子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

じいじ・ばあば368人に調査!孫に直接会えない今…実際に孫からしてもらって嬉しかったことって?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

自粛ムードの漂う今年、遠方に住む両親に孫の顔を見せられていない方が多いのではないでしょうか。また、その予定を立てることができる状況でないのもつらいところです。とはいえ、なんらかの手段で孫と触れ合ってもらいたいですよね。実際に祖父母からしたら、どんなことをしてもらったら嬉しいのでしょうか。

今回『kufura』では、孫のいる368名の男女を対象に、実際に孫からしてもらって嬉しかったことを伺いました。直接会うことのできない今、孫から祖父母にできることは何なのか、参考に見ていきましょう。

孫からの電話

「高齢者夫婦なので小学校6年生の孫から毎日電話をかけてくれる。孫ながらこちらのことを心配して学校などの出来事などを話してくれるのでかわいいと思う」(77歳男性/その他)

「孫から電話がかかってくること。いつも一人でぽつんとしているので電話がかかってくると嬉しい」(76歳女性/主婦)

「孫に電話をもらった。元気に勉強している様子を伝えてきた」(88歳男性/その他)

「『じいちゃん元気してる?』って電話がかかってきた時は嬉しかったね! テレビ電話でないが、話す声が声変わりしてたね。成長したんだ!」(78歳男性/その他)

直接電話で話すのが一番。お互いの近況がわかり、その声から元気な様子が伝わります。孫自身が電話をかけてきてくれる気遣いが嬉しいですね。

また、直接メッセージを送ってくれたという声も。

「小学2年の孫が、自分のキッズケータイでメールをくれた。まだ自分で文章を考えてメールするのは難しいと思うが、頑張って送ってくれたので嬉しかった」(75歳女性/主婦)

「孫とよくLINEするようになった。ペットや家族の動画を送ってくれる」(75歳男性/その他)

小さい子どもにとっては、文章にするのも一苦労。その一方で、それだけの力がついたのだと成長を感じることができます。

孫からの手紙

「手紙で、『元気でいてね』と書いてくれた。やはり肉親の孫からの、本気でそう言ってくれていると感じたので、嬉しかった」(71歳男性/その他)

「手紙をもらった。習字を習って、丁寧に書いたことを書いていて、季節の挨拶、今思っていること、私に対する激励がよく表現されていた。いい手紙を書ける年になったのを、つくづく大きくなったと思った」(72歳男性/コンピュータ関連技術職)

「絵手紙が来る。いつもはテレビ電話機能を利用するが、絵と文字の連絡は新鮮」(70歳男性/その他)

「幼稚園児の孫が、たどたどしい覚えたばかりのひらがなでがんばってねとお手紙をくれたことです!! いっしょうけんめいに書いてくれたことがとても嬉しかったです!!」(66歳女性/総務・人事・事務)

メールやLINEなど、インターネットを経由したやり取りが多いなか、手書きした文字や絵からは温かみが感じられます。字や絵の上達がわかるだけでなく、頑張って書いた様子も伝わってきますね。手元に残るのも嬉しいポイントです。

子どもが写真や動画をシェアしてくれる

「子どもが0歳児の孫の画像や動画を送ってくれる。動画を見ると成長がよくわかってうれしい」(64歳女性/主婦)

「LINEを通じて動画を送ってくれる。バスケットが好きで上達した動画を見て楽しんでいる」(73歳男性/その他)

「孫はまだ0歳ですので、何も出来ませんが、オンラインで、アルバムを共有してくれているので、孫の成長が手に取るようにわかります。娘に感謝してます。孫の成長が、毎日、ビデオや写真で分かるので、とても楽しいです」(55歳男性/研究・開発)

「私の誕生日にハッピーバースデーの歌を歌った動画を送ってくれた。照れくさそうに歌う仕草が何とも可愛らしい」(60歳男性/その他)

孫が小さい場合、親を介してコミュニケーションをとっているようです。そのなかでも、手軽なのが写真や動画の共有。インターネットを通じて送ると時間差もありませんので、成長が手に取るようにわかります。特に小さいうちは成長スピードが速いので、マメにシェアすることで小さな成長を見逃しません。

子どもがテレビ電話をかけてくれる

「テレビ電話をかけてもらった。テレビ電話だと孫の成長した姿がわかるし顔を見ながらお話をしていると会っているような感覚になるから」(50歳女性/主婦)

「テレビ電話をかけてもらい、孫のエレクトーン演奏を聴いたこと。孫も外出自粛があり、自宅でエレクトーンの練習を一生懸命していたことが分かったから」(71歳男性/その他)

「テレビ電話でおしゃべりを楽しんだ。4歳になったばかりの男女の双子だが、代わる代わるたどたどしくおしゃべりしてくれるのが嬉しかった」(75歳男性/その他)

「テレビ電話で会話をマメにする。顔を見れると嬉しいし安心する。顔が見えて声も聴くことができるので、楽しいし、会話できるのも嬉しい。ちょっとした成長を感じられるのも嬉しい」(53歳女性/主婦)

「孫の顔をズームで見て声が聞けて良かった。手紙や電話より、実際の表情や声が生で伝わるのでいいと思った」(59歳女性/主婦)

孫が直接電話をかけてくれると嬉しいですが、まだ小さいうちは親の手助けが必要。LINESkypeZoomといったツールを使い、テレビ電話で顔を合わせて話すことができます。おしゃべりだけでなく、遊んでいる姿や楽器の演奏を見せることもできるので、一緒にその場にいるような感覚で楽しむことができるでしょう。

残って嬉しい「モノ」のプレゼント!その他の回答

「LINEで近況を報告してもらったり、自宅待機でマスクや袋を作って送ってきたこと。孫も色々とできるようになってきたことがわかりうれしい限り」(79歳男性/その他)

「孫の顔入りのTシャツをもらった。いつも一緒にいるような気がしてうれしい」(64歳男性/その他)

「携帯電話で話したり、夏休みなので家族の絵をもらったりしています。絵でもらうと今の家族の様子や孫の絵の上達ぶりが見て取れて嬉しいです」(78歳男性/その他)

「孫からお絵かきと手づくりのキーホルダーが贈られてきた」(61歳女性/その他)

手紙同様に、手作りしたものや描いた絵といったものは、気持ちを感じることができます。会えないなかでも、もらったものを手元に置いておくと、それだけで繋がりを感じることができそうです。

 

顔を合わせられないなかでも、相手への気遣いは伝わるもの。そしてその気遣いは、しっかりと心に届いています。今の時代はさまざまな伝達手段がありますから、会えない今こそ、意識的にコミュニケーションをとっていきたいですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事