子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ごま油×みそで「きゅうり」を漬けたら…濃厚コク旨だった!【ちょこっと漬け♯78】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

料理研究家の沼津りえさんが、手軽に漬ける「ちょこっと漬け」を、動画で楽しく紹介する連載企画。

今回は、旬の時期に向かってだんだんと価格も手頃になってきた「きゅうり」を、手軽にごま油とみそで漬けてみました。Wのコクでクセになるおいしさですよ!

すりごま入りで、さらにコクと香りがアップして濃厚に! 

今回は、人気のごま油漬けにみそを掛け合わせた新バージョンを沼津さんが考案!

「ごま油とみそのWの旨味で、より濃厚で複雑な味わいを楽しめます。さらにすりごまを入れることで香ばしい香りが加わり、すりごまに味が染みてきゅうりによ〜く絡んでおいしいですよ!」(以下「」内、沼津さん)

【材料】(作りやすい分量)

きゅうり・・・2本

塩・・・小さじ1/4

みそ・・・大さじ1

すりごま・・・大さじ2

ごま油・・・大さじ1/2

【作り方】

(1)きゅうりを切る

きゅうりは両端を切り落としてから半分に切ります。さらに縦半分に切ってから、5mm幅くらいの斜め薄切りにします。

「この切り方はきゅうりがコロコロ転がらず、安定して切りやすいんです。早く切りたい時は、この切り方がおすすめですよ」

(2)塩を振る

きゅうりをザルに入れ、塩を振ります。

「塩を振って先に水分を出しておくと、水っぽくならず、短時間で味がよく染みます。このひと手間で味が薄まらないので、濃厚な味に仕上がるんです」

(3)味付けする

ペーパーで余分な水分を拭きながら、ポリ袋にきゅうりを入れます。絞るときゅうりが折れてしまうので、上から押さえて水気を拭いてください。

みそ、すりごま、ごま油を入れ、全体が絡むよう、よくなじませます。

「みそとごま油は相性抜群! さらにすりごまで香りをプラス。きゅうりが折れないように優しくなじませてくださいね」

全体がなじんだら空気を抜き、ポリ袋の口を結び、冷蔵室で30分以上置きましょう。

(4)できあがり!

冷蔵室で30分以上置いたら、完成です。保存期間は冷蔵で2〜3日が目安。

食べるとごま油とみそが絡んで、複雑な旨味が! 塩で味付けするのとは、ひと味違ったおいしさです。そしていい仕事をしているのがすりごま。旨味の利いた汁気をたっぷり吸ったシミシミのすりごまが、きゅうりにしっかり絡んでより濃厚なコクを生み出しています。

「だんだん暑くなってきたので、冷奴にたっぷりのせたり、そうめんにかけて冷汁のようにして食べてもおいしいですよ」

ごま油×みその新感覚のごま油漬け。いつものきゅうりの食べ方に飽きたら、ぜひ試してみてください。

次回は、ヤミツキ必至のきゅうりのピリ辛漬けを紹介します。

 

取材・文/岸綾香

【取材協力】

沼津りえ

料理研究家、管理栄養士、調理師。料理教室『cook会』主宰。バラエティー豊かなレッスン内容が好評で、東京・阿佐ヶ谷を中心に数多くの料理教室を開催。毎年、梅漬けの教室はリピーターが多く大人気に。手軽でシンプルなアイディア溢れるレシピに定評があり、雑誌などのメディアでも活躍。著書に『いろんな味で少しだけつくる ちょこっとだけ漬けもの』(学研プラス刊)、『低糖質だからおいしい!「おやつ&スイーツ」』(K&M企画室)、『野菜丸ごと冷凍レシピ』(主婦の友社)など多数。HPはこちら。Instagram@rienumadu

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。