kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

3位台所、2位窓まわり!主婦が「梅雨時期に掃除してよかった」スポット1位は…

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

梅雨どきの掃除の悩みは、なんといっても湿気! 湿気がこもるとどうしても家中のあちこちがカビやすくなりますし、衣類や寝具も湿っぽくなりますよね。

今回は、329人の既婚女性に「梅雨時期に掃除してよかった」と感じた場所と、その理由を聞きました。日頃から家事に奮闘する女性たちが選んだスポットをたっぷりご紹介します。

梅雨どきは「湿気がこもりやすいスポット」を重点的に掃除!

5位:クローゼット・下駄箱・・・2.1%(7人)

「押入れの掃除。カビが生えないように汚れを落とした」(31歳・主婦)

「押入れ。湿気がたまりやすいから」(48歳・主婦)

「洋服ダンス。洋服を整理して、すきまを作るとカビが生えにくい」(64歳・主婦)

「シューズイン・クローゼット。除湿剤を置いた」(40歳・主婦)

湿気のこもりやすいクローゼットや下駄箱は、定期的な換気や除湿でカビを予防したいですね。

4位:エアコン・・・3.6%(12人)

「エアコン。最近、除湿機能を使う日が出てきましたが、快適です」(47歳・その他)

「エアコン。クリーンな風で快適に利用できるから」(42歳・主婦)

快適な5月が終わり、梅雨時期になると、夏に向けて使う頻度が増えるエアコン。久しぶりに電源をつけると、吹き出し口からニオイがすることも。ちゃんとお手入れしておくと、気持ちよく使えそうですね。

3位:台所・・・5.7%(19人)

「換気扇。やや湿っていて汚れが落ちやすい」(38歳・その他)

「キッチンのゴミ箱の後ろ。思ったより湿気がたまっていて汚れている」(41歳・主婦)

「排水溝をこまめに掃除するといい」(47歳・総務/人事/事務)

「キッチンの排水溝とゴミ箱周辺。ゴキブリを見かけなくなった」(31歳・主婦)

キッチンの中でも、換気扇や排水溝という声が特に多く集まりました。一度カビてしまうと掃除が大変になりますが、こまめな“お手入れ貯金”で、キレイを保つことができそうですね。

2位:窓まわり・・・12.4%(41人)

「窓掃除。曇りの日は汚れが見えやすいので」(49歳・主婦)

「ガラス。きれいになる」(63・総務/人事/事務)

「窓枠。意外とカビが生えやすいので掃除して防かび剤をふったら綺麗なままだった」(39歳・主婦)

「花粉の季節が終わって、梅雨に入る前に、カーテンを洗います(あと10月~11月にも)。埃を落としてさっぱりさせ、梅雨に備えます」(64歳・主婦)

窓ガラスは湿気がある方が汚れが落ちやすいと言われているので、どんよりと曇った日にあえて窓掃除をしてみるのもいいかもしれません。また、窓枠やカーテンは、結露や湿気でどうしてもカビやすくなります。カビ対策のために早めに手を打っている方が多く見受けられました。

1位:浴室・・・24.6%(81人)

主婦329人が選ぶ「梅雨時期に掃除をしておいてよかった場所」ダントツの1位は、浴室でした。毎日の掃除よりも念入りな“スペシャルケア”をしている方が多く見られました。

「お風呂場。ひどくなる前にやっておきたいから」(49歳・主婦)

「お風呂のフタ。念入りに掃除して、カビを防いだ」(44歳・主婦)

「お風呂の窓の網戸。カビが生えていたから」(44歳・主婦)

「梅雨に限らず、年中カビ対策をしている。湿気が気になる浴室は水分がなくなるまで乾燥させる。定期的に、カビ除去スプレーをして、予防する」(43歳・主婦)

「お風呂は天井も洗います」(72歳・総務/人事/事務)

壁、床、排水溝、バスタブ内やフタなど、カビやすいスポットだらけのお風呂。カビの根が浅いうちに洗い落とすことで、増殖を最小限に抑えることができそうです。

他にも、以下のような回答がありました。

「草むしり。土がやわらかく抜きやすい」(76歳・主婦)

「布団の掃除機かけ。ダニとりのため」(55歳・主婦)

「冷蔵庫。カビの生えやすい時期に整理もできてよい」(61歳・主婦)

毎年の傾向を踏まえて対策を打つ、ベテラン主婦ならではの知恵と言えるのではないでしょうか。

 

以上、梅雨時期に念入りに掃除しておきたい場所についてご紹介しました。

じめじめした気候は苦手という方も多いと思いますが、湿気を活用して掃除をしている方もたくさんいらっしゃいました。カビやすい箇所は、早めに対策を打って、できるだけ快適に過ごしたいものですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載