子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【女性編】30代・40代でも新しい友だちはできる?リアルな出会い体験談…友だち作りのヒントに

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

学生時代や社会人になりたてのころは、いろいろな出会いがあるため、自然と新しい友だちもできるもの。ただし、30代・40代などある程度の年齢になると、新たな出会いが少なくなるため、新しい友だちを作ることも難しくなりがちです。そこで『kufura』では、30代・40代の女性251人にアンケートを行い、新たな友だちとの出会いやきっかけなど、30代・40代女性の友だち事情について調査してみました。

30代・40代になって新しく友だちができた人は約4割

まず最初に、「あなたは30代・40代になってから新しく友だちができましたか?」と聞いてみたところ、以下のような結果となりました。

「できた」・・・99人(39.4%)

「できていない」・・・152人(60.6%)

6割以上の人が「できていない」という回答でしたが、「新しく友だちができた」という人も4割弱ということで、思ったよりも多くの人が、30代・40代になってから新しい友だちを作っているようです。では皆さん、新たに何人くらいの友だちができたのでしょうか?

「1人」・・・7人

「2~5人」・・・53人

「6~10人」・・・22人

「11~15人」・・・8人

「16~20人」・・・6人

「26~30人」・・・2人

「31~35人」・・・1人

アンケートの結果はこの通り。「1人」ではなく、「2〜5人」「6〜10人」など、皆さん意外とたくさんの友だち作りに成功している様子。中には、30人前後の友だちが新たにできたという、コミュニケーションスキルがかなり高めの人もいました。

新しい友だちと知り合った場所やきっかけは?

30代・40代になって新しく友だちができた人は、どこでどのようにして友だちと出会ったのでしょうか? 知り合った場所や仲良くなったきっかけを見てみることにしましょう。

・子ども関係

「幼稚園のママ友です。子どもの幼稚園で会うたびによく話をするようになり、仲良くなりました」(37歳/パート・アルバイト)

「保育園のママ友。自分と同じシングルマザーの雰囲気を感じたとのことで声をかけてもらいました。今でも程よい距離感を保ちながらゆるくつながってくれる、大切な友だちです」(42歳/その他)

「子どもの同級生のママさん。ちょうど住んでいるマンションが同じだったこともあり、すごく仲良くなりました」(37歳/主婦)

「子どもの交友関係がきっかけです。ママ友を超えて、家族ぐるみで仲良くしていて、親も子も楽しく過ごすことができてありがたいです」(36歳/主婦)

「2人目の子どもができて、通い始めた公民館。そこで同じ年齢の子どもを持つママと何度も顔を合わせるうちに、連絡先を交換。そこからお互いに誘ったり、誘われたりして、子どもといっしょに交流するようになりました」(38歳/パート・アルバイト)

「妊娠中に参加した母親学級で知り合い、親しくなりました」(37歳/主婦)

いちばん多かったのは、子ども関係で新しい友だちができたという回答。子どもといっしょに公園や児童館に行ったり、子どもの幼稚園や保育園への入園をきっかけにママ友ができたという人が目立ちました。また、先に子ども同士が幼稚園や学校などで仲良くなって、それをきっかけに親同士も仲良くなったというパターンも意外と多いようです。

・仕事関係

「転職先の職場です。転職したことで新しい同僚ができ、ランチの際に話したりするうちに仲良くなりました。今では、休日にもいっしょにごはんを食べに行く仲です」(35歳/主婦)

「職場です。接客業ですが、コロナの時期はいろいろと情報交換することも多かったため、仲間意識が強まって、そこから仲良くなりました」(47歳/研究・開発・技術者)

「30代のときに始めたパート先で知り合った人たちと仲良くなりました。退職後もお互いに心配したり、されたりする関係で、ありがたいご縁となりました」(48歳/主婦)

「前の職場で出会って、退職後も引き続き仲良くしています。コンサートや演奏会に出かけたり、ボランティア活動にもいっしょに参加しています」(44歳/その他)

「派遣先の職場で、派遣スタッフ同士で仲良くなりました。職場でいろいろ話をするようになって、プライベートでも食事に行くようになったのが友だちになったきっかけです」(43歳/主婦)

仕事関係で新しく友だちができたという人もかなり多い様子。30代・40代で転職したり、新たにパートなどを始める人も多いため、職場でも新しい出会いがけっこうあるようです。職場で仲良くするだけでなく、プライベートでもいっしょに遊びに行ったりすることも多いなど、30代・40代になっても職場には素敵な出会いがたくさんあるんですね。

・趣味関連

「趣味のアプリゲームで仲良くなりました」(48歳/自営業)

