子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

期待して買ったものの…去年買って失敗した暑さ対策グッズランキング

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

心頭滅却すれば火もまた涼し……といいますが、この夏の暑さたるや、精神論だけではとても乗り切れません。日中の外出時や寝苦しい熱帯夜などは、少しでも暑さを軽減できるように何かと工夫したいところです。
とはいえ、評判のいいグッズを実際に試してみたところ、意外と効果がなくてガッカリという経験はないでしょうか。『kufura』では、20代~50代の女性401人を対象に“去年買って失敗した暑さ対策グッズ”をテーマにアンケート調査を実施しました。そのグッズのどこが残念だったのか、みなさんのコメントをチェックしていきましょう。

第5位:冷却スプレー…12票

「冷却スプレー。それほど冷たさが持続しないので、持ち歩かなくなった。外出先で欲しくなることもあるが、なくてもいいかなと思う」(39歳/総務・人事・事務)

「冷却スプレー。冷たいのは一瞬だけで使ったあと更に暑くなった」(27歳/主婦)

冷却スプレーに対しては、「冷却効果が長続きしない」という声も。『kufura』が行った「昨年買ってよかった暑さ対策グッズ」のアンケート調査では、逆に「意外とひんやりが続いてよかった」という意見もありましたが、商品によって持続性への過度の期待は禁物といえそうです。

第4位:冷却シート…15票

「冷感ジェルシート。冷たいのは最初だけで、あとは体温でぬるくなって気持ち悪かった」(54歳/主婦)

「冷却シート。意外に冷たさが続かない」(29歳/金融関係)

冷却シートに対しても、冷却スプレーと同様、持続時間に対する不満の声が……。

ただ、考えようによっては、肌に直接貼る冷却シートの場合、あまり効果が長続きしすぎると、かえって体によくないような気もします。冷却シートはあくまで一時的に冷やすもの、という位置づけにするのがよいかもしれません。

第3位:冷感シーツ等の寝具…42票

「冷感シーツ。寝返りをうった瞬間は冷たく感じるけど、長時間同じ体勢で寝ていると普通のシーツと変わらない」(43歳/その他)

「ひんやりを謳っているシーツ。思ったほどひんやりしなかったし、これまで使っていた麻の方が断然涼しいと感じました」(56歳/主婦)

「ベッドに敷くひんやり敷きパッド。まったくひんやりしない。反対に体熱がこもって暑い」(49歳/医師)

ひんやり系寝具に対して多かったのは、「気持ちいいのは最初だけでだんだん暑くなる」といった声。

筆者宅でも一時期、冷感シーツを使っていましたが、筆者は朝までスヤスヤだったのに対し、夫は「暑い暑い」とかなり寝苦しかったようです。感じ方は個人差が大きいかもしれません。

第2位:冷感タオル等の首を冷やすグッズ…45票

「濡らして使うタオル。濡らした直後は良いが結局、直ぐに乾いてひんやり感が持続しない」(37歳/その他)

「水に濡らして首に巻く商品。すぐに体温で温もってしまって ムシムシ感がまして余計に暑くて気分が悪くなった」(55歳/主婦)

「冷感タオル。しっかり絞ったのにもかかわらず服が濡れてしまい、余計に汗をかいている人みたいな感じになりました。今年は、別のメーカーから出ている冷感タオルを試してみます」(39歳/総務・人事・事務)

水で濡らして使うタイプの冷感タオルへの感想は主に次の2点。“すぐに乾いたりぬるくなったりする”という持続性の問題、そして“濡れている感じが不快”という使用感の問題です。

これまでに上がった冷却スプレーや冷却シートにもいえることですが、炎天下の外出では基本的にひんやり効果の長時間に渡る持続は望めないのかもしれませんね。

また、使用感については、商品ごとの相性もあるようです。毎年、新しい商品が発売されており、値段も手ごろですので、1つの商品が合わないだけで諦めるのではなく、別の商品を試してみる余地はありそうな気がします。

第1位:ミニ扇風機・・・78票

「電池式のハンディ扇風機は重かったのでUSB充電タイプのほうが良かった」(40歳/営業・販売)

「ハンディファン。1シーズンで壊れた。コンパクトで軽いのはいいけど耐久性に問題があるかもしれない」(48歳/その他)

「首掛け扇風機。マスクをしていると下から風が来ても感じない」(34歳/主婦)

「電池式のハンディファン。風も弱いしすぐ電池が切れる」(56歳/主婦)

「首にかける扇風機。風が弱くて全く涼しくなかった。特に野外では、全く役に立たなかった」(49歳/主婦)

今や夏の風物詩的な存在となりつつあるミニ扇風機がワースト1位。ちなみに、“去年買ってよかった暑さ対策グッズ”アンケートでも1位を獲得しており、賛否両論だということがうかがえます。よく使うシーンや商品によって差が大きくでそうです。

その他、こんな暑さ対策グッズで後悔…

「冷感マスク。肌に当たる感触が良くなく、息苦しかったので」(52歳/主婦)

「涼しい素材の下着。普通のと変わらないと思った」(54歳/主婦)

「冷風扇 扇風機と大して変わらなかった。もっと高い冷風扇にするか、扇風機にすれば良かった」(51歳/総務・人事・事務)

「冷却汗ふきシート。割高なのにそこまで冷却効果を感じなかった」(21歳/総務・人事・事務)

「冷感ボディージェル。ぬった場所がほてっている気がして冷たく感じなかった」(33歳/主婦)

「冷感クッション。冷房の効いた部屋でなければ冷たく感じない」(50歳/金融関係)

「猫用の冷却シート。猫に不評だった」(49歳/その他)

画期的な暑さ対策グッズがどんどん開発されているのはありがたいことですが、効果のほどは実際に使ってみないとわかりません。なかなか難しいところですよね。

 

どんな商品も一長一短があるもの。みなさんのコメントをご参考に、どの商品にどんな難点があるのかをしっかり押さえたうえで、夏を乗り切るべく便利なグッズをうまく活用していきましょう。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集