子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「トイレマットは必要or不要?」あり派・なし派の言い分と使用状況を調査!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

突然ですが、みなさんのおうちのトイレにマットは敷いてありますか? 床を汚れや傷から守る等の役割があるトイレマットですが、最近では「ひょっとしてこれっていらなくない!?」と使わない家庭が増えているようです。

今回は、20代~50代の女性500人を対象に、トイレマット事情についてアンケート調査を実施しました。トイレマットって必要or不要? そして、使う派と使わない派、それぞれの言い分は……? 調査結果をご紹介します。

「トイレマットを使用していますか?」

まず、家庭でのトイレマットの使用状況を尋ねたところ、結果は以下のように。

「トイレマットを使用している」…251票(50.2%)

「トイレマットを使用してない」…249票(49.8%)

なんとなんと使う派と使わない派がほぼ拮抗。ちなみに、筆者宅にもトイレマットはありません。意外にもお仲間(?)が多いことに、ちょっと驚いたり、安心したり……。

では、続いてそれぞれの立場からの声をチェックしてきましょう。

トイレマットを使う理由

トイレマットを使用している人たちに理由を尋ねたところ、主に以下の4つの声が聞かれました。

(1)トイレマットを使うほうが衛生的だから

「小さな子どもがいるから敷いていないと下のクッションフロアに尿がしみこみ臭いがとれなくなるから」(42歳/主婦)

「主人が立ってするので飛び散るから」(38歳/出版・マスコミ関係)

「おしっこの跳ねなど、毎回は拭いていられないので」(33歳/総務・人事・事務)

「細かい飛び散りがあるかもしれないので、念のために、トイレマットを敷いています」(50歳/主婦)

「床掃除の代わりに、マメに洗濯している」(34歳/その他)

トイレマットを使う理由として最も多かった回答は、衛生面を気にする声。マットをこまめに洗濯することで、汚れがちな床をきれいに保つことができます。

ちなみに、『kufura』が過去に、トイレマットや便座カバーの洗濯頻度についてアンケート調査を実施したところ、最も多かったのは「1週間に1度」(28.7%)。そして、およそ半数の人が「毎日」から「1週間に1度」の間に洗濯しているとのことでした。

(2)使わないと落ち着かないから、なんとなく

「幼少期からトイレマットを使用した家に住んでいたので無いと落ち着かないから」(29歳/主婦)

「理由うんぬんではなく、あるのが当たり前の習慣になっているため」(37歳/その他)

「理由はないけど、置いてあるものだと思っているから」(29歳/主婦)

「トイレを開けたときに敷いていないと変な感じなので何となく敷いている」(51歳/主婦)

衛生上の理由の次に多かったのは、「特に理由はないけど何となく」という声。たしかに、筆者もトイレマットを使わなくなった当初は、しばらく目が慣れませんでした。ないと落ち着かないというみなさんの意見に共感する人は多いのでは?

(3)見栄えがいいから

「トイレマットがなければ閑散としてしまう」(33歳/会社経営・役員)

「トイレはマットがあった方が華やかだったりキレイに見えるから」(42歳/主婦)

「見映えもいいし、トイレットペーパーホルダー・便器の蓋カバー・スリッパと合わせてインテリアの統一感が出る」(21歳/学生・フリーター)

「見た目のみです! 来客時、可愛い柄で迎えたいので。自身は女性なので跳ね飛びはないのですが」(50歳/その他)

「特に理由はないが、かわいい猫柄のものを見つけるとつい便座カバーや、フタのカバーなどとセットで買ってしまうので、使用している」(51歳/主婦)

トイレはどちらかというと楽しい気分の空間ではありませんが、少しでも快適に過ごすうえで、ビジュアルは重要かもしれませんね。トイレまでインテリアや小物にこだわっている素敵なおうちにちょっと憧れを感じてしまいます。

(4)トイレマットがないと足元が冷えるから

「夏場は使用しませんが、冬や春先は置いています。その理由は、敷いてあるだけで足元からの寒さを防ぐことができるからです」(45歳/その他)

「古い家なので、底冷えがひどくマットがないと足が冷たくなるから」(33歳/主婦)

「夫がトイレの足元が冷えるのを嫌がり欲しがるから」(47歳/主婦)

防寒対策として、トイレマットを使用しているという声もありました。どれくらい床が冷えるかは、お住まいの地域や家の構造にもよりますが、足元がひんやりしているとトイレでリラックスしにくいですよね。

また、上記(1)~(4)以外の回答としては、「スリッパを置いていないから」「床が滑るから」「風水的によいから」などの声がありました。

トイレマットを使わない理由

他方、トイレマットを使わない理由としては、ほぼ以下の2つに集約されました。

(1)トイレマットがあると床を掃除しにくいから

「埃がたまる。掃除が面倒」(55歳/主婦)

「トイレマットをなくし、こまめに床掃除をした方が綺麗に保ててラク」(34歳/その他)

「掃除機をかけるときに邪魔になるので」(26歳/その他)

「毎日、除菌ウエットシートで拭いているから」(58歳/主婦)

「ないほうが床の掃除がすぐにできるので楽です。用を足した後、トイレに置いているミニサイズのモップでささっと拭けばいいので」(52歳/主婦)

マット自体に埃がたまったり、掃除機をかける際にマットが邪魔になったり……。トイレをきれいに保つためのアイテムなのに、マットが掃除の妨げになっては、元も子もありませんよね。

トイレマットを敷くかわりに、汚れたらその都度、シートなどでさっと掃除することを心がけている人が少なくないようです。

(2)マットの洗濯が面倒だしかえって不衛生だから

「汚してしまうことが多いので、洗濯するのが面倒になった」(48歳/主婦)

「洗濯の時、他の物と一緒に洗うのもためらうので、洗濯の手間が増える」(55歳/主婦)

「洗うのが大変なので。もし使用するなら、2日くらいで洗わないと汚く感じる」(52歳/主婦)

「前は使っていましたが、引っ越して家が狭くなって洗濯も干しておく場所がなくて大変なので使うのをやめました」(25歳/その他)

「マットを敷く方が、逆に匂いや雑菌の原因になると聞いたから」(47歳/その他)

さまざまな汚れを受け止めてくれるトイレマットは、他の衣類やタオルとは別々に洗濯したいもの。そのひと手間がなかなか厄介ですよね。

しかし、洗濯をサボって放置すると、衛生アイテムのはずが、たちまち雑菌の温床に……。これではトイレマットの意味がないどころか逆効果にもなりかねません。

上記(1)(2)以外では、「ユニットバスだったりトイレが狭かったりで置くスペースがないから」「マットの必要性が感じられないから」などの声がありました。

 

トイレマットが必要かどうかは家族構成やライフスタイルによるところもあり、どちらが正解ということはありません。筆者自身は、ここ10年近くマットなし生活を送ってきたのですが、今回の記事を書くにあたって、いろいろ調べたところ、洗濯不要の拭くタイプのマットがあることを知り、「これっていいかも」とちょっと思ってみたり……。

トイレ空間を清潔に快適に保つべく、みなさんの意見をぜひご参考にしてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集