子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

洗剤不要!水で落ちる「マイクロファイバーグローブ」はキレイになってる実感が違う!【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

掃除が苦手です(あ、ちなみに片付けも)。なので、なんとか「自分が続けられる方法を」と思い、これまでさまざまなグッズを導入してきたわけですが、コレなら続けられる!と思ったのが、北欧発のマイクロファイバークロス。洗面所で、リビングで、と大活躍中!

洗剤いらずだから、経済的だし、エコ。何より手間がいらない!

マイクロファイバークロス、ご存知の人も多いかもしれませんが改めて。洗剤いらず、水で湿らせただけで汚れや菌を落とせる、という優秀素材です。

マイクロファイバークロスも今や、ちょっと高価なもの(コレとか!)から、かなりリーズナブルなものまで、幅広く発売されていますが、私が愛用してるのはスウェーデン生まれ「MQ・Duotex」のニットクロス。これは、それなりに高価(1,430円)なだけのことはある!

油ハネのある料理中や料理後のキッチン台、シンク周りの水の飛び散りや、水アカ予防に、と毎日使わない日はありませんが、本当に洗剤いらずで、スッキリ。

MQ・Duotex ニットクロス(1,430円)

ここのニットクロス。なんと髪の毛の1/120の極細繊維で作られているのがキモ。いわゆる、コットンやリネンの布巾とは、そこが全く違うんですよね。この極細繊維が、例えばキッチンの作業台などの凹凸にまで入り込み、目には見えない汚れまで、キレイに掻き取ってくれるという仕組み。

メーカーサイトによると 大腸菌100%、黄色ブドウ球菌99.5%、花粉も97.7%取り除く、とあります。もともとが、洗剤を使えない病院や幼稚園などで使われて、あっというまに広がった、というものなので、その使いやすさ、安全性がわかるというもの。

汚れ落とし&磨きあげ両用の、手袋タイプが便利!

昨年、家時間の増加とともに、MQニットクロスを購入、1年使い倒して、その良さは十分実感していたので、このたび新しくこの手袋タイプ(MQ・Duotex マルチグローブ 1,650円)を導入してみました。

こちら、ニット面の裏は、テックス面という、磨きあげに適した素材になっています。これが蛇口やドアノブなど、ピカッとさせたい部分に最適!ニット面で汚れをとったあと、これで乾拭きをすると、気持ちいいくらいピッカピカに。

水滴をなくす「磨きあげ」という作業。どうにも面倒、と思ってこれまでは省いてきたのですが、このミトンにしてから、その作業が簡単かつ、楽しいんです!

蛇口や取手がピッカピカになると「はー、掃除したもんね!」と、妙に満足感を得られるんです。

洗面所の蛇口を磨くのもカンタン。ピッカピカになるのが気持ちいい!

リビングの拭き掃除にも!

水回りはもちろん、リビングでも使えます!一番ラクになったのが、ブラインド掃除。ここをミトンをはめた手でスーっとなぞっていくだけで、ホコリがスッキリ取れていきます。

 

水だけで汚れが落ちる、なら。

奥に写っているスプレー容器に水を入れ、リビングのサッシやTV台などをシュシュっと軽く濡らしながら拭いて回ると、部屋中スッキリ!

そもそも、汚れや菌を水だけでキレイに拭き取れるのなら、それは安全で健康的で、経済的ですよね。もちろん環境にも人にも優しい。ちなみにこのニットクロス、500回洗濯保証の耐久性もあるから、結果、倹約にもなると思うのです。

もっと安価で、似たような効果を謳うモノもあるけれど、長い目で、総合的な目でみて、どちらを選ぶべきなのか……。

これからの暮らしは、そういう視点をもちながらモノ選びをしていきたいなあ、と思う最近なのでした。


編集長・佐藤明美

趣味は料理、スポーツ観戦と旅に出ること。食いしん坊。美容やファッション担当として20年ほど女性誌を編集、2018年からkufura編集長に。J-WAVEのラジオ、朝の帯番組「KURASEEDS<クラシーズ>)月〜木 朝5〜6時」でも、ナビゲーターとして、毎朝“暮らしの情報”をお届け中!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集