子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

玉村麻衣子の「失敗しない!自然なアイラインの描き方」

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

目元の印象をキリっと引き締めてくれるアイライン。さりげなく、でも効果的に入れられたら、と思うけどなかなか難易度も高いですよね。今回は美眉アドバイザー・玉村麻衣子が「失敗しない」アイラインの描き方をお教えします。一度マスターすれば、毎朝のメイクがグッとラクになりますよ。

<用意するもの>

<アイライナー>

リキッドライナー(写真の2)

ケイト スーパーシャープライナーEX BX-1

ジェルライナー(写真の4)

メイベリンラスティングジェルライナー エクストラスリム

 

アイライナーは、リキッドタイプでも、ジェルライナー(ペンシル)タイプでも、基本は同じ描き方です。

それぞれの特徴はリキッドライナーの方が、よりキリッと締まった目元に、ジェルライナーだとナチュラルに仕上がります。

アイライン成功の秘訣は「まつげをしっかり上げておく」こと

アイラインを引く前に大切なのが、ビューラーでしっかりまつげを上げておくこと。こうしておくことで、まつげの根元がわかりやすくなり、断然ラインが描きやすくなります。

リキッドライナー派の描き方

アイラインはまつげの下からと上から、2回描く

アイライナーを自然に仕上げるコツは、まつげの下からと上から、まつげを挟むように2本のラインで仕上げること。スーっと1本のラインで描こうするのは、誰だって難しい。ライナーの筆先を少しずつ動かして、細くて短いラインを繋げていくようなイメージで。

まずは、まつげの下から、毛と毛の間を埋めていく

まずはまつげの下から描きます。まつげとまつげの隙間を埋めるように、ライナーの筆先をチョコチョコと細く動かしながら描いていく。このとき、目頭ギリギリから描かず、5ミリくらい開けておくことで、目元に抜けが生まれてより自然な印象に。一気にラインを描こうとせず、少しずつ短いラインを繋げていくイメージで。

まつげの上から描くときは「肘を固定」して!

アイラインを引くときは、机に肘を置くなど「肘を固定して」描くと、驚くほど安定して描きやすくなります。太さが安定しなかったり、目尻が上手く処理できないなど、アイラインの失敗が断然減るので、ぜひ試してみてください。

まつげの上のラインは「ペタペタ」とスタンプを押すように

次にまつげの上から描いていく。このときは、ライナーの筆を寝かせ、ペタペタとスタンプを押すようなイメージで。下から描いた時と同じく目頭は5ミリくらいあけ、ペタペタと筆を軽く押し当てながら描いていく。目尻まできたら無理に跳ね上げたりせず、床と平行になるようスーッと自然に抜いていく。

ジェル(ペンシル)ライナー派の描き方

リキッドライナーは失敗すると取り返しがつかない気がして、ちょっとハードルが高いし、ラインの印象が強すぎるという人は、芯が繰り出し式のジェルライナーがオススメです。

ジェルライナーも、まずはまつげの「下」から描く

ビューラーでしっかり上げたまつげの根元に、ジェルライナーで少しずつラインを描いていく。目頭は5ミリくらい開け、まつげとまつげの間を埋めるようにライナーを少しずつ動かして。

次に、まつげの上から描いていく

描く方の目を軽く閉じ、まつげの根元に上からラインを描いていく。これも一気に描こうとせず、少しずつ短い線を繋げていくイメージで。目尻はハネ上げず、床と並行に自然にスーッと細くなるように。

アイシャドウに使った「締め色」でボカして、より自然に!

アイシャドウの一番濃い「締め色」を使ったチップで、色を足さずにライナーの上から優しくなぞると、アイメイク全体に統一感がでて、よりナチュラルな仕上がりに。ラインが目立ち過ぎるのはちょっと……という人はぜひやって欲しい簡単テクニック。

とても自然、でも描かないのとは大違いのナチュラルラインが完成です。

いかがでしたか? 1度マスターすれば一生もののテクニック。ビューラーでしっかりまつげをあげるところから、ぜひ1度挑戦してみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事