子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

食欲をそそる「サバ缶」レシピ!暑い日に食べたい夏メニューを聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

手軽に魚を摂るのであれば缶詰がオススメです。調理の手間が少なくて済み、簡単に一品欲しいときにも重宝します。なかでもサバ缶は今や家庭の定番品。そんなサバ缶を使って、夏に食べたいサバ缶レシピを作ってみませんか?
今回『kufura』では339名の女性を対象に、夏に美味しいサバ缶を使った料理を伺いました。食卓に出したくなるサバ缶レシピを早速見ていきましょう!

暑い日に食べたいのはやっぱり「カレー」

「サバカレー。私は味噌煮派です。コクも出ますし、夏野菜と合わせて食べるのがマストです」(28歳/営業・販売)

「サバカレー。水煮缶。トマトをたっぷり加えて、夏らしいカレーにしています」(47歳/事務職)

「サバカレー。市販のルウで作ったカレーに、水煮のさば缶の水をよく切ってそのまま入れて食べる。カレーの辛さとサバが良くあって夏でも食が進みます」(52歳/主婦)

「さばカレーは、簡単にサバ缶を利用して作ったら美味しかったです。サバからコクがでて良い味でした」(54歳/主婦)

「サバカレー。コクがあるけど魚なのでさっぱり食べられて夏にぴったりのカレーで美味しい」(38歳/その他)

サバ缶と聞いて、カレーを連想する人は少なくないのでは? 今やサバカレーは、家庭の味として広く親しまれています。さっぱりした味わいは、暑い夏にぴったりです。もっと手軽に楽しむのであれば、レトルトカレーに入れるという方法も。

「レトルトのカレーに入れてサバカレー」(43歳/事務職)

サバカレーになじみが無いという方は、まずはレトルトのもので試してみるといいかもしれません。

kufuraで以前ご紹介した、料理研究家・松田美智子さんの「厚揚げとサバ缶のカレー煮」も絶品です!

夏は冷製がおすすめ「パスタ」

「サバの水煮を使ったペペロンチーノ。通常のペペロンチーノのソースに、サバ缶を混ぜるだけ。サバの食感やうま味などが、案外パスタとも合います」(28歳/その他)

「サバ缶を使った冷製パスタ。食欲がなくてもさっぱり食べられるし、簡単だから」(38歳/主婦)

「サバ缶パスタ。ゆでたパスタをサバ缶とマヨネーズで和えるだけです。水煮でもみそ味でもどちらでも美味しいですよ」(52歳/主婦)

「さば缶(水煮缶)でトマトパスタ。トマトで爽やかなパスタになる」(55歳/主婦)

サバ缶と和えるだけで、美味しいサバパスタの出来上がり。和風にも洋風にもなるので、その時の気分で楽しめるのも魅力です。冷製パスタにすれば、夏らしさ満載。さっぱりとした味わいで食が進みます。

キンキンに冷やして食べたい「冷や汁」

「冷や汁。味噌煮でも水煮でも、どちらでも。きゅうりとか、みょうがとか、わかめとか、色々なものを入れて、キンキンに冷やすと美味しい」(61歳/総務・人事・事務)

「水煮のサバ缶とみょうがやしそで冷や汁にするとおいしい」(45歳/主婦)

「鯖缶で冷や汁。簡単に作れるし、栄養もしっかり摂れるから、夏バテぎみのときによく食べます」(47歳/主婦)

「サバの水煮缶で冷や汁。魚を焼く手間がないし、薬味に茗荷を入れると何でも美味しい」(46歳/主婦)

郷土料理として各地で食べられている冷や汁は、暑い今の時期ならでは。そこにサバ缶を入れることで、旨味と栄養価をアップさせることができます。食欲がないときや、お酒のおつまみとして、大いに役立ってくれることでしょう。 

和えるだけの簡単レシピ「玉ねぎあえ」

「サバ缶に酢玉ねぎを添えて、一緒に食べると食べやすい」(75歳/主婦)

「鯖の水煮とたまねぎのサラダ。玉ねぎのスライスと鯖の水煮を和えて好みのドレッシングで和えるだけ。さっぱりしていて美味しいです」(41歳/その他)

