kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

磨くだけでピカピカ!「三つ編みストッキング」家事研究家・高橋ゆきの魔法のお掃除道具DIY

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

毎日の家事が楽しくラクになる魔法のテクを、家事研究家・株式会社ベアーズ 高橋ゆきさんがご紹介。キッチンの蛇口の仕上げ磨きに大活躍する「三つ編みストッキング」を作ってみましょう。

三つ編みストッキングの作り方

<材料>

  • ストッキング
  • セロハンテープ

ストッキングは伝線して、履けなくなったものを使って。柔らかくなったものほど編みやすいですよ。

 

手順

(1)ストッキングを半分に折り、結び目を作る。

(2)結び目をセロハンテープで固定する。

(3)ゆるく三つ編みにする。

(4)最後にまた結び目を作る。

セロハンテープで留める代わりに、反対側の端を誰かに持ってもらっても作りやすい。きつく編むと伸縮性が失われてしまうので、ゆったりとゆるめに編むのがポイント!

 

使い方

ストッキングの静電気を利用した便利なお掃除道具で、静電気がほこりを吸着し、キッチンやバスルームの蛇口など、本来輝くべき場所をピカピカに磨き上げてくれます。

ぞうきんは拭くと繊維が残ってしまいますが、ストッキングは残らず、繊維が細かくて柔らかいので、ゴシゴシ磨いても傷つきにくい。さらに、キレイに磨き上げておくと表面がツルツルなので、次の汚れがつきにくいんですよ。

ただし、水気が残っていると逆効果。乾拭きをして水気がなくなってから三つ編みストッキングで仕上げ磨きをしてください。

 

ぜひ、家中ピカピカにしてみてくださいね!

 

構成/kufura編集部 イラスト/井澤由花子

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事