子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【キッチングッズ5選】買って!使って!本当によかった「編集部員のお気に入り」を動画で紹介

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

編集部メンバーが、“これはイイ!”と思ったアイテムや食べ物を、平日毎日ご紹介している人気連載【本日のお気に入り】。

今回は、メンバーが自宅で愛用する厳選アイテムを実際に持ち寄ってみました。第3回は、
これは使い勝手がいい!という「キッチングッズ5選」。実際に買って、使ってみたからこそお伝えたいオススメポイントを、編集部メンバーが動画で詳しくご紹介します!

Item 1:煮る、揚げる、炒める…ToMay dolceの「マルチポット」にすべてお任せ!

<編集長のオススメ!>

インスタなどでもかなり話題になっていた「マルチポット」。これが買って大正解!だったんです。単にお湯を沸かすのはもちろん、注ぎ口がついているので、汁物は直接器に注ぐことができるのがとっても便利。また、12cmという深さのおかげで、炒め物や揚げ物をしても驚くほど油ハネがないのです!

フッ素加工なので焦げ付きづらく、お手入れもラク。IHコンロでも使えますよ。我が家では、もう手放せない相棒となっています!

価格:Mサイズ 3,300円(税込・ネット通販で購入)

Item 2:大さじも量れる!KEYUCAの「monolim計量カップ」が使いやすい

<編集部・アベのオススメ!>

KEYUCAの「monolim計量カップ」は、計量カップでありながら、大さじも量ることができる優れもの! 大さじ13までの目盛りがついているので、計量スプーンのように何度も量る手間がかかりません。また、持ち手がなく四角い形なのが、洗いやすさ&収納のしやすさという点でも◎。上部の四隅は斜めにカットされどこからでも注ぎやすくなっているのは、さすが、KEYUCAです。

食洗機対応可なのはもちろん、電子レンジもOK! みりんを煮切る作業などもこれで簡単にできるようになりました。機能性たっぷりのアイテムです。

価格:429円(税込)

Item 3:SARAYAの「ヤシノミ洗剤 プレミアムパワー」は詰め替えがラクで見た目も良し!

<編集長のオススメ!>

食器用洗剤って、パッケージがカラフルでキッチンがごちゃついて見えがち……。かといって、おしゃれボトルに詰め替えるのもちょっと手間ですよね。そんな時にみつけたアイテムです。なんといっても詰め替えがとーっても簡単! ホルダーの背面を外して新しいパックをセットするだけ。見た目もシンプルで使いやすいため、愛用しています。

洗剤としてもとっても優秀! 洗浄成分の濃度が、レギュラータイプは16%なのに対して、こちらは26%にアップ。油汚れもキュキュときれいに落ちます。ヤシの実由来なので、手肌にも環境にも優しいんですよ。

価格:240ml 768円/付替用 383円(税込)

Item 4:指先感覚で使える!レイエの「ゆびさきトング」

<編集部・アベのオススメ!>

スライス肉やハムを1枚ずつはがしたいのに、箸だと破れたりつかめなかったり……そんなちょいストレスを解消してくれたのが、レイエの「ゆびさきトング」です。その名の通り指先感覚で使えるので、菜箸では難儀するものもラクにつかむことができます。

また、にんにくを切る時にこれで押さえておけば、にんにくがずれることもなくニオイも手につきません! もちろん、お料理の取り分けにも使えます。トングの先が調理台や食卓につかない曲線的な形状なので衛生的。あらゆる場面で重宝するトングです。

価格:1,430円(税込)

Item 5:食卓&キッチンで大活躍!プチプラな仙武堂の「焼肉トング」

<副編集長のオススメ!>

焼き立てのパンをトースターから出す、湯煎したものを鍋から取り出す……。そんな、菜箸だと心もとないシーンで使えるトングを探していて見つけたのがこちら。場所をとらないシンプルでスリムな形状、全ステンレスで食洗機もバッチリと、まさに求めていたトング!  中サイズ(24cm)は前述のシーンや、魚焼きグリル内のものを出すときなども便利。

同時に購入した小サイズ(15cm)は、意外にもとりわけ用に使い勝手がよく、子どももトングの方が使いやすいよう。1本あると大活躍してくれるキッチンアイテムですよ。

価格:24cm(中)600円ほど・15cm(小)300円ほどで購入

毎日たくさんの使ってよかったをお伝えしている「本日のお気に入り」もぜひチェックしてみてくださいね。

 

価格は購入当時のものです。サイトによって価格が変わる場合があります。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集