子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

あると便利な「洗濯アイテム」編集部員のおすすめ4選!洗濯時のプチストレス解消に

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア『kufura』では、編集部メンバーが“これはイイ!”と思ったお気に入りのアイテムをご紹介する【本日のお気に入り】を連載しています。

その中から今回は、「洗濯アイテム」をピックアップ! 気の利いたハンガーや、洗い終わった洗濯物の仕分けに便利なカゴなど、かゆいところに手が届くアイテム揃いです。

1:セリアの「伸びる速乾ハンガー」が今どきビッグシルエットにイイ!(税込110円/1本)

ここのところ人気のゆったりとしたシルエットのトップス。大人だけではなく、小学校高学年の娘の洋服にもその流行が押し寄せてきました。いつものハンガーだとどうしても乾きにくいので、伸縮するハンガーが欲しいなと思っていたところ、セリアで便利&見た目もスッキリとしたこちらの商品を見つけました。

ダボッとしたシルエットの洋服を干すとき、どうしてもわきの下のあたりに布が溜まってしまい、そこだけ生乾きになったりしませんか?

我が娘は、ちょっとした生乾きのニオイにも敏感なので(私:「このくらい大丈夫だって!」、娘「ムリ。着たくない!」の争いが起こりがち……)、干し方に工夫が必要でした。

上:アーム幅を最大まで広げた状態。ふつうのハンガーより脇の重なりが減って乾きやすい! ちなみに娘の150cmサイズのトレーナーです。 下:この部分を持って、スライドさせていきます。カチカチカチと7~8段階で調整できます。

でも、セリアで見つけたこの『速乾ランドリーハンガー』は、アームが40~57㎝まで調整できるので、いつもは40㎝そのままの幅で使って、ビッグシルエットの洋服の時にはアームを伸ばして使えるんです。

最大の幅にしても、多少は脇に重なりが出ていますが、それでもふつうのハンガーを使うよりかなり乾きやすくなります。

調整の仕方も簡単。滑り止めのギザギザのとこを持ってスライドさせるだけです。洋服に入れたあとに、その洋服の肩幅に合わせてスライドさせることができますよ。

その他に、掛ける部分は固定ではなく回転したり、色味も白×ライトグレーが爽やかなのが◎。試しに2本買ったのですが、また買い足そうと思っています。

編集部・加藤友佳子

2: 洗濯物がパサッと一気に外せる!ダイソーの「ピンチハンガー」(税込110円)

収納時にコンパクトで、靴下やマスクなどの小物を場所を取らずにたくさん干せる便利な洗濯干しを探したところ、ダイソーで「洗濯物が一度に外せるピンチハンガー」(110円・税込)に出合いました。

両サイドから挟むように押すだけで、全ての洗濯物が一気に外せる優れもの!

上:普通のハンガーと同じスペースでOKなのに、ピンチが10個ついていてたくさん干せます。 下:両サイドからピンチを押すだけで一気に洗濯物が取れる!

10個のピンチが付いていてたくさん干せるけれども、普通のハンガーと同じスペースしか取らないのが嬉しいポイントです。

そして、両サイドからピンチを押せば、ピンチが一気に開くので、洗濯物を同時にパサッと落とせます。これは便利! 気持ちいい!

ピンチは、はさむ面が平らになっているので、洗濯物に跡が残りにくいのも嬉しいです。

小物干しをお探しの方は、ぜひ試してみてくださいね!

編集部・エリー

3: キャンドゥの「靴下洗濯ばさみ」で靴下片っぽ迷子を回避!(税込110円)

「あれっ、この靴下の片っぽどこいった!?」「靴下がたくさんあってペアがすぐ見つからない」……地味にストレスな洗濯シーンのあるあるを、キャンドゥの「靴下洗濯ばさみ」(税込み110円)が解決してくれました!

猫モチーフがキュートな「靴下洗濯ばさみ」は、靴下の洗いから干すまでをペアのままできる専用の洗濯ばさみです(白黒各2つの計4個入り)。

上:ヒゲ部分をギュッと押すとピンチが開きます。 下:ピンチに挟んだペアの靴下がそのまま干せます。

使い方はとっても簡単。猫の耳部分にあるロックを外してからヒゲ部分をギュッと押して、開いたところに靴下の履き口を挟むだけ。ロックをかければ、ちょっと引っ張ったくらいでは外れなくなりました。

1足は洗濯ネットに入れて、1足はそのまま洗濯槽に入れて標準コースで洗ってみました。

凹凸のあるデザインなので、ネットが破れてしまわないか心配でしたが……ネットも無事&靴下も外れてない! 洗濯槽にダイレクトに入れた方も、しっかりペアのまま取り出せました。

洗濯後は、そのまま洗濯ハンガーのピンチで挟んで干せるので、「片っぽどこ~」と探す手間が省けてスッキリ! 1足分がワンアクションで干せて時短にもなりますね。ただし、乾燥機には使用できないそうなのでご注意を。

家族が多いとそれだけ靴下の数も増えますし、同じ色のものが何足もある日は見分けがつかなくてイライラしたり(笑)。ちょっとしたひと手間ですが、“靴下片っぽ迷子”の地味ストレスを解消してみませんか?

編集部・モグ

4:洗濯物の仕分けに便利!折りたためる「メッシュカゴ」(税込2,280円/1個)

我が家では、洗濯→干して取り込むまでは基本的に私。たたむのは各自で……という役割分担になっています。取り込んだあとに洗濯物を分けておくかごが場所を取って仕方なかったので、折りたためるものを探した結果見つけたのは、スタイリッシュなメッシュタイプ! 収納などにも便利に使えそうです。

これまで、各自の洗濯物の仕分けにはニトリで購入した洗濯かごを使用していて、使わない時は洗濯機の上に置くというスタイルにしていました。でも、かなり場所を取るのがネック……。

折りたためるものも検索すればたくさん出てきますが、大きすぎたり、たたんでも厚みがあったりして、そんなに大げさなものが欲しいわけじゃないんだけどなあという感じでした。

上:広げたりたたんだりがとっても手軽! 下:たたんだ状態で2つ重ねた時の厚さは4cm。洗濯機横の隙間にスッキリ収納できました。

そんなときに発見したのが、こちらのカゴです。しなやかなEVA素材で、軽い! 税込で各2,280円と少しお高めでしたが、この薄さとサイズ感が、イメージしていたものにぴったりだったので、即決。

底部分が折り紙のように折りたたまれていて、広げたりたたんだりがとっても手軽です。作りは結構しっかりしているので、たくさん洗濯物を入れても問題なし。

たたんだ状態で2つ重ねても厚さが約4cmしかないので、洗濯機横の隙間にスッと収まります。並べて置いてもすっきり。

子どものおもちゃ入れなど、収納にも便利に使えそうですね。車のトランクに置いておくのもいいかもしれません。

編集部・マコ

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集