kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

大人も子どもに戻れる!「藤子・F・不二雄ミュージアム」【子どもと楽しむ美術館】vol.5

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

陶芸や写真、アクセサリーや絵本など、いろいろなジャンルを専門に扱う美術館は、その“世界”に入り込めるとても楽しい場所です。

今回ご紹介する美術館はそれらのなかでも“まんが”、さらには『ドラえもん』『パーマン』『キテレツ大百科』などで知られるまんが家、藤子・F・不二雄先生の専門ミュージアム。大人も子どもも独自の世界観にたっぷり入り込めるミュージアムの魅力をお伝えするとともに、まんがを専門に扱う施設をご紹介しましょう。

だれもが夢中になる、藤子・F・不二雄ワールド!

2011年9月にオープンした『藤子・F・不二雄ミュージアム』は、その名のとおり1996年に亡くなったまんが家、藤子・F・不二雄先生の作品を楽しめるミュージアム。

設立のきっかけは、夫人の「かつて子どもたちだったファンの方へ恩返しをしたい」という強い想いだったそう。

『藤子・F・不二雄ミュージアム』外観
窓枠は、なんと実際のドラえもんのコマ割りをもとにしたもの

そのためか、展示内容は大人も心から楽しめるように、いや、むしろ大人のほうが面白く感じる部分が満載!

施設内の目印になる案内板やトイレのサインデザイン、ちょっとした注意事項など目を凝らして見た人だけがわかる“小ネタ”で埋め尽くされています。

もちろん、お子さんも楽しく過ごせるような設備も充実。未就学児対象のキッズスペースや授乳室もあり、小さな子ども連れでも安心して利用できます。

未就学児対象のキッズスペース
ガリバートンネルなど楽しい遊具もある。隣には、F先生の作品読み放題のまんがコーナーも
おむつ交換台やお湯サーバーも備えた授乳室

ミュージアムのある川崎市は、かつて藤子・F・不二雄先生(以下、F先生)が暮らしていた土地。

最寄り駅の「登戸駅」からミュージアムまでは、『ドラえもん』や『キテレツ大百科』などF先生にゆかりのある4種類のラッピングバスが運行しています。どのバスに乗れるかは、そのときのお楽しみ! 外装だけでなく、降車ボタンや吊革などもかわいいので要チェックですよ。

ちなみに、ミュージアムは日時指定の完全予約制。ですから、極度な混雑もなく快適に鑑賞することができます。

また、入館時に渡される音声ガイド「おはなしデンワ」は、なんと大人用とこども用で音声内容が異なっています。ぜひ親子で聴き比べてみてください。

さて、館内に入ってみましょう。

奥の壁に設置されている引き出しにも藤子・F・不二雄先生の原画が入っていて、自由に引き出して眺められる

展示室1は『ドラえもん』『パーマン』『キテレツ大百科』などの原画が展示されている常設コーナー。

展示台に引き出し風のディスプレイがついており、その中には『パーマン』のマスクなど作品にまつわるアイテムが展示されています。

修正液で丁寧に修正されたコロ助!

展示室2は、テーマに合わせた展示を行う企画展示室。

2019年1月15日までは「『キテレツ大百科』×『ドラえもん』〜江戸時代の発明と未来のひみつ道具~」なる、『キテレツ大百科』を中心とした展覧会を開催。

『キテレツ大百科』に登場した発明品と、それに似た『ドラえもん』のひみつ道具を比較して展示するという一風変わった企画展です。

とってもかわいい直筆の“コロ助”は必見ですよ!

このほか、『藤子・F・不二雄ミュージアム』だけでしか観られないオリジナル作品を上映する「Fシアター」や、切り絵作品(!)をベースに制作された動物たちのオブジェがある「どうぶつたちの部屋」など、趣向をこらした部屋が並びます。

とくに筆者がお気に入りなのは、F先生の仕事場を再現した「先生の部屋」。

先生は美術がお好きだったようで、コレクションのなかには大正~昭和にかけて活躍した画家で彫刻家の藤田嗣治の作品もあるのだとか

机をよく見てみると、科学誌や図鑑が山積み。F先生は、「子どもたちにこそ、子どもだましはよくない」という持論のもと、しっかりと資料を読み込んで作品に活かしていたそうです。

先生が集めていた1万点もの蔵書類

マニアックなキャラクターも登場! 屋上も楽しさいっぱい

屋外の見どころも充実しています。

土管の奥には「どこでもドア」や、大長編『ドラえもん のび太の恐竜』に登場したフタバスズキリュウの“ピー助”が!

