子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ドラえもんの限定グッズも!開館10周年の原画展でこんな「かわいい!」を見つけました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

2021年9月3日に開館10周年を迎える『川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム』では、現在、10周年記念原画展が催されています。kufura編集部が訪れてみると……、スタッフ全員が「かわいい!」「楽しい!」を連発! 原画展だけでなく、この機会に新しく登場した新商品や常設展も含めて、編集部イチオシの見どころをお届けします。

ここでしか見られないマンガの原画や未発表作が!

館内の展示室Ⅱでは、1950年代から1990年代までの発表年代別に主な作品の原画が紹介されているだけでなく、テーマ展示コーナーも。

なんと、3カ月ごとに展示内容は入れ替わり、1年間(4期)で合計約680枚の原画が展示されます。その半数以上が館内初展示のうえ、展示ケース内では初期の未発表原画の一部も初公開されています。

展示室Ⅱのエントランス。よく見るといろいろなキャラクターが見えてきます!
展示室内は藤子・F・不二雄先生の描いた原画がズラリ。

『ドラえもん』はもちろん、藤子・F・不二雄先生が生涯を通して描いた児童漫画やイラストなど、そのこまやかな筆致は見ていて飽きません。時間があれば、ずっと見ていたいほどでした。

いまやデジタルで絵を描ける時代に、ひとコマひとコマが丁寧に描かれている原画は、子どもの頃にコミックなどで楽しんだ親世代だけでなく、子どもも楽しめるはず!

アニメでも漫画でも親しんだ人が多い『パーマン』や『オバケのQ太郎』、もちろん『ドラえもん』の原画も見ることができます。

「大長編ドラえもん」シリーズの中での、迫力ある見開きページの原画も特集コーナーが設けられていて、ドラえもんやのび太たちがたどり着いた世界をダイナミックな原画で見ることもできますよ。画像では伝えきれない原画の魅力は、ぜひ生で感じていただきたい……!

ミュージアムカフェの新メニューはとにかくかわいい

グラスと比較してみてください。この大きさ、伝わるでしょうか…!

原画をたっぷり楽しめるだけでなく、3Fにある「ミュージアムカフェ」では、見た目もお腹も楽しめるメニューがたくさん! しかも、今回の企画に合わせた新メニューが登場しています。

こちらは「ドラえもんじゃカレー」(2,450円・税込)。なんとドラえもんのスリーサイズや頭の周囲と同じ、円周129.3cm!と、かなりの大皿で運ばれてきます。

2〜3人前のボリュームなので、ドラえもんの大きさを想像しながらシェアすると楽しいですね!

デザートにも新メニューが。こちらは「ドラえもんぶらん」(1,200円・税込)。立体的なドラえもんのチョコレートモンブランです。

他にも、柄が選べる「ラテアートドリンク」(各580円〜・税込)や「コロ助冷やしうどん(いなり付き)」(880円・税込)なども新メニューとして登場しています。どのメニューも、作品のキャラクターやエピソードにちなんだものばかり! メニューブックを見ているだけでワクワクします。

1 2
pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集