子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「紙あそび」のための1冊が話題です!組み立て付録のプロ中のプロ・小学館とアーティストたちが本気で作りました【動画あり】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

最近では雑誌『幼稚園』の組み立て付録も話題の小学館。子どもの本を作り続けてきた会社だからこそ、の知見がつまった1冊まるごと「紙で作る」「紙であそぶ」ムックが発売に!

折ったり丸めたり、破いたりすることで想像力を膨らませ、工夫したり創造する喜びを味わえる、そんな体験型ムックの『ぺぱぷんたす』です。日本を代表するブックデザイナー・祖父江慎さんによる、本気の「あそびゴコロ」にあふれた1冊、夏休みに子どもと一緒に「紙あそび」を楽しんでみませんか。

折って、やぶいて、組み立てて…… 紙のワクワクがみっちり詰まった体感BOOK

『ぺぱぷんたす』は1冊まるごと「紙を遊びつくす」ムックです。約15種類の手触りの違う紙、表紙や付録の特殊な加工や印刷、そして、日本を代表するブックデザイナー、祖父江慎さんによる数々のしかけで、子どもはもちろん、かつて子どもだった大人も夢中になってしまう1冊。谷川俊太郎さん作の「ぺぱぷんたすのうた」からはじまる、そのしかけの1部を、動画でご紹介!

「子どもごころ」を大切にする、アーティストたちが大集合

「ぺぱぷんたす」のために集ったのは、日本を代表するアーティストのみなさん。

アートディレクターの祖父江慎(ブックデザイナー)さんを筆頭に、谷川俊太郎、かこさとし、100%ORANGE、ミナ ペルホネン……などなど、幅広い分野の第一人者が「紙であそぶためのいろいろ」を作ってくれています。

懐かしいパラパラ漫画から、水をつけると色が浮き出てくる「みずぬりえ」、鉛筆をプスプスと紙につきさして絵を完成させていく「プスプスジョリジョリ」など、「読む」ための本ではなく、紙に触って体験していくための1冊。

本の値段としては1,800円は割高に感じるかもですが、これは10個以上の紙のおもちゃが入った「超豪華詰め合わせセット」。そう考えると、なんだか納得出来る気がします。

夏休みにぜひ、子どもと一緒に「触って作って楽しむ」時間をもってみませんか。

『ぺぱぷんたす 003』1,800円(税抜)小学館

スマホやタブレットなど、電子機器にも頼りがちな子どもの遊びだけれど、「紙」っていいなあ~、楽しいなあ、と改めて感じさせてくれる1冊です!

 

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。