子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「浮かせる収納」がきれいキープの第一歩に!編集部員のおすすめアイテム7選

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア『kufura』では、編集部メンバーが“これはイイ!”と思ったお気に入りのアイテムをご紹介する【本日のお気に入り】を連載しています。

今回は、「浮かせる収納」に注目。清潔さを保ちたい水回りで活躍するアイテムや、床置きしているモノが楽に動かせるグッズを紹介していきます。モノを移動する煩わしさが軽減されれば、お掃除のハードルもぐっと下がるはず! “きれい”が続けられるアイテムたちです。

1:ワイパーを浮かせて収納!ダイソーの「モップキャッチ」

null

床の拭き掃除をするときに活躍するのが、フローリング用ワイパー。すぐ使えるように、リビングやダイニングの壁に立てかけておいていたのですが、ただ放置しているようで見栄えがイマイチ。何より、立てかけておくことでやはり掃除の邪魔になってしまいます。

そこで『ダイソー』の「モップキャッチ」(110円・税込)を使って浮かせる収納にしました。片手操作で取ることも片付けることもできるため、壁掛けしている時と同じように使うことができます。それでいて倒れる心配がない。コンパクトで、写真のように細いバーにつける事ができるのも嬉しいポイントです。

2:ダイソーの「ピタッとキャスター」でモノの移動が楽に!

null

掃除機をかけるときに床に直置きしているものは、移動させる必要があります。そんなときキャスターがついているとわざわざ持ち上げる必要がなく、ラクに移動させることができます。

そこでキャスターがついていないものには、『ダイソー』の「ピタッとキャスター」(110円・税込)をつけてしまいましょう。粘着テープ式の貼り付けるタイプのキャスターで、収納ボックスの底など好きなところに貼れば、キャスター付きアイテムに変身!

見かけによらず耐荷重は8キロ。キャスターを支える板には粘着テープのほか、2箇所の穴が空いています。そこに結束バンドを通して、同じく100均で購入したネットを取り付ければ、キャスター付き掃除機スタンドの完成です。

この上に掃除機収納セットを乗せると、掃除機収納セットの後ろ側を掃除したいとき、スライドさせるだけで移動ができて掃除がスムーズに。それまでは掃除機収納セットを両手で抱えて移動させていたので、ずいぶん手間が減りました。

3:一時置きに!ニトリの「吊り戸棚バスケット FLAT」

null

ご飯の配膳をしたいときに、机の上で子どもが宿題していたり絵を描いていたり……わが家ではよくある風景です。ご飯を理由に片づけさせると、片づけに時間を要してしまううえ、続きをする際再び出してくるのに面倒です。そのため、中断したあと続きにつながらないこともしばしば。

そこで机に『ニトリ』の「吊り戸棚バスケット FLAT」814円・税込)を取り付けて、作業しているものの一時置き場を作りました。A4サイズが入るため、教科書やノート、色鉛筆などをそのまま置いておけます。配膳時には全てバスケットに突っ込んで、食事の準備がスムーズになりました。

4:1個あたり55円!セリアの「歯ブラシホルダー」

null

毎日使う水回りは、キレイに保っていたいもの。ただこまめに掃除したり、キレイを保つのは簡単ではありません。家事負担を軽く、かつ水回りの清潔を保つよい方法はないものか……。そこで大活躍するのが「浮かせる収納グッズ」!

まずは、100円ショップ『セリア』で購入できる「歯ブラシホルダー」です。何度も貼ってはがせるシリーズの1つで、タイルや鏡などに貼り付けることができます。写真の通り、電動歯ブラシでも落ちることはありません。2個入りで110円(税込)なので、コスパも抜群です。

5:吊るす&無駄なく使える「フックタイプチューブしぼり」

null

歯ブラシだけでなく、歯磨き粉も吊るすことができます。歯ブラシホルダー同様、『セリア』で購入できるチューブしぼりは、吸盤で貼り付けてフックでかける仕様になっています。

筒状になっている部分は回すとチューブが巻き取られるようになっているため、最後まで歯磨き粉をキレイに使い切ることができます。こちらは1110円(税込)。

6:もう直置きしない!マーナの「マグネット湯おけ」

null

お風呂に置きっぱなしになりがちな洗面器も、『マーナ』のマグネット湯おけを使えば壁に貼り付けることができます。

名称の通り湯おけなので、洗面器として使うには小ぶりに感じる方もいるかもしれませんが、個人的にはお湯を出しすぎることがなく、ちょうどいいサイズです。公式サイトで1,848円(税込)。

ライター・沖田かへ(以上のアイテムすべて)

7:パーツが選べるお風呂収納「HUBATH PLUS」

null

お風呂場の収納って備え付けがあるものの、ちょっとした小物を置きたいとか、固形石鹸を置くスペースがいけてなかったりと、細かな点で不満が。そんな時に出会った浮かせる収納アイテム、「HUBATH PLUS(ヒューバス プラス)」がとても便利で助かっています。

HUBATH PLUS」のウォールバーは、磁石か粘着式のテープで取り付けられるので、どんな壁でも使えるのが嬉しいところ。

いちばんのメリットは、ボトルホルダーや歯ブラシホルダーといった専用パーツが1個単位から購入できること。パーツを自由に組み合わせてカスタマイズすることで、自分にぴったりの収納ラックが用意できるんです(ウォールバー+ボトルホルダー3つなどのセット販売もありますよ)。筆者は下記をセレクト。

  • マグネット式ウォールバー 1,980円(税込)
  • ボトルホルダー 495円(税込)
  • ソープホルダー 770円(税込)
  • マルチトレイ 660円(税込)

マルチトレイは、フックなどで吊るせないアイテムの置き場となってくれるので、我が家では『uka(ウカ)』の頭皮マッサージブラシ「kenzan」を置くのにぴったりでした!

特にいいなと思ったのは、固形石鹸を磁石の力で浮かせることができるパーツがあること! 以前、本日のお気に入りで紹介した固形シャンプーも、これなら浮かせられて衛生的です。

暮らしにあわせてカスタムできる「HUBATH PLUS」を試してみてくださいね。

ライター・緑川緒井

価格は購入当時のものです。サイトによって価格が変わる場合があります。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集