kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

おもてなしにもピッタリ!「リンゴのリーフカット」リンゴの飾り切り

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

いつものフルーツが、ちょっとの手間で可愛く華やかに変身! 今回チャレンジするのは「リンゴのリーフカット」です。

リンゴのリーフカット

(1)リンゴを1/4にする

皮つきのまま、リンゴを1/4の大きさにします。

(2)芯の部分を取る

芯の部分と種を取り除きます。

(3)リンゴの上下に、割り箸を平行に置く

皮のほうを上にしてリンゴを置き、リンゴの上下に、割り箸を平行に置きます。

(4)割り箸に沿うように、横から包丁を入れていく

割り箸の高さのぶん、まな板から包丁を浮かせて、横から包丁を入れていきます。

(5)90度倒して上から包丁を入れ、少し切り残す

半分ほど切ったら、90度倒して上から包丁を入れます。このとき、割り箸を置いたまま包丁を入れ、芯側を少しだけ切り残しておきます。

(6)リンゴを90度倒して、同じように横から包丁を入れていく

90度倒してまた横から包丁を入れます。半分ほど入れたら90度倒して上から切り込みを入れ、(5)で入れた切り込みと繋げます。

(7)実を切り離す

切り込みを繋げると、薄く切った外側のリンゴと、ひとまわり小さくなったリンゴに分かれます。

(8)同じ手順で繰り返す

(4)~(7)の手順を繰り返して、リンゴをどんどん小さくしていきます。

(9)少しずつずらして重ねる

切ったリンゴを少しずつずらして重ねていきます。

そのまま出すのはもちろん、ヨーグルトなどに添えても華やかですよ。

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事