子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

トイレの便座カバーやマットの洗濯頻度は?「使わない派」の理由も聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

みなさん、トイレマットや便座カバーはお使いですか? インテリアとしてトイレを華やかにしてくれる一方、常に清潔にしておきたいものですよね。使っている派、使っていない派、一体どのくらいの割合なのでしょうか?

そこで『kufura』では、20~50代の女性500人にアンケートを実施し、トイレマットと便座カバーの使用率を調査しました。併せて、使っている人には洗濯頻度、使っていない人にはその理由もうかがいました。

トイレマットや便座カバーの使用率は?

まず、ご家庭のトイレでトイレマットや便座カバーを使っているのか聞いてみました。

どちらも使っている・・・151人(30.2%)

トイレマットのみ使っている・・・125人(25.0%)

便座カバーのみ使っている・・・55人(11.0%)

どちらも使っていない・・・169人(33.8%)

結果、便座カバーもトイレマットも「使っていない」という人が「どちらも使っている」人をやや上回っていました。ただし、どちらか一方のみ使っていると回答した人も合わせて見てみると、約40%の方が便座カバーを、およそ半数の方がトイレマットを使っていることが分かりました。

次に、両方、あるいはどちらかを使っていると回答した331人に、洗濯頻度をうかがいました。

洗濯頻度はどのくらい?

毎日・・・23人(6.9%)

2~3日に1回・・・26人(7.9%)

4~5日に1回・・・28人(8.5%)

1週間に1回・・・95人(28.7%)

10日に1回・・・22人(6.6%)

2週間に1回・・・29人(8.8%)

3週間に1回・・・9人(2.7%)

1か月に1回・・・27人(8.2%)

不定期(汚れが目立ってきたらなど)・・・72人(21.8%)

最も多かったのは「1週間に1度」。およそ半数の人が「毎日」から「1週間に1度」の間と回答しました。汚れによって菌が繁殖しやすく、ご家族がいる場合は数名で共有する場所でもあるので、こまめに洗濯される方が多いようですね。

続いて、どちらも、あるいはどちらかを「使わない」と回答した方にうかがった理由をご紹介します。

便座カバーやトイレマットを使わない理由

・汚れやすく不衛生だから

「汚れて逆に不衛生だから」(25歳/営業・販売)

「汚れが蓄積するだけで清潔感がない。存在意義が分からない」(40歳/主婦)

「子どもがよくおしっこを飛ばすので、汚れるのが嫌で使っていません」(33歳/主婦)

「トイレマットや便座カバーは、飛び散りなどの汚れが付くと思うので使いたくありません」(43歳/主婦)

・洗濯が大変だから

「洗濯物が増えるから」(43歳/主婦)

「頻繁に洗濯をしなければならないから」(25歳/主婦)

「洗濯が面倒なので。他のものとはいっしょに洗いたくないので洗うタイミングを逃す」(39歳/主婦)

「洗濯などが面倒くさかったので思い切って使うのをやめたら、割と必要なかったことがわかってスッキリしている」(47歳/主婦)

・掃除がしにくいから

「衛生的ではない気がするから。何も使わなければ、小まめにサッとお掃除シートで拭けるから」(58歳/主婦)

「マット類は埃が溜まるし、掃除の邪魔で、どかす手間があると掃除のやる気が失せるのです」(49歳/その他)

「匂いの原因にもなるし、ない方が掃除しやすい」(26歳/主婦)

「毎回便座をパストリーゼで拭いたり、床の乾拭きをした方が、清潔に保てると思っているためです」(35歳/その他)

特に多く聞かれた理由は上記の3つに集中しました。ご家族に立って用を足す男性がいる場合は、壁や床に尿ハネしてしまうこともしばしばですし、お子さんが使った後に思わぬところが汚れていた!なんてことも……。汚れがつくのがとにかく不衛生で嫌、そしてそのあと自分が使うのはもっと嫌!という方が多くいました。

かといって、頻繁に洗濯しなければいけないのも大変ですよね。とくにマット類はかさばるうえに乾きにくく、他の物と一緒に洗うのを避けたいという方からは、「洗濯のタイミングを逃してしまう」との声も聞かれました。

それならばいっそのこと、なくした方が使うたびにサッと拭き掃除できて清潔さが保てる、という考えから「使わない」方が多いようです。

・その他の理由

「トイレマットはスリッパをはいているのでいらない」(39歳/総務・人事・事務)

「暖房便座なので便座カバーは必要ないから」(41歳/総務・人事・事務)

「使う習慣がない、理由がない、という感じで買ったことがないです」(39歳/主婦)

洗濯や掃除の手間以外の理由としては、トイレ内でスリッパを使っているから、暖房機能付き便座だからトイレマットや便座カバーは不要という方が見受けられました。また、「もともと使う習慣がない」という声も聞かれました。

便座カバーまたはトイレマットのみ使用する理由

それでは逆に、便座カバーやトイレマットを使っているのにはどのような理由があるのでしょうか?

「便座カバーは便座が寒いから使っている。トイレマットはとくに必要性を感じていないから使っていない」(40歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「便座は拭くのが簡単だから、こまめにふくから、カバーは付けない。マットは、おしっこが垂れてた時に踏んだらいやだから、とりあえず敷いておく。なるべく洗濯をするよう心掛けている」(45歳/主婦)

「トイレマットは掃除が楽なビニール製?のものを使っており、便座カバーは暖房便座なので使っていない」(26歳/公務員)

「トイレマットはトイレが華やかになるので使用しています。便座カバーは洗濯が大変なので使用していません」(33歳/その他)

「暖房便座なのでカバーは使っていませんが、昔からの習慣でマットは使っています」(57歳/主婦)

便座カバーを使っている方のほとんどが、ご家庭のトイレが暖房機能付きではないからと回答しました。これからの時季は、座った時の「冷たい!」を回避するため必要なアイテムですね。

便座カバーよりも使用率の高かったトイレマットは、床の汚れに直に触れたくないから、インテリアとして、昔からの習慣で……とその理由はさまざま。布製のものをよく見かけますが、掃除のしやすさを考慮してビニール素材のものを使うのも手ですね。

「昔からの習慣でなんとなく使っている」という声もちらほら……。理由はとくにないけれど、あるのが当たり前だった、という方も少なくないようです。

 

いかがでしたか?

便座カバーやトイレマットはない方が掃除も洗濯もラク!という方もいれば、うちにはこれが必要……と、トイレの造りや仕様などでスタイルはご家庭それぞれでした。

使っていたけれどなくしてよかった!という方も多かったので、理由はないけれどなんとなく習慣で使っていたという方は、ご家庭のライフスタイルと合わせて必要かを見直してみるといいかもしれませんね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集