子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

主菜・主食・副菜を電子レンジで!暑い日に助かる「レンチンレシピ」主婦226人に聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

熱のこもった夏のキッチンにいると、料理のやる気が減退してしまう……という方は多いのではないでしょうか。それでもなんとか自炊を続けるためには火を使う工程を電子レンジに“おまかせ”してしまうのも1つのコツ。

今回は、20~50代の既婚女性226人に夏の暑い時期におすすめの、火を使わずに電子レンジ調理で完成するアレンジレシピを紹介して頂きました。

「お肉のメインディッシュ」をレンチンで!

まずは、豚肉・鶏肉を用いたメインのおかずをご紹介!

「豚肉の豆苗巻き。豆苗を豚肉で巻いて、電子レンジでチンしてから、お好みで焼肉のたれなどをかけて食べる。簡単で美味しい」(37歳・主婦)

「耐熱皿にもやし、その上に豚バラの薄切りを広げて並べる。塩コショウをふってラップをふんわりかけてレンジでチン。豚肉にちゃんと火が通ればポン酢をかけて完成! さっぱりで子どももモリモリ食べます」(34歳・主婦)

「豚のしゃぶしゃぶ用に酒をふりかけてレンジで酒蒸しにし、千切りにしたキャベツ、キュウリ、ミョウガ、ショウガ、シソを盛った上にのせてポン酢で食べます。あっさりしていくらでも食べられます」(52歳・主婦)

「鶏の手羽元のヨーグルトカレー漬け。ヨーグルトとカレー粉を混ぜたたれを鳥の手羽元に漬けて30分ほど置き、その後電子レンジで5分加熱して取り出した後に裏返し5分加熱する」(30歳・主婦)

「レンジで作る鶏のチャーチュー。鶏むね肉をフォークでさし、ニンニク、唐辛子、醤油、みりん、酒、砂糖を揉み込み、ラップをして電子レンジで5分加熱後、そのまま5分待つ。電子レンジ料理とは思えない柔らかさです」(53歳・主婦)

「鶏のささみに酒をかけ、レンチンする。切った野菜に乗せ、ドレッシングをかける。さっぱりしていて、たんぱく質も摂取できるのでいい」(47歳・主婦)

時短目的を兼ねた電子レンジ調理は、豚バラ肉、豚細切れ肉、鶏むね肉、鶏ささみ肉が電子レンジとの親和性が高いようです。

レンジ調理だとどうしても肉質がパサつきやすいのですが、下味や仕込み次第で、レンジ調理とわからないほどの仕上がりに。

・臭みをとり、肉質を柔らかくするために料理酒を振りかける

・あらかじめ下味に漬け込んでおく

といった方法が多く集まっていました。

鍋たっぷりのお湯もフライパンも不要!「レンチンパスタ」

続いて、近年、ジワリと広がりつつある“レンチンパスタ”です。

「パスタをレンジ専用の容器(100均ショップなどで買える)でゆでます。玉ねぎ、ベーコン、きのこなど適当に家にあるものをシリコン鍋でレンジ蒸しして、全部混ぜて塩コショウまたはマジックソルトなどで味付け。これ一品で栄養のバランスもいいし、おいしいです」(51歳・主婦)

「レンジでつくる、キャベツとハムのクリームパスタ。キャベツとハムを適当な大きさに切って、バター、生クリームを加え、塩コショウを振り、レンジでチン。簡単で美味しいソースです」(58歳・その他)

「レンジでつくるトマトパスタ。乾燥パスタを予め水につけておき、トマト、スライスした玉葱、塩コショウ、オリーブ油をいれてレンジで8分。ほっておいても簡単にできてしまいます」(43歳・その他)

乾燥パスタのパッケージの調理法の欄には「鍋にたっぷりのお湯を沸かし……」という文言が添えられていますが、少量の水を加えてレンジで調理する裏技も。

レンジで調理する場合には、パスタを調理できる便利グッズを使ったり、半分に折って適量の水に浸した耐熱容器入りパスタを電子レンジで加熱するといった方法があるようです。

蒸し料理から煮びたし風まで「野菜料理」

加熱の必要な野菜の調理をレンジで済ませる方法です。

「温野菜サラダです。人参やブロッコリー、カボチャ、トマトなど、自分の好きなものを入れて食べるのがいいです」(46歳・主婦)

「ナスの煮びたし。レンジでチンしてめんつゆとしょうがで和えるだけ」(33歳・営業・販売)

「蒸しナス。細く切って皿に並べラップをして5分。熱いうちに醤油、酢、にんにくとショウガのみじん切りを混ぜたたれをかける」(48歳・主婦)

「夏野菜のカレー風味蒸し。カットしたトマトやナスやピーマンにコンソメとカレー粉をふりかけ、レンチンするとカレー風味の食欲をそそる一品ができます」(38歳・主婦)

火を使わずに時短で完成するだけでなく、フライパンや鍋のような大きな洗い物が減りますから、調理と家事のダブルの手間が省けそうですね。

加熱時間が劇的に短縮!「イモ&キノコ料理」

食物繊維がたっぷりのイモ類やキノコ類も電子レンジであっという間に柔らかく!

「いろいろなキノコをレンジでチンして白だしで和える」(47歳・主婦)

「しめじ、エノキダケ、マイタケなどきのこ類を耐熱皿に入れて鶏ガラスープの素を混ぜ、ラップをしてレンジで3分加熱する。簡単にできてご飯にも合う一品です」(51歳・主婦)

「じゃがいもをレンジで蒸し、潰してバターとマヨネーズでじゃがバター」(35歳・主婦)

「ジャガイモをチンして皮ごと潰して、マヨネーズとたらこを和える。充分おかずになる」(57歳・主婦)

大きなジャガイモを皮ごと蒸し器で蒸すと30分ほどかかり、そのうちにキッチンの湿気と温度が急上昇して部屋がムンムンに……。でもレンジを使えば半分以下の時間で柔らかくなりますから、暑い日にも急いでいるときにもおすすめです。

今回は、暑い夏に主婦がすすめる電子レンジ料理をご紹介しました。

体力を要する夏こそ、きちんと食べておきたい。でも、料理を作るやる気がでない……。そんなときには、電子レンジに加熱を“おまかせ”してみてはいかがでしょうか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事