子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

集めた枚数2000枚!「シール大臣」の本が、シール愛にあふれててスゴイ【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

こんにちは。1歳になる娘をもつライターMです! 文房具が大好きな私。インスタグラムで前からフォローしていた「シール大臣」さんが、これまでの知識を総動員した“シール本”がとにかく内容が濃くてスゴイ!というので、早速手に入れてみました。

おしゃれに見える「シールのデコ貼り」にはルールがあった!

子どもだけなく、大人もついつい夢中で集めてしまうシール。私も手帳やノートのみならず、いつも持ち歩いているパソコンに貼ることも(仕事中に眺めては、癒されています)。最近のシールは「あぁかわいい! 」と大人をも魅力するデザインが多いんです!

そんな私が手に入れたのが、付録で付いてるシールも魅力な本『大人かわいいシールのハンドブック』。

人気のシール解説やシール活用法、収納術などの情報を一冊にぎゅぎゅっと凝縮した一冊で、著者は自身のインスタグラムでシールのアレコレを発信し続けている「シール大臣」さん。

どこをとってもマニアックな内容ばかりなのですが、私がいちばん楽しみにしていたのは、シールの上手な使い方を紹介したページ。基本のデコレーションから、それを応用したアート作品まで、センスのない私でも基本ルールさえわかれば、誰でもおしゃれにシールデコレーションできるのだとか……。

シールの貼り方の基本を教えてくれてるのはこのページ。可愛く、センスよく見える貼り方には、法則があったんですね。

・主役がひとつなら、堂々と真ん中に貼る
・主役がふたつなら、対角線上に
・主役が3つ以上なら、ジグザク&バランスの取れた「多角形」を意識する

というのが基本の「型」だそう。
納得です!

 

この本にはみっちり埋まった可愛いシールのシートが挟み込まれています!

不器用な私も、さっそくデコ貼りにトライ!
使ったのは、この本の付録のシール。

本にあったルールの中の「主役がひとつ」の場合を参考に、まずは主役となるシールを真ん中に貼り、その周りに賑やかしとして小さいシールをペタペタ……。

あ、なんだかそれっぽい雰囲気が出てきた感じ。最後に真ん中にメッセージを書けば、おしゃれ可愛いカードの出来上がり!

これからのシーズン、クリスマスカードや年賀状など、シールデコレーションが活躍するシーンが多そうです。読んで楽しい、使って嬉しい1冊、手に入れてみてはいかがでしょうか。

【参考】

大人かわいいシールのハンドブック (小学館)

1,540 円(税込)


ライターM

1歳の娘をもつ、ファッション・カルチャーを主に担当するライター。アパレル勤務から「どうしてもファッション雑誌が作りたい!」とライター業に転職。ノートや手帳を書いたり集めるのが好きで、特に『ロルバーン』は、ご当地ものやイベント限定ものなどを集めるほどハマっています。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。