子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

Soup Stock Tokyoと考えるフードロス対策。冷凍スープのアウトレット販売がスタート!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

Soup Stock Tokyoは、9月20日より賞味期限が近くなった冷凍スープのアウトレット販売を開始します。生産者をはじめ、スープづくりに携わるたくさんの人の手間暇を無駄にしないために。フードロスを減らすための取り組みとして、これからも不定期で行われる予定です。

サステナビリティへの関心が高まる今、廃棄される食品をできるだけなくし、最後までおいしく食べることは大切な第一歩。企業の様々な活動に関心が集まっています。

Soup Stock Tokyoのフードロスへの取り組み

近年、ヨーロッパの国々では廃棄食品への対策が進んでいます。スーパーでの食料廃棄を禁止する法律がある国や、食べきれない料理を他の人とシェアするフードシェアリングの運動が盛り上がる国も。

Soup Stock Tokyoでも、たくさんの素材を大切に使いながら、できるだけ余りが出ないよう計画してスープを作っています。それでもどうしても出てしまうのが売れ残り。

そこで、数年前より賞味期限が近付いてきた商品を不定期でアウトレットセットとして販売しています。9月20日からも、賞味期限が1カ月以上ある15食分のスープのセットを、商品の原材料や輸送費など最低限の料金で販売します。

 

フードロスは、持続可能な社会のために、みんなが取り組んでいかなければいけない課題のひとつ。おいしいスープを食べながら、身近な環境問題について考えるきっかけにしてみるのはいかがですか?

【販売概要】

・販売店舗: Soup Stock Tokyo 公式オンラインショップ
https://ec.soup-stock-tokyo.com/store/info/page/outlet

・販売開始:2021年9月20日(月)10時

・販売価格:15スープセット 6,750円(税込・送料込)

※アウトレットセットのため、スープの種類は選べません

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集