子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【ダイソー】の隠れた名品!「ふわっとバターナイフ」なら固いバターが簡単に塗れて便利

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

時間のない朝ごはん。トースト派の方は、トーストにバターを塗る際に、冷蔵庫から出したバターが固くてうまく塗れないことってありませんか? そんな時に活躍してくれるアイテムが、きめ細かな穴の開いたバターナイフ。ちょっとお値段がするものと思いきや、なんと100円均一『DAISO(ダイソー)』にあるではないですか! 早速その使い勝手をレポートしていきます。

秘密は穴のある刃!筋状に削り取るからバターがフワフワ

一般的なバターナイフだと切り落とすしかなく塊になりがち

朝食のトーストに塗るバター。一般的なバターナイフだと切り落とすしかなく、冷蔵庫から出したばかりの固いままだと塊になりがちですよね。

筆者はいつもバターをうまく塗れず、塊をパンにのせてかじりついていました(笑)

ふわっとバターナイフ/ダイソー 220円 (税込)JANコード:4994163285953
秘密は丸く開いた22個の穴!

しかし『ダイソー』の「ふわっとバターナイフ」は、冷えて固くなったバターでも、ふわっとした溶けやすい状態に削れるアイテム。

その秘密は、おろし金のように丸く開いた22個の穴! これでバターの上をなぞると、みるみるうちに穴からバターが出てくる仕組み。細い筋状にバターを削り取っているんです。これがもうフワフワ!

こちら、100円ではなく220円(税込)商品なのですが、それもそのはずのメイドインジャパン製品。しかも世界に誇る金属加工のまち・新潟県燕市でつくられています。

洋食器の生産で世界的なシェアを誇り、国内生産シェアの90%以上を占める世界に誇る職人のまち・燕による「匠の技」シリーズのアイテムです。

ふわふわのバターだからサッと溶けてムラになりにくい

固いバターを塊のまま食べていた筆者は、フワフワした状態のバターだと、サッと溶けてムラになりにくいことに驚きました。室温に戻して塗る手間が省けるので、朝の時短にはもってこいです。

テーブルにつかない細かな気づかいはお値段以上

ダイソーのものづくりへのこだわりを感じる

実際に使ってみてさらに驚いたことがひとつ。なんとテーブルに直接置いてもバターの刃がテーブルにつかないから汚れないんです。ダイソーのものづくりへのこだわりを感じた瞬間でした。220円とは思えない気づかいです。

大満足だけど…「ふわっとバターナイフ」の気になる所

上からなでるようにバターを取るのでバターケースが必要かも
バターの幅にあわせた大きめの刃渡り
220円だから仕方ない。つなぎ目が気になるところ

お値段以上の価値を感じる『ダイソー』の「ふわっとバターナイフ」ですが、しいてデメリットを挙げるとするなら3つあります。

1つ目は上からなでるようにバターを削り取るので、バターケースが必要かも……というところ。お使いのバターにもよると思うのですが、横から垂直に取る通常のバターナイフとは異なるため、ケースがあると便利です。

2つ目は大きさ。バターの幅にあわせた刃渡り、かつ削り取るよう使うため、持ち手もちょっと長め。

いままで筆者の家で使っていたバターナイフは、デザートカトラリーほどの大きさだったため、ディナーナイフくらいの大きさに感じました。手に持ってみるとやはりちょっと大きめ。ただ、使用感は特に不自由さを感じませんでした。

3つ目はパーツのつなぎ目がやや気になるといったところ。もちろん技術にお金がかかるわけですから、継ぎ目のないバターナイフはお値段がします。220円だからこの加工なのだと思えば納得。価格を抑えるところは抑える、ダイソーの企業努力が伺えます。

「ふわっとバターナイフ」の売り場は?

「ふわっとバターナイフ」の売り場は、カトラリーコーナーにありました。

お買い物の際は、事前に電話で在庫状況を問い合わせておくのがおすすめです。その際JANコードを伝えるとやりとりがスムーズですよ。

JANコード:4994163285953

 

今年50周年を迎えた「ダイソー」だからできるものづくり

今年で50周年を迎える『ダイソー』。特設サイトではブランドの歴史や、商品開発担当のインタビューなど読み応え満載です。

海外から安く買い付けているイメージがあったのですが、今回の「ふわっとバターナイフ」で、メイドインジャパンのものづくりにも挑戦していることを知り、より一層ダイソーの商品に愛着を持ちました。ダイソーは身近な存在ですが、まだまだ知らないことが多いものですね!

 

こだわりの逸品をトーストのお供に。ぜひ「ふわっとバターナイフ」を使ってみてください。

プロフィール

緑川緒井
緑川緒井

「やさしいくらし」をモットーにライフスタイル関連の執筆撮影などを行なっています。kufuraではファッション記事を担当。好きなことはお散歩とヨガです。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集