子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「かつお節」を使いつくす!出汁をとったあとのリメイクレシピや意外な使い方も

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

魚独特の臭みがなく、風味豊かな香りが食欲をそそる「かつお節」。タンパク質のほか、ビタミン類も豊富に含む日本古来の食品です。お出汁をとる時に使う方が多いかと思いますが、それだけでは勿体ない! そのままお料理に混ぜたりトッピングすることで、ぐんと旨みをプラスしてくれます。

そこで『kufura』では、20〜50代の既婚女性218人に「かつお節を使った簡単レシピ」について聞いてみました。手軽にパパッと作れるレシピが集まりましたよ。

シンプルに「ご飯のせ」がやみつきに!?

「雑穀米の上にたっぷりかつお節をのせて、その上に半熟目玉焼きをのせ醤油をかけてたべる『ヘルシー目玉焼き丼』」(46歳/主婦)

「ごはんに鰹節とちりめんじゃこを乗せて醤油を垂らして食べる」(55歳/主婦)

「鰹節とマヨネーズにめんつゆをたらして混ぜたものでごはんにのせて海苔巻き」(48歳/主婦)

「熱々のご飯に叩いた梅干し、おかかを混ぜて梅おかかご飯。おかかから出汁が出て深い味わいのご飯になる」(44歳/主婦)

「ねぎをみじん切りにして、かつお節とあえて、しょうゆで味付けする。ねぎの食感とかつお節の風味がご飯に良く合う」(51歳/主婦)

「醤油、砂糖、みりんで甘辛く煮てからごはんにのせる。佃煮になる」(44歳/総務・人事・事務)

ホカホカご飯と風味豊かなかつお節との相性は抜群! 卵かけご飯ならぬ“かつお節ご飯”が美味しいという声が多数寄せられました。優しい味わいで朝食などに良いかもしれませんね。かつお節に、じゃこや梅肉、ねぎなどを合わせると一層美味しさが増し増しになるようです。

ご飯ものは他にも!おにぎりの具やチャーハンに

「ご飯に鰹節と青のりとチーズと麺つゆを入れて混ぜておにぎりにする」(32歳/主婦)

「鰹節と砂糖醤油、チーズを混ぜてお握りの具にする」(33歳/主婦)

「マヨネーズがきれてるときに、かつお節とツナを混ぜておにぎりの中にいれる」(40歳/主婦)

「お茶漬けの際カツオ節を入れるだけで、格段美味しい」(49歳/その他)

「納豆おかかチャーハン。出汁をとったかつお節を入れてもオッケーです。ごま油で炒めて、しょうゆで味付けするだけです。あっさりして美味しいです」(47歳/主婦)

味付けしたかつお節を具にしたおにぎりや、お茶漬け、チャーハンなど、かつお節ご飯以外にもお米との組み合わせレシピが続々。おにぎりの具には、チーズやマヨネーズと混ぜたしっかり味にする方が多くいました。さっぱり味に仕上がるチャーハンは、これからの時季にもぴったりですね。

出汁をとったあとのかつお節は「ふりかけ」リメイクが人気!

「出汁をとった後のかつお節と昆布(細かく切る)でふりかけ。甘辛くてごはんが進む」(34歳/主婦)

「出汁を取った後のかつお節に、ちりめんじゃこと胡麻を混ぜ、醤油を少したらしたふりかけ」(47歳/総務・人事・事務)

「鰹節と、セロリの葉を細かく刻んだものをフライパンで炒めてふりかけを作ると、セロリが苦手でも美味しく食べられる」(48歳/主婦)

「ごまと小松菜を炒めて鰹節と混ぜ合わせると、美味しいふりかけができる」(52歳/主婦)

出汁をとったあとのかつお節を捨てるのが勿体ない……という方は、ぜひふりかけリメイクを。コメントにあるように、ちりめんじゃこやセロリの葉、小松菜などお好みの食材を混ぜればオリジナルふりかけの完成! 食卓はもとより、毎日のお弁当にも活躍しそうです。

かつお節が旨みを吸ってくれる炒め物

「ピーマンの千切りおかか醤油炒めが冷めてもおいしい」(50歳/主婦)

「こんにゃくと甘辛炒め」(46歳/主婦)

「ホウレン草の鰹節ソテー」(47歳/主婦)

「油揚げと鰹節とホウレン草の炒め物。麺つゆで味付け」(56歳/主婦)

「大根の葉っぱを胡麻油で炒めて鰹節のだしがらを入れて醤油とみりんで味付けすると箸休めになる」(59歳/その他)

