子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「イッタラの21cmボウル」の万能さに拍手!カレーにもラーメンにも【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

在宅勤務によるひとりランチ、そして子どもが成長して食べる量が増えた我が家で、使用頻度が急上昇したお皿が、「イッタラ」のボウル(21cm)。このお皿、炒め物からカレー、そしてラーメンまで、盛り付けるとちゃんと“サマ”になって、料理を美味しそうに彩ってくれるのです。

普段使い、だけど、食事の気分をほんのり上げてくれるお皿

サイズは直径21cm×高さ5.5cm。カラーはパールグレー。きっちりスタッキングできるのも◎

北欧食器の代表的なブランド『イッタラ』の「ティーマ」は、洗練されたデザインはもちろん、オーブン使用・電子レンジ・食洗機も使用OKと、機能性や耐久性にも優れた定番のライン。

1952年の発売以来、シンプルで機能的なデザインが愛され続けています。

ティーマには、マグやサイズ違いのプレートやボウルがあり、そして(これまたティーマの魅力である)カラーもビビッドなものからスモーキーな色までさまざま!

わが家にも何種類かのティーマがあるのですが、とにかく今、ダントツに便利なのが「ティーマ ボウル 21cm」です。

わが家で8年ほど愛用していたのが「セラドングリーン」という色なのですが、こちらは残念ながらすでに廃盤……。小さめの15cmのボウルをよく使っていた子どもたちも成長したので、21cmを追加で欲しくなり、このたび似た色合いの「パールグレー」を新調しました。

深さと大きさのバランスが絶妙!カレー皿にもラーメンどんぶりの代わりにも

こちらは手前がセラドングリーンの21cmボウル、奥がホワイトの15cmボウルです。

あんかけ焼きそばを盛り付けても、カレーを盛り付けても、余白がいい感じに食事を引き立ててくれる(気がします)。

最初に21cmボウルを買う時に、口コミで「ラーメンもいける!」と書いてあったのを見て、ほんとに?と疑わしく思っていたのですが(だって、一見無理そうじゃないですか?)、バッチリいけます。袋麺1人前がちょうどよく盛り付けられます。

しかも、なんだかいつもよりオシャレに見える。深さと大きさのバランスが絶妙なんだと思います。

ほら、ラーメンも余裕(袋麺1人前)!
カレーも!(これはスパイス「羊名人」を紹介したときの記事のために撮影したもの)
ひとりランチはもっぱら「家にある野菜をのせた麺」。

日常使いのお皿としてガシガシ洗って、重ねて収納して置けるのも嬉しい。安定感がある(でも重すぎない)ので、小学生の子どもも使いやすいようです。

1枚3,300円(税込)ではありますが、8年ほど使ってまだまだ活躍中ですし、長く使っていけるアイテムです。新色が出るたびに話題になるティーマ、新しいお皿との出合いを求めている方に、ぜひおすすめしたい名品です。


編集部・加藤友佳子

仕事と育児(小学生男女・ほぼワンオペ)の健やかな両立を夢見るkufura副編集長。新聞記者、雑誌編集を経てkufuraの立ち上げへ。料理は好きだが、その他の家事は苦手。毎日の生活を、少しだけ気楽にしてくれるコト・モノを探し続ける日々。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集