子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

よかれと思った「子どもの習い事」が残念なことに!「母親たちの意外な後悔」を調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子どもの成長のためによかれと思ってお金を投じた習い事。親の期待とは裏腹に、思ったような成果を得られず、「こんなはずじゃなかった」とガッカリすることもありますよね。

『kufura』では、6歳~14歳のお子さんがいる女性148人を対象に、“今思うと失敗したと思う子どもの習い事”についてアンケート調査を実施しました。新年度から始める子どもの習い事について検討中のお母さんは要チェックですよ!

お友達に誘われて始めたけど…「子どもに合わなかった」

「サッカーを友達に誘われて始めたが本人は余り好きじゃなかったらしく最後の方は嫌々通っていたので辞めた」(43歳/主婦)

「剣道。お友達に誘われて習ったが、すぐに飽きてしまった」(37歳/主婦)

「クラスの友達が行ってたので、うちの子も行かせてみたら、全然興味を持たなくて月謝がもったいなかった」(45歳/主婦)

「日本拳法が子どもの性格に合わず半年でやめた」(37歳/その他)

「空手では精神が鍛えられ、サッカーでは基礎体力が身に付いたが、スイミングはまったく向いていなかった」(40歳/その他)

「ピアノはリズム感が全くないことがわかった」(50歳/その他)

「将棋。難しすぎた」(45歳/主婦)

「まだ1歳半くらいの頃の英会話。全く意味がなかった」(42歳/主婦)

「スイミングは赤ちゃんからでなくていい」(36歳/主婦)

いざ始めてみたものの、子どもに合ってなくて長続きしなかったり、成果が得られなかったりすることはあるようです。

今回のアンケートでは、「友達に誘われたけど……」というコメントが目立ちましたが、友達がいるからこそ楽しく続けられるという面もありますし、本人に合うかどうかという見極めはなかなか難しいところですよね。

かえって毛嫌いするように…「本人の意向を無視してしまった」

「練習しないことに口うるさく言ってしまって、ピアノが嫌いになってしまった」(35歳/デザイン関係)

「習字。あまり好きではなかった様で、嫌々通っていたから」(43歳/主婦)

「空手をやらせたが、嫌々やっていたので意味が無かった」(46歳/主婦)

「公文。宿題を全然やらず勉強嫌いになった」(41歳/主婦)

「長男は小さい頃から体操など色々行かせたが、親が無理やり連れていったりしたため、習い事嫌いになってしまった。本人の意向を尊重すべきだった」(38歳/主婦)

「勝手に入れた最初のスポーツ教室。本人の希望を聞かず、しかも知り合いが誰もいない教室だったので、本人が一切やる気が出ず、無駄な月謝を払ったから」(34歳/主婦)

本人の意向を無視して習い事をさせてしまったことを後悔する声も。

もちろん、習い事は実際にやってみないと、子どもに合うかどうかわかりませんし、はじめは気乗りしなかった習い事がしだいに楽しくなってくることもあります。

ただ、習い事スタートからしばらく経っても、子どもの意欲が向上しない場合、無理矢理続けさせるのは考えもの。子どもが苦手意識をこじらせる前に、子どもとよく話し合って、見切りをつけるほうがいいかもしれませんね。

レベルや目的が不一致…「教室や先生と合わなかった」

「プロバスケチームのスクール。一歩上をいく技術ばかりで基礎的な事を教えてもらえなかった。個別での声かけは一切無かったので本人のヤル気にもよりますが全く成長の兆しはみえませんでした」(43歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「体操教室。向いていないのもあるが、厳しいところで本格的だったのでもっと下調べすべきだった」(41歳/その他)

「体操教室。先生が若過ぎて目が行き届かず、子どもにも向いていなかったので体験で数回で辞めた」(37歳/総務・人事・事務)

「ピアノのグループレッスン。周りの子と比べられやる気をなくした」(37歳/その他)

教室や先生の指導方針などが合わずに長続きしなかったという意見も。コメントにもありますが、口コミをチェックしたり、まずは体験教室を利用したりなど、下調べは大事ですね。

ただ、評判がよかったり、体験教室では好感触だったりしても、実際に入会すると、やはり子どもには合わなかった……ということも少なくありません。前項でもお伝えしたように、始めてから「こんなはずじゃなかった!」という場合は、子どもとよくよく話し合いましょう。

費用や労力が想定以上…「親の負担が重かった」

「フラダンスの衣装代が高い」(46歳/主婦)

「新体操。発表会衣装など親の協力が必要」(40歳/主婦)

「エレクトーンは機種がよくかわるのでお金がかかるのでやめた」(50歳/主婦)

「劇団にいれたが思いのほかお金がかかるのですすめなければよかった」(40歳/主婦)

「一度にたくさん習ったので毎日が忙しくなり少し大変だった。費用がかさんで、送迎も大変になった」(39歳/公務員)

「3つ習っていて、費用がかなりかかっている。が、楽しんでいるので、なかなか辞めさせられない」(55歳/広報・宣伝)

習い事では月謝以外にさまざまな費用がかさんだり、送迎や衣装の準備に追われたりなど、親の負担が予想外に重くなることも。子どもが楽しんでいるのであれば、親としてはできるだけ続けさせてあげたいところですが……悩ましい問題です。

子どもの習い事で失敗したこと…意外にも「最多の意見」はこれ!

今回、“今思うと失敗したと思う子どもの習い事”というテーマでアンケート調査を実施しましたが、実のところ最も多かったのは「後悔したことはない」「むしろもっと習い事をさせればよかった」といった声でした!

「経験させてあげられた事が有意義な時間となった。だめだったのはない」(28歳/営業・販売)

「習い事に失敗はない! やってみて続かなければ辞めれば良いだけ」(38歳/主婦)

「習い事で失敗したとは思っていない。もっといろいろ挑戦させればよかったと思っている」(45歳/主婦)

「小学校入学前から体力づくりのために何か一つでも習い事をさせてあげたかったなと逆に後悔している」(32歳/主婦)

「国語力はほんとに本読んでるだけでは身につかず、国語だけは公文に行っておけば良かったなと思います。英語もついていけなくて、習わせてなかったからめちゃくちゃ苦労してます」(45歳/主婦)

 

子どもの習い事にはさまざまな失敗はあれども、“やらぬ後悔よりやる後悔”ともいいます。「うちの子、春からどうしようかな?」とお悩みのかたは、ぜひ今回のアンケート結果をヒントにしてみては?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事