「ライブハウスで知り合って、仲良くなりました」(40歳/研究・開発・技術者)

「クラフトビール好きの交流会で知り合い、友だちになりました」(36歳/事務職)

「ツイッターのオフ会と習い事です。基本的に、私は初対面でも距離感なく話せるタイプなので、“今度〇〇に行きましょうよ”とか言われると、社交辞令ではなく実際に予定を立てるので、知り合って気が合えば自然と友だちになります」(46歳/主婦)

「ハンドメイド作家としてイベントに出店しているので、そこでハンドメイド作家仲間が増えました。いっしょに他の起業家さんのイベントなどに行ったりしています」(36歳/主婦)

「お花のアレンジメント教室の友だちは、教室の帰りにいっしょにカフェに寄ったり、新しいお店に行ったりして、よく話をするようになりました。あまり深い関係ではないので、かえってお互いのことを素直に話せてすごく心地いいです」(49歳/自営業)

「入会したスポーツジムで知り合いました。ジム内で親しく話をするだけでなく、今ではプライベートでもいっしょに遊びに行く仲になりました」(47歳/事務職)

趣味を通じて新しい友だちができたという人も目立ちました。趣味が同じだと、共通の話題で盛り上がることができるので、意外とスムーズに親しくなれそうですよね。仕事や家庭とはまったく関係のない趣味関連での友だちは、いつもの日常からはちょっと離れたところでの友人関係になるので、いい気分転換にもなりそうですね。

・友だちからの紹介

「取引先や仕事仲間が、お互いの友人を同伴して食事会をする機会がたびたびあり、そこで意気投合した知人の友だちと仲良くなりました」(45歳/営業・販売)

「元々の自分の友だちの友だちと仲良くなりました」(42歳/その他)

「友だちからの紹介で友だちになりました。信頼できる人からの紹介だったので、すぐに心を許すことができました」(30歳/専門職<医師・看護師・弁護士など>)

友だちからの紹介で、新たな友だちができたという人もいました。自分の友だちの友だちなら、なんとなく親近感があるし、相性も良さそうですよね。また、自分がよく知っている友だちからの紹介なので、信頼性も十分。安心して楽しい友だち付き合いができそうですね。

・ほかにはこんな出会いも!

「犬を飼っているので、犬の散歩中に知り合った人と仲良くなりました。犬友だちのまたその犬友だちというようにそこから輪が広がり、犬の悩みや自分の人生についていろいろと話せる、いい友だちがたくさんできました」(40歳/研究・開発・技術者)

「ブログを通じて知り合いました。同じくらいの年齢の方のブログでお互いにコメントをし合ううちに、リア友になりました」(40歳/広報・広告・デザイン)

「入院していたときの同室の患者さん。職業や年代、共通の話題などを通じて仲良くなり、今では仕事や第二の人生についても相談できるいい友人になりました」(42歳/その他)

「家の補修工事でお世話になった業者の人。初めは工事に関する話をしていましたが、関係のない話でもどんどん盛り上がるようになり、そのまま友だちになりました。久しぶりに信頼できる人に出会い、工事が終わった今でも交流が続いています」(41歳/その他)

「会社に営業に来る保険会社の人と仲良くなり、そのお友だちも紹介してもらって皆で仲良くしています」(33歳/無職)

「最近まで海外駐在だったため、現地では日本人が少ないということもあって、そこで出会った人たちと自然と仲良くなりました」(33歳/主婦)

ほかにも、皆さんいろいろなところで新しい友だちと出会っている様子。犬の散歩で知り合いになった犬友やブログを通じて知り合った友だちなどのほかに、入院中や家の補修工事に来た人など、なかなか友だち関係に発展しそうもないところでも、意外と新しい友だちができているようです。

いかがでしたか? 若いころと違って30代・40代になると、新しい友だちに出会うことも少なくなりますが、皆さんの体験談を見ると、意外といろいろなところに友だちができるチャンスは転がっている様子。新しい友だちができることで、自分の視野が広がったり、人生の楽しみも増えたりするので、いくつになっても積極的に友だち作りをしていきたいですね。

プロフィール

土田奈々子
土田奈々子

フリーライター。2011年よりイギリス在住。渡英前は出版社に勤務し、金融機関向け専門誌やマタニティ&ベビー誌の編集に携わる。現在は、ウェブを中心に女性向けの記事を数多く執筆。得意ジャンルは、妊娠・出産・育児や女性の健康、海外生活事情など。プライベートは、田舎の小さな村で日英バイリンガル育児に奮闘する二児の母。自分自身の働く主婦としての目線、子育て中の母としての目線を大切にしながら記事を書いていきます

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集