子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

2時間後も飲み物あったか!「HARIO」のフタ付き保温マグ【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

冬のデスクワークには、温かい飲み物が欠かせません。ずっとお気に入りの陶器製のマグを使っていたのですが、あっという間に冷えてしまうんですよね……。そこで、保温マグを買うことに。いろいろ探して、『HARIO』の「フタ付き保温マグ」をお迎えしました。

飲み切るまであったかキープ!フタの使い勝手も◎

null

まずネットで「保温マグ」を検索してみると、キッチンウェアブランドからアウトドアメーカーまで様々なものが出てきました。

  • 容量は250ml以上
  • フタ付きであること(保温力UP&ホコリ除けに)
  • ただし、飲む時に都度フタを取り外さないタイプのもの(単に面倒だから…笑)
  • アウトドアギアっぽくないデザインのもの

という条件で絞り込んでいき、最終的に上品でシンプルな見た目の『HARIO』のものを購入(Amazonで1,300円・税込)。カラーは写真のグレーのほか、ブラックもありますよ。

本体、フタともに食洗機の使用は不可です。
飲み口はスライド式で開閉。

本体は丈夫で軽いステンレス製。真空断熱構造で、手に持っても熱さを感じません。しかも軽い!

容量はたっぷり目の300mlとあったので、早速入れてみると、おおよそ8分目とフタに液体が付かない量でした。300ml入れても、本体が軽いからか飲みにくさはとくに感じません。

なによりいちばんナイスだと思ったのが、フタの飲み口がスライド式なこと。保温性が高まるだけでなく、実際使っていて、片手&ワンアクションで開閉できるっていい!とその使いやすさを実感しています。

フタは本体にぐっと押し込んで取り付ける仕様なのですが、飲み口の反対側にツマミがついているので、フタを外すのも楽ちんです。

真横から見たフタ。薄くて飲みやすい。
パッケージより。1時間後でも冷めにくい!

ちょっと気になっていたのが“飲みやすさ”です。フタ付きを条件にしておきながらも、フタ(とくに飲み口の部分)に厚みがあったら飲みにくそうだな……と思っていました。しかし、『HARIO』のフタは薄く、そんな心配は杞憂でした。

肝心の保温力は文句なしです!

これまで愛用していた陶器製のマグだと、1時間ももたなかったあったかさが、保温マグだと2時間経ってもあったか! 1時間後はまだ湯気がのぼるくらい、2時間後だと湯気は出ないけれど温かいな、と感じられるくらいの温度感でした。

だいたいマグ1杯に入れた飲み物は2時間以内に飲み切ってしまうので、個人的には十分です。

パッケージに記載のグラフによると、1時間後の保温力はガラスマグの倍近く。“温かい飲み物が冷めにくい”って、今も、そしてこれからの季節も助かります。もっと早く買えばよかった!(笑)。

最近、『西友』でリピ買いした飲み物は…

null

左:ふんわり香る キャラメルラテ 右:福岡県産ストロベリー&ルイボスティー

普段はお茶や白湯が多いのですが、たまにコーヒーやフレーバーティーも飲んでいます。

最近リピ買いしたのが、『西友』のPB商品のこの2つ。

「ふんわり香る キャラメルラテ」(8本入/182円・税込)は、カラメライズドシュガー入り。こってりとした甘さよりも、キャラメルの香ばしさが感じられる1杯で、仕事の合間に飲んでいます。

もう1つは、「福岡県産ストロベリー&ルイボスティー」(ティーバッグ8袋入/300円・税込)は、ルイボスティーをベースに、福岡県産の乾燥イチゴを加えたフレーバーティーです。

袋を開けた途端にイチゴの甘い香りがふわり。ルイボスティーが苦手な人でも飲みやすく感じるかもしれません。ノンカフェインのこちらは、寝る前のひとときにいただいています。

 

ホットドリンクが欠かせない季節。温かさを長持ちさせてくれるお気に入りのマグで、冬のデスクワークも乗り切りたいと思います!

 

※価格は店舗によって異なります。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

プロフィール

編集部・モグ
編集部・モグ

自他ともに認めるのんびり屋。食べることは大好きだけれど作るのはちょっと苦手。上達するよう、そしてレパートリーが増やせるよう目下勉強中です。趣味はドライブ、美術館巡り、文楽鑑賞。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集