kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

お土産にも!コナにスタバの限定…そして人気急上昇は?「ハワイのコーヒー事情」をチェック

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

コナコーヒーを筆頭に、各地にコーヒー豆の産地があるハワイは、美味しいコーヒーが飲める土地です。

そこで、ハワイ在住の筆者がハワイのコーヒー事情をまとめてみました。今ホットなハワイのコーヒーや、お土産におすすめのコーヒー、ハワイ旅行中に立ち寄ってほしいおすすめカフェなどをご紹介します。

ハワイのコーヒー事情

ジャマイカのブルーマウンテン、タンザニアのキリマンジャロと並んで、“世界3大コーヒー”と呼ばれるのが、ハワイのコナコーヒーです。またコナコーヒー以外にも、ハワイ各地でコーヒー豆が栽培されていて、生産量は少ないものの希少なコーヒーとしてさまざまな味が流通しています。

現地のカフェやレストランでは、ハワイ産のコーヒーを提供する場所も増えてきており、ハワイ各地のコーヒーを飲み比べて楽しむ方も多いようです。もちろん、ハワイ土産として日本に持って帰るのも人気です。

ハワイのコーヒーの代表格「コナコーヒー」とは?

コナコーヒーの基本

「コナコーヒー」は、ハワイ島南西部のコナ地区で栽培されるコーヒーのこと。この地区にはドトールコーヒー、UCCコーヒーなど、日本でもおなじみのコーヒーブランドをはじめ、数多くのコーヒー農園が集まっていて、“コーヒーベルト”と呼ばれています。

標高300~800mで、昼と夜の寒暖差が大きく、火山による肥沃な土地と適度な降水量があり、コーヒー栽培にとても適した環境にあると言われています。コナコーヒーは、苦味が少なく、やわらかな酸味を感じる、爽やかな味わいが特徴です。

コナコーヒーのグレードに注意

ハワイでコーヒーを購入する際は、パッケージのラベルを確認することをおすすめします。コナコーヒーの場合、純度100%のものだけを「コナコーヒー」と呼び、「コナブレンド」はコナコーヒーが10%以上入っているものを指すと、ハワイコーヒー協会では定めています。

またコーヒー豆は、豆のサイズや品質について5等級に分類。上から順に「エクストラファンシー」「ファンシー」「No.1」「セレクト」「プライム」となっています。

コナコーヒーを飲める・購入できる場所

ハワイのコーヒーの中でも最もポピュラーなため、お土産品を扱っているお店なら、ほとんどの店でコナコーヒーが販売されています。

またハワイの街中にある多くのコーヒーショップで、コナコーヒーを飲むことができます。ハワイ島の農園では、農園ツアーなどを行っているところもありますよ。

今注目度ナンバーワン!? 「カウコーヒー」とは?

カウコーヒーの基本

数年ほど前から人気がふつふつと上昇してきているのが、「カウコーヒー」。

ハワイ島にある標高4,170mの山、マウナロアの西側にコナ地区がありますが、カウコーヒーが育てられているのはマウナロアの東側。コーヒーファームが点在する、赤土のカウ地区で栽培されたコーヒーがカウコーヒーです。

世界3大コーヒーと言われるコナコーヒーでも、ブルーマウンテンやキリマンジャロといったメジャーな産地に比べると生産量はごくわずか。そして、カウコーヒーはコナコーヒーよりもさらに生産量が少なく希少なコーヒーです。

酸味が少なめでフルーティーな味わいがあると評判で、コーヒー好きの間で静かなブームを巻き起こしています。

カウコーヒーを飲める・購入できる場所

コナコーヒーに比べて、カウコーヒーはまだまだ入手しにくいのが実情。それでも最近はオアフ島の主要な土産ショップでは取り扱いを始めている店が増えてきています。カフェでも、カウコーヒーを通常メニューとして出しているお店は、コーヒーにこだわりがある一部の店に限られます。

ハワイでもやっぱりスタバが人気!ハワイ限定グッズもチェック

ハワイの人々もコーヒー好きが多く、街のあちこちにコーヒーショップがあります。そんな中でやっぱり人気なのが、スターバックスコーヒー。ワイキキだけでも9店舗が展開されていて、どこも一日中お客さんが絶えません。

日本とハワイのスタバで違うところは…

コーヒーの注文と受け取り方は、日本のスターバックスと同じ。ただし、注文時に名前を聞かれて、店員さんがカップに自分の名前をペンで書いて渡してくれることが多いです。時にはスマイルマーク付きだったりして、フレンドリーな雰囲気があふれています。

また、日本のスターバックスコーヒーでは一番小さいサイズがショートですが、ハワイではショートが無く、トールが最小サイズです。

アメリカ限定・季節限定メニューに注目

2017年、ショッキングピンクのド派手な「ユニコーンフラペチーノ」が北米など限定で発売になり、世界中で話題をさらいました。このように、アメリカ限定メニューや季節限定メニューも多く登場するので、日本未上陸の味に出会えるかもしれません。

お土産に最適!ハワイ限定グッズ

ハワイのスターバックスコーヒーでチェックしておきたいのが、ハワイ限定グッズ。「Hawaii」の文字が入ったタンブラーやマグカップなど限定品が販売されていて、ハワイ土産に最適。スタバファンの間でもいつも注目度が高いアイテムです。

ハワイで人気のコーヒーショップ

最後は、ハワイでおすすめのコーヒーショップをご紹介しましょう。筆者がワイキキ周辺など、ハワイ旅行中の観光客が訪れやすい場所にあって、ハワイ産のコーヒーにこだわっているお店をピックアップしました。

カイコーヒー

『ホノルルコーヒー』出身のオーナーが立ち上げたコーヒーショップで、高品質のコーヒーが飲めると定評のあるお店。“ポアオーバー”と呼ばれるハンドドリップで、一杯一杯時間をかけて丁寧に淹れてくれます。コナコーヒー100%の最上級「エクストラファンシー」や、マウイ産のコーヒー豆などをお土産として購入することもできます。

コナコーヒー パーベイヤーズ

こだわりのコナコーヒーを提供しているカフェ。ブレンドはせず、ひとつの農園の豆だけを使った“シングルエステート”で、コナコーヒーをじっくり味わうことができます。サンフランシスコにある人気店のパティスリーも取り揃えているお店で、特にクイニーアマンが話題。ぜひコーヒーと一緒にどうぞ。

モーニンググラスコーヒー

ワイキキから車で20分ほどの場所にある、周囲を山に囲まれたマノア地区にあるカフェ。オーナーは、スターバックス創業者の1人で、ハワイ産のコーヒーのほかグアテマラ産やコロンビア産など世界各地の美味しいコーヒーを提供しています。レンタカーでわざわざここまで出かける人も多い名店です。

ハワイのコーヒーはとっても奥が深い!コーヒー好きではなくても、ハワイ旅行中は一度はハワイ産のコーヒーを現地で味わってみてはいかがでしょうか?

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載