子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

電子レンジは重曹&スチームのW使いで!【ナチュラル洗剤で簡単「小そうじ」テクニック】#2

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

毎日少しずつ溜まっていく、ホコリや油汚れ。小まめに掃除しておけば……!と、年末の大掃除のたびに後悔している人も多いかもしれません。そこで、ナチュラルクリーニング講師の本橋ひろえさんに、毎日、週に1回など、その場所に適したサイクルでの「小そうじ」術を教えてもらいました。
あれこれ市販の洗剤をそろえなくても、重曹やクエン酸など基本のナチュラル洗剤があれば家の中の汚れはきちんとキレイになるんです! これを機に、毎日気持ちの良いおうちで過ごす生活を手に入れてみませんか? 今回は、電子レンジの掃除について教えてもらいました。

電子レンジのベタベタ汚れやニオイが気になるときは?

null

おかずを温めた際にちょっと汁がこぼれたり、オーブン機能を使った際にそれが焦げついたりと、電子レンジの中って意外と汚れています。また、レンジのドアを開けた瞬間、ニオイが気になることも。すっきりキレイになりますか?

「大丈夫! 蒸気の力を上手に使うと、汚れやニオイまで簡単に落とすことができますよ。週に1回続ければ、いつでも気持ちよくレンジを使うことができます」と本橋さん(以下、「」内 本橋さん)。

重曹水の蒸気で汚れをゆるめる&落とす!

重曹水の蒸気で汚れをゆるめる&落とす!

用意するのは、重曹と天然素材のふきんだけ。

「高熱になるので、綿や麻などの天然素材のふきんが適しています。マイクロファイバーなどの化学繊維でできたふきんは熱に弱いので、使わないように気を付けましょう」

給湯器からのお湯200ml(1カップ)に重曹小さじ1/2を入れます。そこにふきんを浸し、ぎゅっと絞れば準備完了。

重曹は100均でも売っているはちみつなどを入れる容器に入れておくと、さっと振り出して使えて便利ですよ。

しっかり絞ったふきんを軽くたたんで電子レンジへ。

そのままドアを閉めて、500Wで1分30秒、600Wで1分程度加熱します。「ふきんに含まれる水分が加熱されて蒸発し、レンジの庫内に充満すればOKです」

この蒸気が汚れをゆるめて落としやすくしてくれるんですね! 加熱が終わったら、庫内が冷めるまで5分ほどドアを開けずに放置します。

5分経ったら、このふきんを使って庫内全面を拭き掃除すれば完了。わ、するする落ちる~!

ぐるりと周囲の壁を拭いただけでこんなに汚れがとれました。気になっていたニオイもすっきり。

汚れが付いたままオーブンを使うと、焦げついて落としにくくなってしまいます。小まめに掃除することが大切ですね。

食品を扱う場所ですから、強い洗剤などを使用せずに重曹だけでキレイにできれば安心です。アブラ汚れに強い重曹の性質と、しつこい汚れをゆるめる蒸気のパワーを活用すると、ただ拭くだけではなかなか落ちない汚れもさっぱり落ちるのですごく気持ちいい!

手間なくキレイになるので、ちょっと汚れが気になったときに気軽に取り組めそうですね。

次回は、ガンコなコゲが育つと厄介だからこそ、ちょこちょこキレイを目指したい「五徳」をお掃除します!

 

構成/kufura編集部

プロフィール

本橋 ひろえ
本橋 ひろえ

ナチュラルクリーニング講師。大学では化学を専攻、会社員時代には合成洗剤の製造を経験。結婚を機に退職し、専業主婦として家事を担当するが、子どもが産まれ、自身と同じアトピー体質であったことから、改めて主婦として洗剤に興味を持つ。

掃除、洗濯、洗剤を科学的に解説するナチュラルクリーニング講座を運営、環境&手肌に優しく、安心安全な方法を伝える活動に取り組む。

『ナチュラルおそうじ大全』、『やることの「見える化」で掃除を劇的にラクにする方法』(ともに主婦の友社)など著書多数。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集