屋上スペースの「はらっぱ」には、『ドラえもん』と空き地の土管をはじめ、F先生が生んだキャラたちが大集合!

芝生の上に“パーマン”が寝そべっていたり、『ドラえもん』のなかでも人気の回「きこりの泉」に登場する“きれいなジャイアン”が展示されていたりと、キャラクターを探すだけでも1日過ごせそうです。

オリジナリティあふれるショップとカフェもお忘れなく!

そして、『藤子・F・不二雄ミュージアム』のすごいところは、カフェとショップの気合の入れ方です。“ふつうの食べもの”や“ふつうのお土産”が一切存在しないのです!

「ミュージアムカフェ」は、作品にちなんだオリジナルのメニューだけ。店内は窓の外に屋上庭園が広がり、開放感がたっぷりです。

『カフェラテ』(570円)は、F先生のキャラクターがあしらわれたもの
おしゃれな『ドラえもんブルー』(600円)は、グレープフルーツとピーチをあわせた爽やかなソーダ。ストローがかわいい!

企画展に合わせた“コロ助スパゲティ”『コロネーゼ』(1,200円)は、肉・卵・アルコールを使わず、大豆肉を用いたベジタリアンでも食べられるポロネーゼ風のパスタ。

ほかにもキュートなメニューばかりで、全部食べるために通いつめたくなるほどです。

『ウソ800缶入りクッキー』

また、「ミュージアムショップ」もツボをつくものばかり。

一度お別れしてしまったドラえもんが、野比家に帰ってくるきっかけになった「ウソ800」モチーフの『ウソ800缶入りクッキー』。食べ終わったあとの缶は、小物入れなどに使えそう。

「ウソ800」は、てんとう虫コミックスだと7巻の最初のお話に登場します。

こちらは、連載開始当時のずんぐりむっくりしたドラえもんの『初期ドラぬいぐるみ』。現在のドラえもんと見比べると、かなり雰囲気が変わっているのがわかります。

F先生好きの人へのプレゼントに最適ですね!

『ぬいぐるみストラップ(ドラえもん)』
キテレツの先祖、奇天烈斉の大百科がノートに! 『奇天烈大百科風ノート』

親子で1日中楽しめる『藤子・F不二雄ミュージアム』。ぜひ、お子さんと一緒に訪れてみてください!

【施設情報】

藤子・F・不二雄ミュージアム

神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1

開館時間:10:00~18:00

休館日:火曜日、展示替機関、年末年始

最寄り駅:JR南武線「登戸駅」より川崎市バスによる直行便で9分

マンガ好きなら一度は訪れたい美術館

近年では、『藤子・F・不二雄ミュージアム』のほかにも、マンガを取り扱う美術館や図書館などが増えてきています。単行本だけでなく、直筆原稿や当時の掲載雑誌などを見られる場合も! 興味のある方は、ぜひ足を運んでみてください。

明治大学 現代マンガ図書館
明治大学 米沢嘉博記念図書館

明治大学が運営する日本最大級の蔵書数をほこるマンガ専門の2つの図書館。どちらも企画展などを積極的に開催。開設予定の『明治大学 東京国際マンガ図書館』(仮称)に受け入れられる予定。

杉並アニメーションミュージアム

日本のアニメーションを体系づけて知ることができる、日本初のアニメ専門ミュージアム。名作の上映も行われている。

弥生美術館

絵本や雑誌、イラストレーターなどの展覧会に加え、近年は陸奥A子や滝田ゆうなど、マンガ家にまつわる展覧会を積極的に開催。多くの竹久夢二作品を所蔵する、隣接の『竹久夢二美術館』も楽しい。

さいたま市立漫画会館

明治~昭和時代の風刺漫画家・北沢楽天の邸宅跡に作られた、日本初のまんが美術館。北沢楽天の業績や当時の写真などを展示。

青梅赤塚不二夫会館

元外科医院のレトロな建物をリノベーションした、ギャグ漫画家・赤塚不二夫の絵や写真を展示する会館。直筆原稿などを展示するほか、グッズも充実。

長谷川町子美術館

『サザエさん』の作者である長谷川町子の美術館。マンガの原画だけでなく、彼女が集めていた美術品コレクションも展示。夏に毎年開催される「アニメ サザエさん展」は、マンガとアニメの違いなどもわかる楽しい展覧会。

(※ 情報は2018年2月現在のものです)

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載