子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

正直迷う今年の帰省…。今年の夏休みは帰省するorしない?既婚女性226人に聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

早いもので夏が近づいてきています。今年は新型コロナウイルスの影響から外出自粛が続き、ようやく日常が戻ってきた感がありますが、そろそろ夏休みの予定も立てないといけない時期ですよね。

そこで『kufura』では「今年の夏休みの帰省はどうするか」を226人の方にアンケート。帰省をするか、しないか、皆さんの現時点での予定を見ていきましょう。

今年の夏休みは帰省しますか?

まずは、毎年の夏休みに帰省の習慣があるかどうかを尋ねると、

  • 毎年帰省する…66人(29.2%)

  • 時々帰省する…45人(19.9%)

  • 帰省しない…39人(17.3%)

  • 帰省する必要がない(実家が近いなど)…76人(33.6%

という結果になり、約3割の方が毎年、2割の方が時々帰省すると回答しました。

例年であればそろそろ具体的な計画を立て、各交通機関の予約をしたりと行動を起こす時期ですが、今年は帰省をどうするのかを、「毎年帰省する」「時々帰省する」と回答した111名に聞いてみました。

  • 帰省の予定あり…42人(37.8%)

  • 帰省の予定なし…29人(26.1%)

  • 今のところ帰省するかわからない…40人(36.0%)

となり、回答が分かれる結果になりました。皆さんがそう決めた理由を具体的にみていきましょう。

今年の夏休みは帰る予定です「帰省派」

まずは、帰省する方々が、そう決めた理由をみていきましょう。

「毎年の恒例行事」(49歳/その他/神奈川県)

「久しぶりに両親に会いたい」(37歳/その他/東京都)

「お墓参りはしないといけないので」(31歳/総務・人事・事務/福井県)

「コロナが心配だが、近場なので顔を出したいから」(30歳/その他/千葉県)

「親が定年だから」(35歳/その他/群馬県)

「コロナで行きたくはないが父が病気だから、会っておきたいため」(41歳/主婦/群馬県)

「母が高齢で一人で住んでいるので、こういう時に長い間一緒にいてあげたいから。コロナのことを懸念していたら、母が高齢の一人暮らしなのでそんなことを言っていられない」(59歳/主婦/大阪府)

中には、ずっとお出かけを我慢していたからか、気持ちだけで決めたという方もいらっしゃいました。

「帰りたいという強い気持ちだけ」(54歳/主婦/大阪府)

実家の両親の状況が心配だったり、年に数回あるかないかの親戚の集まりに顔を出したい方など理由はそれぞれですが、実家が遠方にある方は、特にこの長期の休みを利用しないと、次はいつ行けるかわからないという事情もあるのかもしれません。逆に、今帰っておかないとまたいつ状況が悪くなるか分からないという思いもよぎります。いずれにしても、積極的に前向きに帰るというよりは、悩みながら回答していた方が多いように見受けられました。

今夏は控えたいと思います「帰省しない派」

続いて、今年の夏の帰省はあきらめるという方の理由です。

「コロナで飛行機に乗るのが心配」(37歳/主婦/東京都)

「今年はまだ感染症が怖いので移動はしない」(39歳/主婦/埼玉県)

「自分も相手も今の時期は接触を避けたいから」(33歳/主婦/神奈川県)

「お盆とお正月は必ず帰省しているが、帰省先の岩手県では感染者がいないため、今年は話合いの結果やめることに」(46歳/総務・人事・事務/愛知県)

「コロナの影響で今年は控えようと思いました。家族も無理して帰って、かかったらと思うと怖いです」(46歳/主婦/熊本県)

「今回はコロナの影響も大きく、ギリギリまで悩んでいたが義実家の地域で新たに感染者が出た。我が家は感染者も少ない地域で噂にもなりやすく、万が一を考えて辞めた」(31歳/主婦/徳島県)

皆さん、苦渋の決断という思いが伝わってきますね。本当は帰りたい、みんなに会いたい、でも諸々の状況からやっぱり今年は仕方なくあきらめるという方も多くなりました。本当に悩ましい決断と言えるのではないでしょうか。

まだ決められない。正直どうしたらいいか…「迷い中」

続いては、決められずに迷っているという方々の意見です。

「新型コロナがまだ心配なので、帰省するかどうか決めていません」(46歳/主婦/神奈川県)

「他県に移動して本当に大丈夫か考え中」(57歳/主婦/宮城県)

「第二波が来るかどうかわからないから、様子を見たい」(34歳/主婦/北海道)

「新型コロナウイルスがどうなのかはっきりしないと計画が立てれません」(59歳/主婦/大阪府)

「毎年夫の実家に行くが、都会なのでコロナが気になるし、子どもも夏休みが短く、塾や部活があるため帰れなさそう」(45歳/主婦/広島県)

「果たして、高齢の父母の家に行っていいものか? とても悩んでいます」(52歳/主婦/千葉県)

状況が刻々と変わる中、どう計画したらいいのかと本当に悩ましいですよね。県をまたぐ移動ができるようになっても、移動に伴うリスクや、都会から移動して田舎で暮らす高齢の両親に会っていいかどうかなど、迷いが生じていることがよくわかる結果に。また、休校が続いた子どもたちの夏休みが短縮された影響から、時間的な調整も難しいという方も多くいました。

その他、新型コロナウイルス以外の理由としては、

「子ども達の休みと主人の休みが合うか謎なので」(43歳/主婦/北海道)

「現在妊娠中のため体調による」(27歳/主婦/兵庫県)

など、辿っていくとやはり新型コロナウイルスが影響していそうな理由の方も多くいました。

 

このウイルスの存在によって、以前と同様の日常にはまだまだ戻れない中、色々なことを考えなければならない今年の帰省。筆者も、通常であれば夏休みには東北地方の実家に帰省をしていますが、今年は帰るべきか帰らないべきか、まだ決断できていません。

どう結論を出しても、悩みが尽きなさそうな今年の帰省問題。状況をもう少し見守り、よく考えて行動したいですね。帰省をするかしないかと悩んでいる皆さんも、ぜひ今回の結果も参考にしてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。