「サバ缶水煮にスライスたまねぎをのせ、麺つゆとマヨネーズをかける。暑い日でも食べやすい」(48歳/研究・開発)

「水煮の鯖缶にスライスした玉ねぎをのせ、ドレッシングをかける」(68歳/主婦)

鯖の水煮にスライスした玉ねぎがあれば、暑い夏にぴったりの副菜が一品できあがり。ご飯にのせたり、玉ねぎはスライス以外にもみじん切りにしてみたり、自分なりにアレンジしてみても良さそうです。

「鯖缶丼。鯖をマヨネーズと玉ねぎであえてご飯に載せて食べる。ご飯が進みます!」(42歳/自由業)

「さば缶(水煮)と、みじん切りした玉ねぎに、少しだけ唐辛子を振り掛けて、マヨネーズを掛けてそのまま食べる」(25歳/主婦)

食べ方や味付けに変化をつけて、さまざまなバリエーションで楽しんでみてはいかがでしょうか?

栄養バランスもバッチリ「炊き込みご飯」

「以前、さば缶(水煮)の炊き込みご飯を醤油味で作ったら、子供達が沢山食べてくれました」(39歳/主婦)

「鯖缶のたきこみごはん。ごはんをたくときにいれるだけ!」(34歳/総務・人事・事務)

「ごはんを炊く時に、鯖の味噌煮の缶詰を入れて炊くと簡単に鯖ごはんができます」(28歳/主婦)

子ども人気が高いのが炊き込みご飯です。普段魚を食べない子どもでも、ご飯と一緒に炊き込んでしまえば食べてくれるかも? 夏バテしやすいこの時期には、食材を増やして栄養豊富にしてたくさん食べてもらいましょう。

あっさりした味わいがクセになる「味噌汁」

「さば缶(水煮缶)の味噌汁。ダシが効いて美味しくいただけます。臭みが気になるんでしたらネギを大量に入れしょうが(チューブのやつ)を入れると臭みが消えます」(32歳/デザイン関係)

「さば缶(水煮缶)とネギいっぱいの味噌汁はあら汁のようでおいしいです」(70歳/主婦)

「サバの味噌汁。水煮。みそ汁の具がない時、入れるとおいしい。あっさりしています」(19歳/学生・フリーター)

「鯖缶の味噌汁。出汁がしっかり出て美味しい」(30歳/弁護士)

サバ缶を使った味噌汁は、出汁がでて旨味がある一方であっさりしていると好評です。そこに生姜が入ると臭み消しになるうえ、さらにさっぱりして夏らしい味わいに。また素麺を加えるという意見も。

「鯖缶を味噌汁に入れてそこに素麺も入れる」(40歳/主婦)

今回のアンケートでは素麺の麺つゆに入れて、素麺の漬け汁として一緒に食べるという回答も多くあがりました。味噌汁もいいですが、シンプルに麺つゆに入れるのも美味しそうです!

好きな野菜と和えてサラダに…その他の回答

「サバサラダ。キャベツを千切りし、サバ缶をかける。汁も全部かけると、意外とおいしいです」(59歳/主婦)

「水煮缶。サラダに入れたりします。ツナと同じ感覚でグリーンサラダにプラスしたりします。マヨ系のドレッシングと相性良し」(45歳/専業主婦・主夫)

「レタスでくるんで鯖サラダ」(47歳/総務・人事・事務)

「サバ缶サラダ。みそ煮鯖缶ときゅうりの塩もみ、トマトの串切りを一皿に美しく盛り合わせる。マヨネーズ、コショウ、醤油少しでいただく。マヨネーズがみそ味とあう。あれば、大葉の細切りをトッピングするとなお美しい。簡単!」(69歳/その他)

シンプルにサラダにして食べる人が多数。冷蔵庫にある余り物野菜で作ることができるので、あと一品欲しいときにも重宝します。火を使わないのも嬉しいですよね。

 

家族の健康を守る魚料理は、定期的に食卓に並べておきたいもの。サバ缶でできる簡単レシピを覚えておけば、その日の献立に悩むことが減るかもしれません。

美味しいサバ缶レシピで、健康的な夏を送りましょう!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集