kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

医師ボクサーが伝授!「正月太りをリセット」するダイエット方法

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

毎年お正月が来るたびに、「今年は正月太りしないぞ!」と心に誓うも、蓋を開けてみたら、今年も安定の体重増加、という悲劇に見舞われている方もいることでしょう。太ってしまったものは仕方がない!ただ、このまま放置してもよいですか? 「答えはNO」という方のために、正月太りをリセットするダイエット方法を、産婦人科医でプロボクサーでもある髙橋怜奈がお答えします。

正月太りの原因って何?

お正月は仕事も休みになり、家でゆっくりした人も多いことと思います。運動量は減るのに、おせちやお餅をたくさん食べたり、テレビをみながらずっと何かを食べ続けたりしているということも太ってしまう原因です。

また普段仕事で忙しい人は、年末年始に一気に予定を入れ、毎日外食・飲み会ということもあるので、それも正月太りの一因となるでしょう。

増えたものは仕方ない!正月太りをリセットするには

1:正月太りを解消するおすすめ運動

増えた脂肪を減らすには有酸素運動が一番効果的です。できれば、朝の空腹時にウオーキングや軽いランニングなどをすると、脂肪が燃えやすいでしょう。

ウオーキングの場合は大きく腕を振って大股で歩くとエネルギーが消費しやすく、その他、水泳や、スポーツジムにあるクロストレーナーも全身運動なので効果的です。

2:正月太りを解消するストレッチ

ストレッチは直接的に痩せることにはつながりません。しかし、ストレッチをすることで血流がよくなり、むくみの解消になります。特に、股関節まわりは大きな筋肉やリンパも多いので、よくストレッチをすることで循環がよくなります。

3:正月太りを解消する食事のポイント

3大栄養素である、タンパク質、糖質、脂質をバランスよくとることが大事です。焦って糖質を完全にオフする人もいますが、エネルギー不足になってしまったり、リバウンドしてしまったりします。

同じ食事をとるにしても、野菜から先に食べると血糖値の急上昇を防ぐことができ、太りづらくなります。空腹時に一気に食べるのではなく、間食を加えながらちょこちょこ食べるのがよいでしょう。

間食にはGI値の低いものを。さつまいもやヨーグルト、ナッツ、大豆製品などがオススメです。お正月にお餅を食べ過ぎた人は、炭水化物を控えめにしましょう。

今年の失敗を来年にいかす!正月太りを予防するには

来年こそは正月太りをしないために、今年の失敗を教訓にしつつ、来年のお正月は以下の2つを実践してみましょう。

1:お正月に食べた物や体重をこまめに記録

お正月中に、いつ何を食べたか、どれだけ体重が増えたか、などを忘れないうちに記録するとよいでしょう。

2:意識的に外出する

お正月は家でじっとしていると、つい食べてしまうので、お正月だからこそ、出歩いたり、ゆっくり自分と向き合う時間を作ってみましょう。ダラダラ食いなど、無駄なカロリー摂取が防げるはずです。

 

「ダイエットしなきゃなー」と心で思っているだけでは体重は減りません! さっそく上述したダイエット方法にチャレンジしてみましょう。

 

はてなブックマーク facebook Twitter LINE