「長ネギとかつおぶしを一緒に炒めて焦げ目がついたら醤油をたらしてお皿にすぐあげます」(39歳/営業・販売)

炒め物では、葉物や野菜との組み合わせが多く見られました。野菜などから出た旨みたっぷりの水分をかつお節が吸ってくれるので、お弁当のおかずにもオススメ。より汁気を吸ってくれるだしがらを使うというのも手ですね。

加えるだけでさっぱり味の和え物に

「鰹節とマヨネーズと醤油をブロッコリーに和えたおかかマヨブロッコリーをよく作る。ブロッコリーによく絡んでおいしい」(26歳/主婦)

「きゅうりと輪切り唐辛子の塩昆布和え。だけでも美味しいけど、かつお節を加えてみたらもっとおいしくなった」(38歳/主婦)

「かつおぶしに、細かく切ったオクラをまぜて、めんつゆをかけたものを小鉢にいれて一品に(^^)」(32歳/学生・フリーター)

「鰹節と梅干しの果肉を合わせて、醤油、みりんと和えたものは、キュウリやキャベツ、長芋などと和えるとさっぱりとしていておいしい」(56歳/主婦)

「鰹節とじゃこ、あれば大根おろしをポン酢で一緒にあえ薬味にする。(湯豆腐やお鍋のお供にすると美味しいです)」(28歳/主婦)

いつもの和え物にかつお節を加えるだけで美味しさがワンランクアップ! 手軽に作れるさっぱり味の和え物は、暑い日のもう一品として重宝しそうです。和えた物をお鍋などの薬味として利用するアイディアも真似てみたいですね。

お好み焼きや焼きうどん以外にもトッピング続々

「アボガドにごま油、のりの佃煮、鰹節をかけておつまみとして食べる。おつまみとして居酒屋で食べたものを再現。鰹節の香りが和食感を強めてくれて、お酒にあう」(36歳/総務・人事・事務)

「オクラと山芋を切ってその上からポン酢をかけて、かつお節をかけるとさっぱりとした感覚で野菜が食べられるのと、あと一品欲しい!ってときに便利なレシピです」(24歳/主婦)

「豆腐の上にキムチ、かつおぶしをかけてその上から醤油、ごま油をかけて食べる」(41歳/主婦)

「大根のサラダにかつお節をいれたらコクが出てさらに美味しくなる」(24歳/主婦)

「揚げ出しやうどんなど、和風の出汁がきいたものに最後に乗せると美味しい。特に冷たいうどんの時はよくトッピングする」(54歳/主婦)

「にらの卵とじに仕上げにたっぷりふりかけます」(43歳/主婦)

お好み焼きや焼きうどんにかつお節は欠かせない!という声以外にも、トッピングするといい料理はまだまだあるようです。かつおの旨みがギュッと詰まっているので、仕上げのひと振りにぴったり。特に、シンプルな味付けの料理にまぶすと美味しさが増す!という感想が多く聞かれました。

これぞ主婦の知恵!かつお節のこんな使い方も…

「野菜スティックのソースにつかう。味噌にごま、鰹節をまぜて食べる」(40歳/主婦)

「ゴーヤを鰹節でゆでると苦くない」(49歳/総務・人事・事務)

「茹でたジャガイモ、キャベツに、鰹節、和風だしの素、麺つゆ、マヨネーズであえた和風ポテトサラダ。普通のも美味しいけど、ちょっと飽きたかなって時に良い」(45歳/主婦)

「鰹節を豆腐にまぜて、つくね風にする」(36歳/主婦)

「味噌汁椀に鰹節を入れ、ネギの小口切りを入れ、味噌を大匙の半分一人当たり入れて、150ccの熱湯を注ぐと即席みそ汁ができる」(59歳/主婦)

「ツナ缶と鰹節、酢とめんつゆの自家製ツナマヨ。味が濃厚でおいしい」(30歳/その他)

一人分の即席味噌汁や、自家製ツナマヨの他、いつものポテサラに加えるだけで簡単に和風アレンジが叶うようです。ゴーヤの苦味取りには塩揉み&湯通しが知られていますが、かつお節と茹でることでも苦味が取れるとは! 主婦の知恵の数々、早速試してみたくなりますね。

 

いかがでしたか?
かつお節は、洗ったり切ったりといった下準備がいらず、お料理に加えるだけと手軽に扱えるのが嬉しいところ。お出汁に使っただしがらを活用したレシピなど、無駄なく使い切れるアイディアもありました。美味しくヘルシーなかつお節、今日の一品に早速ひと振りしてみませんか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事