子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

キャンプ好きは恵比寿にGO!「THE NORTH FACE CAMP」ほか2店舗がオープン!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

『THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)』『HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)』などで知られるスポーツアパレルメーカー・ゴールドウインが、関東最大面積の複合型店舗を恵比寿ガーデンプレイスにオープン。同社が展開するキッズアパレルをセレクト&再編集する『PLAY EARTH KIDS(プレイ・アース・キッズ)』をはじめ、初のキャンプ特化型店舗『THE NORTH FACE CAMP(ザ・ノース・フェイス・キャンプ)』、そして日々をよりよく導く『NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)』と、暮らしを豊かにしてくれるアイテムやサービスがそろいます。

子どもと自然をつなぐ『PLAY EARTH KIDS』

null

「自然」「子ども」「遊び」をテーマに、ゴールドウインが扱うキッズアイテムなどからセレクトして提案する『PLAY EARTH KIDS』。都市から自然遊びにまで活躍するベビー&キッズアイテムをはじめ、マタニティウェア、子育て中のパパ・ママ用ウェアなど、家族で過ごす時間がさらに楽しくなるような、心をくすぐるラインナップです。

その中でも、同店が初となる取り組みと限定アイテムがあります。

まずは、サスティナブル・レーベル「GREEN BATON(グリーン・バトン)」。

まだまだ現役なのに着なくなったゴールドウインのキッズアイテムを、店頭で買い取り、自社工場でリペアして販売します。知人や親類でおさがりに回すのもよいですが、新たな循環として注目を集めそうな取り組みです。

リサイクルに持ち込まれたキッズウェアを可愛く再利用。

実は、これまでもキッズアイテムの修理を無料で行なっているゴールドウイン。パッチワークやワッペン、染め直しなどで蘇らせたアイテムは、唯一無二の存在感。『PLAY EARTH KIDS』は「GREEN BATON」の取り扱い1号店です。

サークル状のキッズゾーン。

そして、恵比寿だけの限定アイテム。『PLAY EARTH KIDS』オリジナルTシャツをはじめ、セレクトアイテムも並びます。

『ほぼ日』の「アースボール」のボールサイズも販売中。

セレクトアイテムの中でも、編集部が気になったのは『ほぼ日』とタッグを組み先行販売される「アースボール PLAY」(7,920円/税込)です。

見た目は、サッカーボールサイズの地球儀。いや、地球儀柄のサッカーボール。ですから、投げたり蹴ったりと、ボール遊びもできます。加えて、専用アプリを使用してスマホ越しに眺めると、立体的な地球儀に。身近な遊び道具で知的好奇心も刺激するユニークなアイテムです。

小部屋のような、お遊びスペース。

店内には、絵本が読めたり手先を使って遊べたりするキッズスペースも併設。サークルで緩やかに区切られつつ、大人の目線が届きやすい作りだから、好奇心旺盛な子どもと一緒でも安心感があります。

初心者から愛好家まで『THE NORTH FACE CAMP』

null

初めてのキャンプやファミリーキャンプに向けて、道具やウェアを探したいとなったら訪れたいのが『THE NORTH FACE CAMP』。「まずは何をそろえたらいい?」という初心者から、自分好みに楽しみたい人まで、アウトドアアクティビティを愛する全ての人たちがワクワクするようなお店です。

まず、キャンプといえばテントですが、購入するとなると「ちゃんと設営できる?」という思いが浮かびます。そこで活用したいのが、『THE NORTH FACE』初となるキャンプギアの有料レンタルサービス。

「ご購入予定の方にレンタルサービス(有料)を試していただければ」と語る店長さん。

利用する場合は、2週間前までに予約。当日は、4種のオートキャンプ用テントの設営方法を、詳しいスタッフがiPadを使い店頭でレクチャーしてくれます。

4人家族だけど、本当に4人用で大丈夫?」という素朴な疑問から、ニーズに合わせておすすめのキャンプ場もアドバイス。

テントの張り方レクチャーも予定しているそう。

貸し出しと返却は店頭で、レンタル期間は1週間もしくは2週間です。上代の8〜9%程度の利用料で、返却時は使用したままの状態でOKとのこと。使用後の手入れが案外大変なので、まずは使用感に集中できるのは嬉しいポイント。

