷コーンポタージュ」(33歳/その他)

「ホワイトソースの中にミキサーで一回混ぜたとうもろこしを入れて、コーンスープ」(35歳/その他)

「とうもろこしスープ。とうもろこしの粒入りで、満足感UP」(46歳/その他)

大人も子どもも大好き「かき揚げ」「天ぷら」

揚げたとうもろこしもとっても人気。かき揚げや天ぷらにすれば、とうもろこしの優しい甘さが閉じ込められてもう絶品。子どもだけでなく大人もクセになる美味しさなので、一度にたくさん作っておきたいですね。

「とうもろこしのかき揚げ。とうもろこしの甘みと天ぷらの塩気が絶妙でやみつきになる」(35歳/その他)

「とうもろこしと枝豆のかき揚げ。卵が少し多めの衣に和えて揚げる。揚げることで食感も甘みも引き立つので、塩でシンプルに」(33歳/主婦)

「とうもろこしの天ぷら。より甘みが増しておいしい」(45歳/主婦)

「とうもろこしと海老のビール揚げ。衣の水をビールに代える」(46歳/総務・人事・事務)

簡単「炒め料理」にも活躍!

とうもろこしをほぐして炒めれば、今晩のおかずに大変身。とうもろこしバターはもちろん、ツナや野菜、きのこなどと一緒に炒め、彩り豊かな立派なおかずに。

「とうもろこしをバターと醤油とイカで炒める」(41歳/その他)

「とうもろこしとツナのバター炒め。定番のメニューですがツナもいれると美味しいです!」(32歳/その他)

「とうもろこしとウインナーのバター炒め」(21歳/学生・フリーター)

「とうもろこしとアスパラのバター醤油炒め。夏の味です。ごはんのお供にもおつまみにも」(51歳/主婦)

「とうもろこしとエノキをバターで炒める。好みで塩胡椒を振って味付け」(45歳/主婦)

「とうもろこしをほうれん草とベーコンなどと一緒に塩・胡椒で炒める」(42歳/その他)

「サラダ」には贅沢にたくさん!

グリーンサラダにとうもろこしは定番ですが、マッチするサラダは他にもたくさん。ポテトサラダやコールスローなどにたくさん入れれば、とうもろこし主役のサラダに変身! 野菜嫌いの子も食べてくれそうです。

「コーンのサラダ。キャベツやツナを合わせる」(50歳/総務・人事・事務)

「ベーコンと炒めてポテトサラダに混ぜる」(52歳/主婦)

「とうもろこしの粒だけのコールスローサラダ」(54歳/主婦)

「とうもろこしとプチトマトとアボカドをマヨネーズであえたサラダ」(59歳/主婦)

「パン」に合わせても

パンととうもろこしも相性抜群。手作りピザや、トーストに乗せてもGOOD。粉から混ぜてとうもろこしのパンにするなんて方もいらっしゃいましたよ!

「とうもろこしパン。小麦粉にとうもろこしを混ぜて蒸す。コーンのほのかな甘みがパンに合う」(44歳/総務・人事・事務)

「パンにピザソースを塗りマッシュルーム、ピーマンととうもろこしを少々乗せてチーズをかぶせて焼きます」(35歳/その他)

「コーンマヨトースト。マヨネーズをぬったトーストにコーンをびっしりのせまたマヨネーズをかける。そして焼くとコーンも甘くなって美味しい」(47歳/コンピュータ関連以外の技術職)

他にも楽しめるとうもろこしアレンジ

他にもたくさん回答をいただいたので、最後にまとめてご紹介。ドーナッツやポップコーンなど、おやつにしている方もいらっしゃいましたよ。こんな贅沢レシピも夏ならではの楽しみですね!

「ポップコーンにして食べる」(46歳/主婦)

「そうめんを茹で冷たくし水切りしたらコーンとシーチキンと刻んだミョウガを上にのせめんつゆをかける」(49歳/総務・人事・事務)

「ホットケーキミックスを少し固めにつくって、コーン入れて、なんちゃってコーンドーナツ。簡単!」(37歳/主婦)

「とうもろこし入りとりつくね。とうもろこしの甘さが淡白なつくねに合う」(41歳/主婦)

「お好み焼きのメインの具材にする」(36歳/その他)

「とうもろこしのふりかけ。茹でて一粒ずつ取り、醤油とツナをあえて完成。ツナの塩気とコーンの甘味がご飯に合う」(22歳/主婦)

 

いかがでしたか?

いつもは茹でてそのままかぶりついているという方も、今年は簡単で美味しいとうもろこしレシピに挑戦してみてはいかがですか? 甘いとうもろこしをたくさん食べて、元気に夏を楽しみましょう。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。