kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

アイロンのかけ方「ワイシャツ」編!家事のプロ・ベアーズ流Lesson

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

普段なんとなく独自の方法で行っているアイロンがけ。でも、「はたしてこれで正しいの?」と、不安に思ったことがある方も多いはず!

そこで今回は、家事研究家の高橋ゆきさんでもおなじみ、家事代行サービス・株式会社ベアーズに、ワイシャツのアイロンのかけ方を教えてもらいました。

なんと年間40万件を超えるサービスを行うベアーズのアイロンがけは、全て今回ご紹介する方式とのこと。家事を知り尽くしたベアーズレディさんのテクニックで、夫のワイシャツを自宅でパリッとさせちゃいましょう!

手アイロンで整えるのがポイント!

アイロンには、①しわを伸ばす、②シルエットを整える、③風合いを戻すという3つの役割があります。アイロンをかける時のポイントは、ムダに往復せずに1回で決めること。

そのためには、いきなりアイロンをかけるのではなく、まずは手でしわを伸ばして整えてから、アイロンをかけると失敗しません。反対側をピンと引っ張りながら、アイロン全体に体重をのせるようにして、しわをキレイに伸ばしていきましょう。

アイロン台は立って使えるものがおすすめ。体重をしっかりかけながらプレスできるので、美しく仕上げることができますよ。

1:肩・襟のかけ方

(1)Yシャツのヨークの下(背中の中央より少し上の部分)をつまみ、肩を上にしてアイロン台に乗せる。

(2)襟を立てて、肩のラインのしわを手アイロンでしっかり伸ばす。

(3)襟を持ちながら、アイロンをかける。

(4)襟を広げて置き、両側から中央に向かってアイロンをかける。裏側も同様にかける。

※襟は生地が重なっているため、両側からゆっくりかけると生地が寄らずにキレイに仕上がります。カフスやポケットも同様です。

2:袖のかけ方

(5)カフスが開いている方を上に向けてアイロン台に置く。

(6)袖のしわを手アイロンでしっかり伸ばす。

(7)袖の縫い目に沿ってアイロンをかける。

(8)アイロンを横にスライドさせながらしわを伸ばす。

(9)指で袖のタックを広げ、その部分に向かってアイロンをかける。

(10)袖に合わせて肩を手で整えてから、アイロンをかける。

3:カフスのかけ方

(11)カフスの両側から中央に向かってアイロンをかける。裏側も同様にかける。

(12)カフスを2つ折りにし、縫い目をたぐって袖の形を整える。この時、袖の中央に線ができるので、その両幅を同じくらいにする。

(13)整えた方を下にして、アイロン台に置く。

(14)タックを手アイロンで整える。

(15)アイロンを袖に向かって縦に置き、しっかりプレスする。

4:身ごろのかけ方

(16)左前身ごろをアイロン台にかけ、手アイロンで整える。

(17)反対側をしっかり引っ張りながらアイロンをかける。

(18)ポケットは外から中央に向かってかける。

(19)右前身ごろも同様にアイロンをかける。

(20)後ろ身ごろにアイロンをかける。

できあがり!

この方法ならYシャツのしわをムラなくしっかり伸ばすことができ、パリッと気持ちよく仕上がります。初めはちょっと難しいかもしれませんが、一度身につければ簡単。動画を見ながら、ぜひマスターしてくださいね!

 

【取材協力】

株式会社ベアーズ

 

取材・文/岸綾香

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載
人気の記事