子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「孫からもらった年賀状」に感激…!じぃじ・ばぁば226人が嬉しかった年賀状とは?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

新しい年が明けた楽しみのひとつが「年賀状」。特に祖父母からは、「孫から届く年賀状が楽しみで……」という声も聞こえてきそうです。

そこで『kufura』では、「孫からもらった年賀状のエピソード」を聞いてみることに。226人のとっておきエピソードをご覧ください。

一生懸命書いてくれたことが、とにかく嬉しすぎます!

孫からの年賀状で嬉しかったのは、「孫自身が書いてくれたもの」という声が多く上がりました。どんな年賀状だったのか、具体的に見ていきましょう。

(1)覚えたての字、絵が嬉しい!幼児さんからの年賀状

「手書きの似顔絵が、印象的でした」(76歳/男性/その他)

「未だ、字が書けないので、絵だけの年賀状を受け取った時が嬉しかった」(71歳/男性/営業・販売)

「拙い字でしっかり描いていたので可愛かった」(67歳/男性/その他)

「一生懸命書いているのが伝わってうれしかった」(72歳/男性/その他)

「未だ文字を書けず、絵を懸命に描いた様が窺え微笑ましかった」(64歳/男性/会社経営・役員)

「汚い字で、いっしょうけんめい書いているのがかわいかった」(54歳/女性/その他)

「なにが書いてあるか判別不明の年賀状をもらった」(69歳/女性/主婦)

「怪獣が書いてあった」(53歳/女性/営業・販売)

まだ字を書けなかったり、覚えたてだったりする子どもからの年賀状は、一生懸命頑張ったんだな……と微笑ましくなるという声が多く出ました。似顔絵は、似ている似ていないに関わらず、自分たちを思って描いてくれたと思うと、思わずジーンとくるという声が上がっています。

じぃじ・ばぁばのことを想って準備した年賀状には、思わず笑みがこぼれますね!

(2)少しずつ、達筆になっている?成長が感じられます

「幼児のころの殴り書きから、ちゃんと文字になってきて、成長ぶりがわかって嬉しい」(64歳/女性/その他)

「字や文章が年ごとに上手になってきて、成長がうかがえるのがうれしい」(69歳/男性/その他)

「だんだんとしっかりした字を書くようになってきた。成長を感じる」(75歳/男性/その他)

「孫からの手書きの絵が描いてあって、何度もその年賀状を見ながらこんなに成長したんだね……と」(69歳/男性/その他)

「成長とともに文字や文面が変わるのに年賀状を見て喜んでいます」(73歳/男性/その他)

「毎年の写真に成長を感じる」(58歳/女性/主婦)

「年々字が綺麗になっていくので貰うのが楽しみです」(77歳/男性/その他)

「とても可愛い文字で『長生きしてね』と書いてあってうれしかったです!!」(65歳/女性/総務・人事・事務)

「お年玉をかいた年賀状を送ってきました」(59歳/女性/総務・人事・事務)

日々成長している孫たち。年賀状に書かれた字が上手になることで大きくなったな〜と感心したり、写真に映る孫の身長が伸びて大きくなっていたりと、嬉しくなりますよね。

過去のものと比べて成長を実感したり、来年はどんな年賀状かな?と思わず期待が膨らみますね!

まだもらってないけど…いつかは欲しい。期待しています!

今回のアンケートでは、孫がまだ小さくて、「年賀状をもらっていない」という回答もありました。そんな方々からは、

「まだかける年齢ではないので今から楽しみにしています」(66歳/女性/主婦)

「まだ、小さいのでこれからが楽しみ」(52歳/女性/その他)

「まだもらっていませんが字や絵が描けたら大切に置いておきますね!」(72歳/男性/その他)

「いつかもらえたら泣いちゃうかも」(62歳/男性/その他)

という、祖父母の期待がいっぱい詰まったコメントも。首を長くして待っている様子が窺えますね。

他にも「年賀状」の嬉しかったエピソード!

他にも続々と嬉しいコメントが出ています。

「こちらの健康を気遣ってくれること」(78歳/男性/その他)

「おじいちゃん。飲みすぎないでねは堪える」(74歳/男性/その他)

と、じいじ・ばあばの健康面を案ずる内容や、郵送ではなく、

「直接、孫から手渡しで渡されて本当に嬉しかった」(58歳/女性/営業・販売)

というコメントも。なんとも言えず嬉しい瞬間ですね!

また最近は、年賀状に変わってSNSやメールで年始の挨拶をする人も増えていますが、子どもの世代にも影響しているようです。今回のアンケートでも、

「孫から年賀状をもらったことはない。全部LINEです」(76歳/女性/主婦)

「最近は、パソコンでするので、味気がない」(54歳/男性/その他)

という声も。年賀状そのものをもらわないよりは嬉しいものの、祖父母世代からは、手元に残らないものが少し寂しく感じられるのかもしれませんね。それらを反映するかのように、

「孫からの年賀状は全部保存しています」(80歳/男性/会社経営・役員)

「とにかくうれしくてすぐに自分の部屋で飾りました」(69歳/男性/コンピュータ関連以外の技術職)

「当時小学生だった、三人の孫から下手くそな字で年賀状が届いたのを大事に今も保管してます」(71歳/男性/その他)

というコメントも。

紙で保管ができるというのは、祖父母世代にとって、とてもわかりやすく、いつでも見やすく、記念にもなるということなのでしょう。

 

孫からの年賀状エピソード、いかがでしたか? 孫からもらった年賀状が嬉しくないという祖父母はほぼいないと言ってもいいはず。日頃からお世話になっているという方はもちろん、遠方であまり会えていないという方も、この機会にしっかりと祖父母孝行してみてはいかがでしょうか? 子どもにも、大好きなじぃじ・ばぁばにしっかりと挨拶をさせておきたいですね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。