子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

もう失敗しない!「玉結び&玉留めのやり方」家事のプロ・ベアーズ流お裁縫lesson

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子供の頃、誰もが家庭科の授業で学んだ「お裁縫」。とはいえ、いざ実際にやってみると、覚えているようで実は自信のない人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は「お裁縫の基本」について、家事研究家の高橋ゆきさんでもおなじみ、家事代行サービス・株式会社ベアーズに教えてもらいました。子供の学校生活や家族の身支度に必要なものを中心にこれからご紹介していきます。

まず始めは、実は失敗しがちな「玉結び」の方法など、お裁縫の基礎を伝授。動画で分かりやすく確認できるので、早速チェックしてみましょう!

テク1:失敗しない! 「玉結び」の方法

縫う時の基本として、縫い始める前に必ず行わなければいけない玉結び。糸の端を指先に巻きつけ、こすり合わせて作る、いつもの玉結びの方法だと、端がダマになって失敗してしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回教えてもらったのは針に巻きつける方法。これなら失敗せずに、上手に玉結びができるんです!

(1)片手で針を持ち、もう片方の手で長い方の糸の端を持つ。

(2)反時計回りに糸を回して、針の手前(上)に糸を置いて、指で押さえる。

(3)針に糸を2回巻く。

(4)巻いた部分を指で押さえながら、針を引き抜く。

(5)キレイな玉結びが完成!

この方法だと、糸の端がダマになったり、こんがらがったりせずに、キレイな玉結びを作ることができます。一度覚えてしまえば簡単なので、ぜひ試してみてくださいね!

テク2:しっかり留まる「玉留め」の方法

次は、縫い終わった時の後始末、玉留めの方法をおさらいしておきましょう。

(1)縫い終わったら、玉留めする位置に針を置く。

(2)糸を針に2回巻きつける。

(3)親指で針と糸を押さえながら、針を抜く。

(4)簡単に玉留めが完成!

玉留めをする時は、布上のギリギリの所で糸を留められるように、針と糸が動かないようしっかり押さえて、針を引き抜くのがポイント。これで、きちんと後始末できます。

テク3:巻きグセのついた糸をまっすぐに!

糸巻きから糸を外すと、糸にガタガタと折りグセがついてしまっていること、多いですよね。このままだと縫いにくいですが、簡単にまっすぐにする方法がありました。

(1)糸の両端を指に巻きつけて引っ張る。

(2)親指で糸を強く2〜3回弾く。

(3)糸がピンとまっすぐに!

ギターなど楽器の弦を弾くようなイメージで、しっかり張った糸を強く親指で弾くと、「ピン!」と簡単にまっすぐに直すことができます。糸を通す前に、ぜひ試してみてくださいね。

「玉結び」と「玉留め」はお裁縫の基本なので、始めにマスターしておくことが大切です。特に、玉結びは失敗しがちなので、今回紹介した方法を覚えておけば、ストレスなくお裁縫を楽しむことができますよ。

次回からは、縫い方のコツをいろいろとご紹介していきます!

【取材協力】

株式会社ベアーズ

 

取材・文/岸綾香

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。