kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

医師に聞いた「アンダーヘアの整え方」セルフで行う場合の処理方法

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

悩ましいアンダーヘアの処理のしかた。人には聞きにくいし、でも気になるし……。自分で処理する場合、どんな点に注意して、どんな風に整えればいいのでしょうか? そんな悩みに、産婦人科医の髙橋怜奈がお答えします。

アンダーヘアの自己処理のやり方

アンダーヘアを自分で処理する場合、選択肢としては、カミソリ、電気シェーバー、ワックス脱毛、除毛クリームなどがあります。

自宅で処理する場合は、カミソリや電気シェーバーが一般的です。ただ、カミソリは皮膚に直接刃があたるため、細かい傷がつくことがあるので、あまりオススメではありません。電気シェーバーがあるようでしたら、そちらのほうがよいでしょう。カミソリで処理する場合は、ジェルやシェービングクリームを使用しましょう。

また、電気シェーバーの場合もカミソリの場合も、処理したあとは保湿をしっかりすることをお忘れなく。

アンダーヘアを自己処理する際の注意点

自己処理する場合は、見えるところのみにしましょう。IラインやOラインなど見えない部分を処理するのは、鏡を使ったとしても傷をつける場合があります。自己処理の場合、直接見えるVラインのみが安心です。

アンダーヘアの整え方

「どれくらいの長さにしたらよいか」「どんな形にしたらよいか」迷いますよね。

短くしすぎるとチクチクしてしまうので、ある程度長さが保たれているほうがいいでしょう。形は普段履く下着や水着にあわせて決めましょう。

アンダーヘアの処理後、チクチク、かゆい…

「チクチクかゆい」といっても、乾燥してかゆい場合と、毛先がとがっていてかゆい場合があります。保湿をしたり、ヒートカッター(アンダーヘアを熱の力で焼いて処理するアイテム)がオススメです。

 

ここまでアンダーヘアの自己処理のしかたを紹介してきましたが、頻繁に自己処理が必要な方は、皮膚トラブルも多くなるので、思い切って医療機関やエステで脱毛してしまう方が長期的にみた場合は楽ではないでしょうか。

はてなブックマーク facebook Twitter LINE