kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

重曹一つで何役も!「歯磨き・うがい・洗顔」やり方と注意点

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

重曹といえば、料理や掃除に使うもの……というのはよく知られていますが、実は歯磨きやうがい、洗顔といったボディケアにも活用できるのをご存知でしょうか? 未来型ナチュラル生活研究家の岩尾明子さんから重曹の活用術について教えていただきました。

歯磨きやうがい、洗顔に使う重曹の種類は?

重曹デビューしたくなる!掃除・料理に活躍する“重曹”の使い方・効果の基礎知識」でもお伝えしたとおり、重曹には薬用、食用、工業用の3つのグレードがあります。

口のなかに入れたり、肌に直接触れたりする用途では、薬用か食用を使いましょう。薬用はやや値段が高いので、安全性とお財布への優しさを両立するには食用がおすすめです。

重曹を使ったうがいの方法

重曹には汚れを中和したり、雑菌の繁殖を抑えたりする作用があるので、重曹水溶液(水100mlに重曹小さじ1が目安)を口に含んで、くちゅくちゅうがいを行うと、口臭予防効果が期待できます。

また、重曹水溶液でのガラガラうがいには、喉の奥のぬるつきが取れて、痰が切れやすくなるという効果も。

重曹を使ったうがいの注意点は? 危険性はないの?

重曹は、地球にも人体にも優しい天然素材だといわれます。とはいえ、うがい中にうっかり飲み込んでしまっても大丈夫なのでしょうか?

「重曹はもともと唾液の中にも含まれる成分ですので、毎日使い続けても問題はありませんし、万が一飲み込んでも無害です。ただ、重曹にはナトリウムが含まれますので、腎臓病などでナトリウム摂取制限を受けているかたは、医師に相談しましょう。

また、ガラガラうがいは、先にくちゅくちゅうがいをして、口の中の汚れをある程度、取り除いてから行うことをおすすめします」(以下、「」内は岩尾さん)

持病など特殊な事情があるケースを除いては、重曹うがいは毎日行っても安全とのこと。いつものうがいに重曹をプラスするだけのお手軽ケアなので、ぜひ試してみましょう。

重曹を使った歯磨きの方法

重曹を使った歯磨きの方法はとてもシンプル。歯磨き剤に重曹を少量振りかけて、いつも通り歯磨きするだけでOKです。口臭や歯の黄ばみを予防する効果が期待できます。目安は週に2~3回程度。

「歯磨きに重曹をプラスした際は、すすぎをしっかり行ってください。重曹の働きで汚れがよく落ちるので、クチュクチュうがいを5~10回は行って汚れを口の中に残さないようにしましょう」

口臭や歯の黄ばみを予防するには日々のケアが欠かせません。重曹を使ったうがいも歯磨きもとても簡単な方法なので、ぜひ口腔ケアに取り入れてみましょう。

重曹を使った洗顔の準備「重曹パッチテスト」

ナチュラル素材の重曹は、肌にも安心して使えます。とはいえ、体質によってはトラブルが全くないとは言い切れないので、使用にあたっては、必ずパッチテストを行いましょう。

重曹少々を同量の水でといて、二の腕の内側に塗り、そのまま一晩おきます。翌日何も変化がなければ、次項で紹介する重曹スクラブを顔や全身に使ってもOK。

他方で、赤くなったり、かゆみが出たりした場合は、すぐに洗い流して使用を中止しましょう。

重曹を使った洗顔方法

小鼻など汚れやすく、くすみが気になるパーツは、液体石けんに重曹と酢を加えたスクラブ洗顔料でケアしましょう。重曹にはスクラブ作用がありますが、酢を加えてフワフワのホイップ状にすることで、毛穴の奥に詰まった汚れを優しく落とすことができるんです。

(1)25mlの液体石けんに1/2カップの重曹を加えて混ぜる

(2)酢大さじ1を加え、泡立つクリーム状になるまで混ぜる

(3)気になる部分に泡をつけて優しくマッサージし、ぬるま湯で洗い流す

(4)収れん化粧水などで毛穴を引き締める

上記の洗顔方法において、何か注意すべき点はあるのでしょうか?

「スクラブ洗顔は、やりすぎると肌に負担がかかるおそれがあるので、週1~2回を目安に行いましょう。夏場など皮脂が気になる時期でも週2回で十分だと思います。

また、重曹を使った歯磨きと同様、しっかり洗い流すことが大切です。肌表面にざらざらが残らないように、ぬるま湯で完全にすすぎましょう」

なお、“重曹+酢”の掃除術では、酢のかわりにクエン酸を用いることもありますが、上記の洗顔においては、クエン酸よりも酢のほうが重曹との反応がよく、素早くフワフワの泡を作りやすいとのこと。

どうしても酢のにおいが苦手……という場合はクエン酸で代用するのもアリですが、洗顔を手早く行うには“重曹+酢”の組み合わせがおすすめです。ちなみに、酢は揮発性があって、洗顔後ににおいは残りませんのでご安心を!

 

掃除や料理といった家事だけでなく、口腔ケアやスキンケアにもぜひ重曹を活用していきましょう。

 

【監修】

岩尾明子・・・未来型ナチュラル生活研究家。博士(栄養学)。1998年に始まったインターネットサイト「地球に優しいお掃除」を運営する環境NGOクリーン・プラネット・プロジェクト代表。衣食住における楽で自然な最新の情報をテレビ、雑誌、ネットなど多方面で発信している。

 

【参考】

岩尾明子(2018)『重曹、お酢、クエン酸の使いこなしバイブル』(主婦の友社)

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載