子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

レトロ萌え!お茶時間に「アデリアレトロ」の「ボンボン入れ」が大活躍【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

創業200年を迎えたガラス製品の超老舗「石塚硝子株式会社」が、1961年に誕生させた食器ブランド「アデリア」。60~70年代、一般家庭で人気を極めたこの「アデリア」のデザインをそのままに、しかし品質と安全性は現代のクオリティに合わせてリメイクしたのが「アデリアレトロ」。今や食器だけではなく、文具やキッチン用品、お洋服にまでなっている「アデリアレトロ」ですが、私のお気に入りは「ボンボン入れ」。使い方次第で食卓が楽しくなるんです!

サイズは大サイズの“680“がお気に入り

「アデリアレトロ」ボンボン入れ680(左から「花の輪」、「おとぎ話」、「ズーメイト」)各1,650円

“ボンボン”とはひと口サイズのチョコレートやキャンディのこと。昭和の家庭では、ガラスの卓上保存用器のことを“ボンボン入れ”といい、使われてきたといいます。「アデリアレトロ」の「ボンボン入れ」のサイズは2種類。小タイプの360と、大タイプの680があり、私の推しは断然680! たっぷり入るサイズ感がいいんですよね!

そして、この「ボンボン入れ」に今年9~10月、新たな柄が仲間入り。それが「花の輪」、「おとぎ話」、「ズーメイト」なんです。「花の輪」は1976年、「おとぎ話」1971年、「ズーメイト」は「花の輪」と同じく1976年に誕生した柄なんです。

グラス代わりに!

この「ボンボン入れ」、お菓子類などの保存に使うと思うのですが、私はグラスとして使用。うちは家族全員、水分をよくとるタイプなため、普通のグラスでは小さすぎて、いつも注いでいないといけないのが面倒で……。

そこで、焼肉屋さんの“ジョッキドリンク”をオマージュ! 「アデリアレトロ」の「ボンボン入れ」をグラス代わりに使ってみました。容量は680ml入るし、見た目もジョッキより数百倍かわいい(笑)! しかもふたをしてサーブするとなんだかスペシャル感が増しますよね。飲まない間はホコリ除けにもなります。

もちろん飲むときはふたをはずして。でもこのひと手間がまたいいんです! こうやってドリンクを出す喫茶店があってもいいなぁなんて思いながら、いつも飲んでいます。

おやつタイムのスナック入れとして……

そしておやつタイムには、スナック入れとして使用。ポップコーンなどのスナック菓子を入れています。平皿と合わせ使いすると、高低差が出ておしゃれに見えるところも気に入っています。

 

本来、保存容器である「ボンボン入れ」ですが、それではもったいない! かわいいからこそ毎日使いたいので、私は食器代わりに使っています。モノって、本来の用途じゃない使い方をすると目先が変わり、ちょっとワクワクしますよね!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集