子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

寒い日も美味しく!家族が喜んだ「冬のお弁当のおかず」を234人に調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

毎朝のお弁当作りはただでさえ大変ですが、とりわけ冬は寒さのせいで、余計に骨が折れるもの。ご飯は固くなり、冷えたおかずはどこか味気ない。冬のお弁当ならではの悩みもあります。それでも、家族から「今日のおいしかった、また作って!」と言われれば、気合いが入っちゃいますよね。

そこで、『kufura』では、20代~50代の既婚女性234人を対象に、“家族に好評だった冬のお弁当”をテーマにアンケート調査を実施しました。定番人気のおかずから、冬ならではのものまで、みなさんのコメントを早速チェックしていきましょう。

スープジャーが大活躍!

「温かいスープ。スープジャーに入れて持って行くと、お昼でもあたたかい」(50歳/総務・人事・事務)

「スープポットにポトフを入れてもたせる」(50歳/その他)

「クリームシチュー。ホットポットに入れて持って行くと温まる」(39歳/その他)

「もつ鍋。スープジャーに入れて持たせると体が温まっていいと言われる。ただ、スープにニンニクは入れられない」(46歳/主婦)

“お弁当=冷めたおかず”というイメージがありますが、保温効果の高いスープジャーなどがあれば、あったかい汁物が……! 空腹が満たされるとともに心身もほっこり温まり、午後からも頑張れそうですよね。

生姜焼きや唐揚げで体ポカポカ

「豚の生姜焼き。生姜が身体を温めてくれます」(57歳/営業・販売)

「生姜焼きの春巻き。生姜焼きの残りを春巻きで巻いて揚げる。冷めてもおいしいみたいです」(38歳/主婦)

「唐揚げ。ニンニク、生姜を多めに酒、しょうゆをいれて味付して衣をつけて揚げるだけ」(39歳/主婦)

「鶏むね照り焼き。生姜とニンニクを少しいれて、濃いめの味がおいしいです」(37歳/主婦)

季節を問わず、1年を通して人気の唐揚げや豚の生姜焼きですが、冬は生姜のポカポカ効果でいっそう喜ばれそうです。甘辛くしっかりした味付けで、冷めてもおいしい、ご飯が進むといったメリットも……。

作る側も食べる側も嬉しい丼系

「牛丼。味は弁当だからと特に変えずにいつも通りに作っているがお弁当に入っていると喜ばれる」(36歳/その他)

「豚丼。豚のばら肉に片栗粉をふって、お砂糖と醤油で味付け。北海道帯広の名物でどんぶりにして、手軽でおいしく食べれる」(49歳/主婦)

「鳥弁。胸肉を甘辛く煮てご飯に乗せる」(46歳/主婦)

「焼肉弁当。ご飯の上に肉を敷き詰めていて冷えても美味しいらしい」(50歳/主婦)

「オムライス。簡単だけど特別感があって喜ばれます」(26歳/総務・人事・事務)

「チャーハン。冬だけではないのですが、冷や飯がたまると、チャーハンを作りますが、それがすごく喜ばれ、リクエストもよくされます」(34歳/デザイン関係)

寒~い朝、なるべく手早くお弁当作りを済ませたいときにもってこいの丼系。食べる側にとっても、限られたランチタイムに肉とご飯をいっぺんに食べられるのは、とてもありがたいですよね。

旬の野菜をおかずに活用

「鳥手羽肉と大根の煮物。前日の夕飯のおかずを多めに作って弁当用にとっておく。一晩たつと味がさらにしみて冷めてもおいしい」(55歳/主婦)

「イカと里芋の煮物。甘辛く煮るとおいしい」(53歳/主婦)

「里芋の唐揚げ。里芋をにんにくじょうゆのタレにつけてカリカリに揚げる」(34歳/主婦)

「南瓜の炒めもの。南瓜を一回油で素揚げしてから、ひき肉と炒める為、香ばしくおいしくなると思う」(44歳/主婦)

「れんこんの塩きんぴら。醤油味よりレンコンの風味がして美味しいみたいです」(38歳/主婦)

「レンコンのみにハンバーグ。刻んだレンコンをいれた一口サイズのハンバーグ。食感が良くて冷めてもおいしいです」(43歳/その他)

「さつまいもの甘辛煮。おかずにはならないけど、デザート感覚で食べれて、お弁当の〆に最高」(51歳/主婦)

今は多くの野菜が1年中出回っていますが、旬のものは栄養価が高く味もよいといわれています。大根、里芋など積極的にお弁当のおかずに取り入れたいところですよね。

味の染みた煮物は、ご飯との相性も◎。夏場より食中毒のリスクは高くありませんが、傷むのを防ぐために、しっかり煮詰めて汁気を飛ばしましょう。

冬限定ではないけれど…鶏肉や卵を使った人気のおかず

「鳥胸肉の照り焼き。片栗粉でパサつかず、汁がこぼれにくい」(33歳/主婦)

「鶏ささみを薄切りにして、塩コショウで味付けて焼くと焼き鳥みたいだと喜ぶ」(54歳/主婦)

「鶏むね肉のチキン南蛮。安いのに冷めてもタルタルソースがあるので美味しくできる」(40歳/その他)

「卵焼きにひじきを混ぜたもの。冷めても美味しく味もしっかりしていて、よいご飯のお供になる」(54歳/主婦)

「卵焼き。牛乳やチーズを入れて醤油で味付けするのがおいしいらしい」(47歳/その他)

「卵焼きにのり塩を入れたもの。海苔の風味が美味しい」(36歳/総務・人事・事務)

「だし巻きたまごに少しのごま油を入れるとおいしい」(35歳/その他)

「コーン入りオムレツ。缶詰のコーンを少し混ぜてオムレツを作ります。焼き上がったらラップに包んで形を整えて予熱で固まるようにすると、一口大に切りやすく、お弁当に入れても食べやすいです。ケチャップを添えて」(47歳/主婦)

今回のアンケートでは、鶏肉や卵を使ったおかずのアイデアが多く寄せられました。鶏肉も卵もリーズナブルなので、できるだけレパートリーを増やしておけば、家計的にも大助かり!

また、定番の卵焼きは、チョイ足しで味がよくなり、マンネリ防止にもなります。

 

以上、“家族に好評だった冬のお弁当”をご紹介しましたがいかがでしたか? 献立に迷ったら、ぜひみなさんの意見を参考にしてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。