ちなみにペグは付属しますが、ハンマーは別途用意が必要なので、キャンプ場で借りるなどしましょう。

お店から歩いて2~3分の場所にある、芝生スペース。

タイミングが合えば、恵比寿ガーデンプレス内にある広場でテントの設営体験も。専任スタッフの丁寧なレクチャーが受けられる機会です。

また、これからの時期に心強い、防寒性の高いウェアやシューズ、帽子なども勢ぞろい。キャンプはもちろん、街から山まで活躍する機能性の高いアイテムや、性別を問わず活躍しそうなアイテムも豊富です。

オリジナルグッズは要注目!

そして、『THE NORTH FACE』のテント、カトラリー、チェアなどの全キャンプ用品に加え、限定シリーズ「Back to The Land」も展開。デイリーに使えるステンレスボトルから、美しい炎が楽しめる「スエーデントーチ」(3,960円/税込)まで、幅広くラインナップしています。

ゴールドウインのみならず、様々なアウトドアブランドのキャンプアイテムが陳列されています。

さらに、『THE NORTH FACE』の世界とマッチする、確かな素材や落ち着いたカラーのキャンプギアもそろいます。初心者から愛好家まで、経験値を問わずほしいものが見つかるはず。

心身が整う『NEUTRALWORKS.』

null

日々をアクティブに、ランニングやヨガ、トレーニングを楽しむ人におすすめのショップが『NEUTRALWORKS.』です。アクティブウェアをはじめ、スリープウェアやスウェットなどのリラックスできるアイテム、毎日に心地よく身に付けられるウェアまで、幅広いアパレルをラインナップ。

スタジオもあります。

恵比寿では「NEUTRALWORKS. ROOMS」も併設。専用の機器で、わずか0.8秒で体の状態をスキャン。体の中の水分量や体脂肪量、ミネラル量などを可視化した上で、それぞれに合わせたトレーニングやストレッチなどで体のメンテナンスをサポートします。

寝具や食品などのライフスタイルアイテムも。

さらに、コスメやフード、トレーニンググッズ、そしてベッドマットまでそろう。私たちの日常に浸透した、心身が整うショップです。

情報の発信基地「アドベンチャーデスク」

null
例えば「水辺のキャンプに行きたいけど、どこがいい?」といった質問にも、答えてくれるそう。

キッズウェアの買い取りやキッズアイテムの修理受付や、テントのレンタル受付は、3店舗の中央にある「アドベンチャーデスク」へ。ここは、サービスの受付やレジ機能のみならず、イベントや情報の発信基地です。現在は、国立公園とのイベントを企画中。今後、様々な展開が待っているそうなので、乞うご期待。

 

キャンプ、家族、体験、自然、コンディショニング……現代を生きる多くの人が気になっているキーワードが凝縮した、3つの新店。一人ひとりのに合わせた物事が見つかるはずです。

PLAY EARTH KIDS 恵比寿ガーデンプレイス
https://www.goldwin.co.jp/playearthkids/

THE NORTH FACE CAMP 恵比寿ガーデンプレイス
https://www.goldwin.co.jp/tnf/camp/

NEUTRALWORKS. EBISU
https://www.goldwin.co.jp/neutralworks/

東京都渋谷区恵比寿4-20-7 恵比寿ガーデンプレイス センタープラザ1F
営業時間 10:0020:00

プロフィール

ニイミユカ
ニイミユカ

兵庫県出身、浅草在住。一児の母。主に食や体のことなど、生活にまつわる地に足のついた企画を、雑誌や書籍、WEBメディアなどで編集・執筆する

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集