kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

安物買いの…!?「100均収納グッズ」買ったけれど残念だったもの

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

化粧品やキッチン、クローゼットの整理に何かと便利なのが、100円ショップの小物類。きれいに片付いて「やっぱり買って正解!」となる場合がある一方で、「これはイマイチだった……」というアイテムもあるようです。そこで『kufura』では、みんなの「100均収納グッズの失敗あるある」をリサーチしてみました。

100均収納グッズの買い物「失敗したことがある」は28.1%

『kufura』は女性474名に100円ショップの収納グッズに関するアンケートを実施。まず「100円ショップで収納グッズを買って“失敗だった”という経験がありますか?」と聞いてみました。すると、「ない」と答えた方は71.9%で、「ある」は28.1%になりました。3人~4人に1人は、「失敗した」と感じたことがあることになります。

みんなの「失敗グッズ」と3大敗因は?

お店で買い物しているときは「これで部屋がキレイになる!」と思っていたのに、いざ家に帰って使ってたら想像と違っていた……というアイテムには、どんな特徴があるのでしょうか。

「失敗した経験がある」と答えた方に詳しく聞いてみると、失敗の原因は大きく分けて3つあるようです。

(1)サイズが合わなかった

「プラスチックケース。測ったはずなのにサイズが違った」(32歳)

「カゴ。棚に入れようと思って買ったが、サイズがピッタリすぎて入らなかった」(33歳)

「収納ボックス。意外と幅や高さが合わず、応用もできない」(42歳)

「プラスチック製のカゴ。大きさが中途半端で使いにくかった」(43歳)

「大きさをしっかり測らず、なんとなく買ってしまった」(32歳)

失敗経験の理由として最も多かったのが「サイズが合わなかった」というパターン。事前に棚や引き出しなどのサイズを測るのを忘れてしまった方や、測っていたけれど「ジャストサイズすぎて入れられなかった」という場合も。安いので、つい気楽に買ってしまいますが、やはり事前のサイズチェックは必須ですね。

(2)壊れやすい

「衣装ボックス。布製だったから、すぐによれてしまった」(25歳)

「プラスチックのケース。すぐに壊れた」(28歳)

「CDボックス。思ったよりやわらかく強度が弱かった」(21歳)

「収納箱。すぐ壊れてしまう」(40歳)

「布と紙でできた収納ケース。湿気にやられてすぐ壊れてしまった」(33歳)

「プラスチックの仕切り。折れたらもう使えない」(39歳)

ものによって「すぐに壊れてしまった」という声もありました。100円ショップのアイテムに限ったことではありませんが、湿気が多い場所では紙製のものは向かない、プラスチック製のものには重いものは入れない、といったジャッジが使う側にも必要かもしれませんね。

いくら100円で安いとはいえ、「すぐに壊れて何度も買い直すなら、しっかりしたものを買った方がいいと思った」なんて意見もありました。

(3)見た目だけで買ってしまった

「プラスチックのカゴ。安っぽさが抜けず、あまり気に入らなかった」(30歳)

「ピルケース。薬など小分けして使う必要がなかった」(41歳)

見た目の良さでつい買ってしまい、後で「やっぱり違った!」と気付く場合も少なくありません。100円という安さのせいか、それほど深く悩まずに買ってしまうのは、100円ショップの“あるある”ですよね。

春は気分も一新、部屋のアレンジを……と思っている方もいるのでは? 100円ショップに買い物に出かける前に、みんなの失敗経験をチェックして、参考にしてみてはいかがしょうか。

はてなブックマーク facebook Twitter LINE