kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

やったことない人も!?「 窓ガラス掃除」みんなの頻度や方法…主婦263名に聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

日夜、雨風や埃にさらされて、室内でも手垢などの汚れがつきやすい窓ガラス。あなたはどれくらいの頻度で掃除していますか? ふと窓から外を眺めたときに汚れが気になっても、すぐその場では掃除に取り掛かることができず、ついつい後回しにしている人も多いはず。

そんな窓ガラス掃除の頻度や方法について、20代~40代の既婚女性263名を対象にアンケート調査を実施しました!

「窓ガラスの掃除をどれくらいの頻度で行っていますか?」

まず、窓ガラスの掃除の頻度について、19種類の選択肢のなかから、自分に最も近いと思うものを1つだけ選んでもらいました。ランキングは以下のような結果に!

第1位:1年に1回・・・76票(26.9%)

第2位:6カ月~11カ月に1回・・・31票(11.8%)

第3位:窓ガラスを掃除したことがない・・・29票(11.0%)

第4位:5~6カ月に1回・・・23票(8.7%)

第5位(同率):月1回・・・15票(5.7%)

第5位(同率):1~2年に1回・・・15票(5.7%)

第7位:2~3カ月に1回・・・11票(4.2%)

第8位(同率):3~4カ月に1回・・・10票(3.8%)

第8位(同率):4~5カ月に1回・・・10票(3.8%)

第10位:1~2カ月に1回・・・9票(3.4%)

第11位:週1~2回・・・8票(3.0%)

第12位:月2回・・・7票(2.7%)

第13位(同率):月3回・・・4票(1.5%)

第13位(同率):2~3年に1回・・・4票(1.5%)

第15位:(同率):毎日・・・3票(1.1%)

第15位:(同率):3~4年に1回・・・3票(1.1%)

第15位:(同率):4年に1回未満・・・3票(1.1%)

1位「1年に1回」、2位「6カ月~11カ月に1回」となり、さらに集計すると窓掃除を半年に1回以上している人は37.9%に上りました。窓ガラスは1年に1~2回程度、掃除する人が多数派のようです。そして、なんと「窓ガラスを掃除したことがない」が第3位!

他方、「月1回」や「週1~2回」などこまめに掃除する人は少なく、「毎日」という人はたった3名のみ……という実態が判明しました。

では、具体的な掃除の方法など、集まったコメントを頻度別に見ていきましょう。

年末の大掃除が多数「1年に1回」派の意見

「毎月したいが、なかなかそうもいかず、年末の大掃除のときには絶対にするようにしている。窓ガラスクリーナーを使う」(31歳/主婦)

「2歳と0歳の子どもがいて、洗剤に触ったり、水の入ったバケツやらをひっくり返されてからは、そういう気合いのいる掃除は年末の大掃除くらいになってしまった。窓用のマジックリンで拭くくらい」(32歳/主婦)

「車と同じでせっかく掃除しても雨が降ったりすると意味がないので、年末に雑巾で拭いた後、から拭きします」(33歳/公務員)

「面倒なので、年に一度。ヨゴレが目立つ春先にしています。ウェットシートで拭きます」(47歳/コンピュータ関連以外の技術職)

年1回派からは、年末の大掃除のときに実施するという声が続出。日頃はなかなか手をつけることができなくても、年末には気合いを入れて、明るい新年を迎えたいという人が多いようです。

掃除方法としては、窓ガラス用のクリーナーのほか、スクイジーや新聞紙などを活用するという意見が目立ちました。

年末とお盆に!「半年に1回」派の意見

「娘の手形やヨダレが付いているのが気になるがすぐまた汚れるので、半年に一回、結露予防の洗剤を塗るのと同時に行う」(36歳/主婦)

「年末とお盆の2回。内側はクリーナーをかけてタオルで拭く。外側はホースで水をかけて、スポンジでこすったあとスクイージーで水切り」(32歳/主婦)

「春と秋の過ごしやすい晴れた日にやる。クリーナーとスクレーパー、乾いた布で拭く」(32歳/主婦)

およそ半年に1回、年2回程度、掃除するという人たちの間では、年末とお盆のタイミングで行う人が多いようです。

また、気候が穏やかで戸外で掃除しやすい時期を狙うという意見もありました。過去記事「“秋の大掃除”が新常識!? そのメリットとテクニックをそうじコンサルタントが伝授」でも、本格的に寒くなる前の秋に窓まわりの掃除をすることをおすすめしています。

ちょうど今頃の時期は窓を掃除する絶好の機会かも!?

子どもやペットが汚すから頻繁に!「月1回」「週1~2回」派の意見

「月1回。娘がよく汚すからガラスクリーナーでふく」(34歳/その他)

「月1回。窓拭きシートで拭く」(41歳/主婦)

「週1~2回。犬が足をかけたりするのですぐ汚くなる。クリーナーを使用」(39歳/主婦)

「週1~2回。汚れに気付いたら掃除。雑巾で水拭き乾拭き」(33歳/主婦)

毎月または毎週、窓ガラス全体をピカピカに磨き上げるのは大変ですが、汚れの気になる部分だけ拭き取るくらいならできそうですよね。

汚れがひどくなる前に!「毎日」派の意見

「早めに取り組みたい」(30歳/主婦)

「毎日したほうが結果的には楽」(36歳/主婦)

「きれいになるから毎日掃除」(31歳/その他)

今回のアンケートで「毎日」と回答した3名のかたは、いずれも具体的な掃除の方法についてのコメントはありませんでした。もしかすると、目立つ汚れや室内側だけさっと拭くなど、ごく簡単な方法で行っているのかもしれませんね。

その他、こんなコメントも…

「窓ガラスを掃除したことがない。プロにお任せ」(45歳/主婦)

「窓ガラスを掃除したことがない。最初に来たときに既に汚すぎて」(27歳/営業・販売)

「窓ガラスを掃除したことがない。ベランダに出られないため」(29歳/その他)

「3~4年に1回。ただ、水ぶきするだけ」(28歳/主婦)

「2~3年に1回。子どもが小さいため窓を長時間開けておけない」(33歳/主婦)

「3~4カ月に1回。季節の変わり目に中性洗剤でこすってから水を落とす」(32歳/主婦)

「2~3カ月に1回。季節の変わり目に不要な布で拭く」(36歳/主婦)

「月2回。前が大通りで排気ガスで汚くなるので毎月1日と15日に拭き掃除するようにしています」(40歳/主婦)

「週3~4回。いつでも友だちが来ても恥ずかしくない様に」(48歳/主婦)

窓ガラスの汚れやすさ、掃除のしやすさは、各家庭で状況が異なります。いつもピカピカの状態をキープしたいところですが、なかなかそうもいかないですよね……。

 

ついつい放置しがちな窓ガラスの汚れですが、窓掃除用のアイテムなどを使えば意外と簡単にきれいにできます。特別な道具を揃えるのが面倒……という人は、過去記事「驚くほど簡単ピカピカ!DIY掃除グッズを使った“窓掃除” 家事研究家・高橋ゆきの魔法のテク」で、家にあるもので窓をピカピカにする掃除術を家事研究家・株式会社ベアーズ 高橋ゆきさんに教えていただいているので、参考にしてみてくださいね。

また、自分で掃除するのが面倒だったり難しかったりする場合は、思い切ってプロにお任せするのもありです。

「年末まであと2カ月だから……」と先延ばしにせず、今回のアンケート結果をご参考にぜひ窓掃除してみては?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載