子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

一本の口福!セブンイレブンの「黒糖わらび」「安納芋羊羹」のレベルがすごい【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

基本的に辛党でお酒好きのワタシは、自分から甘いモノを買うことってあんまりないんです。でも、コレだけは別。リモートワークのお愉しみとして冷蔵庫に常備しています。

黒蜜好き、黒糖好きにはベストな味!

それほど甘いものを欲さない中で、黒糖はかなり好きなほう。わらび餅に黒蜜タラ〜とか惹かれちゃいます。で、セブンイレブンで見つけたのがコレ。

セブンプレミアムの「黒糖わらび」(105円・税込)です。コレ、このお値段とは思えない(失礼!)上質な黒糖の甘みと、プルルン触感がやみつきになる美味しさ。気になって調べてみたら、沖縄産黒糖を使ってるということ、納得です。

お店では常温で置いてある商品ですが、私は冷蔵庫で冷やして食べるのが好き。濃〜く入れたブラックコーヒーとこの甘味のセットでひと息つくのが、私のリモートワークでの幸せな時間です。

そして最近売り場に加わったのが「安納芋羊羹」(127円・税込)。試しにひとつと試してみたところ、まるでスイートポテトのようにネットリとしていて「安納芋そのもの」のような自然な甘み。これも美味しい!

原材料は砂糖、さつまいもペースト、寒天のみ、というシンプルさで、羊羹っぽさはあまりありません。これはホットミルク、もしくは、ほうじ茶を合わせてというのが、今のところの私の選択です。

もちろん、どちらもハイカロリーかつ糖分もしっかりなのでダイエッターには不向きです(笑)。でもね、いいんです! 疲れたときのこういうお気に入りが、毎日の労働を助けてくれるもの。

ちなみに常温保存できるし、それなりに日持ちもする(9月中旬に購入した「黒糖わらび」の賞味期限は2022年の8月でした)ので、非常用持ち出し袋のポケットにひとつ入れておいてもいいかな、と思いました。わかりやすく元気が出ますから!


編集長・佐藤明美

趣味は料理、スポーツ観戦と旅に出ること。食いしん坊。美容やファッション担当として20年ほど女性誌を編集、2018年からkufura編集長に。J-WAVEのラジオ、朝の帯番組「KURASEEDS<クラシーズ>)月〜木 朝5〜6時」でも、ナビゲーターとして、毎朝“暮らしの情報”をお届け中!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集