kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

端が美味しい!『舞妓さんちのまかないさん』のチョコブラウニー作りかた

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

もうすぐバレンタインデー。今年作るものは決めましたか? kufuraでは簡単で美味しいチョコブラウニーをご紹介します! 今回ご紹介するのは、漫画『舞妓さんちのまかないさん』(小学館)でまかないさんとして働くキヨちゃんのレシピを作者の小山先生に特別に教えていただきました!

端が美味しいチョコブラウニーのレシピ

今回ご紹介するチョコブラウニーは、4巻41話「みんなのチョコ」に収録されているチョコブラウニーのレシピ。

小山先生によると、急遽思いついてブラウニーを作ったキヨちゃんは、クッキングシートを用意できず、直接型に生地を流し込んだとのこと。

でも、直接焼いて型に残った部分も「ちょっとこげたりしていて、決してベストな味ではないのですが、きれいに切りわけたものよりも、この時台所の流しの前でつまんだ時が一番おいしかった……という時がわりとあります」とご紹介されていました。

【材料】

(18cmの角型1台分)

バター(食塩不使用)…120g

ココアパウダー(無糖)…60g

ビタースイートチョコレート…30g

グラニュー糖…180g

バニラエッセンス…小さじ1/2

卵…2個

薄力粉…80g

塩…小さじ1/8

 

【つくりかた】

(1)ボウルにバターとチョコレートを入れ、湯せんにかけてしばらくおく

(2)ほぼ溶けてきたら、バターとチョコレートが完全に溶けるまで混ぜる

(3)グラニュー糖の半量を入れて練るように混ぜて湯煎から下ろす

(4)バニラエッセンスを入れて混ぜる

(5)別のボウルに卵を割り入れ、泡立て器でほぐし、グラニュー糖の半分を混ぜてなじませる。

(6)(3)のチョコレート生地に半分だけ入れ、ゴムベラで切るように混ぜる。

(7)(6)で半分残した卵を電動泡だて器でもったりするまで泡立てる
このときリボン状になるまで泡立てるのがポイント!

(8)(6)のチョコレート生地に泡立てた卵液を加え、ゴムベラでムラがなくなるまで切るように混ぜる

(9)ふるった小麦粉・ココアパウダー・塩を生地に入え、切るように混ぜる

(10) 型の中央に一気に流し込む。底をトントンと軽く打ち付け生地に入っている空気を抜く

(11)180℃のオーブンで18~20分焼く。
竹串を刺してみて、四隅から生地がついてこなければOK。中心だと少し生地がついてくる位が目安

(12)粗熱が取れるまで型ごと冷ます

『舞妓さんちのまかないさん』ためし読みはこちらから

ここは京都のど真ん中にある花街。舞妓さんたちが深夜、お仕事を終えたあと帰ってきて、共同生活を送っているのは、「屋形」と呼ばれるおうちです。

とある屋形で「まかないさん」として舞妓さんたちに毎日の食事を作っているのは、なんと弱冠16歳の少女・キヨ。

彼女がまかないさんになったのには、ある意外な理由があって――。

華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれます。

1話ためし読みする

【参考】

小山愛子(2017)『舞妓さんちのまかないさん』(小学館)

サンデーうぇぶり作品ページ

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事