子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

貯金1千万円以上の人に聞いた「他は節約してもここだけは節約しない」と決めていること

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

お金を貯めたいと思っていても、何から何まで節約ばかりしていると息が詰まってしまいますよね。そこで今回『kufura』では50歳以下で貯金が1千万円以上ある既婚女性44人にアンケートを実施し、「他は節約しても、このお金だけは減らさないと決めていること」を聞いてみました。
節約上手はお金の使い方も上手!? 出すところは出して、締めるとこは締め、メリハリあるお金の使い方がお金が貯まる秘訣のようです。さっそく見ていきたいと思います。

「旅行代」趣味は思いっきり楽しむ!

「旅行費用。せっかくの旅なので欲しいもの、食べたいものを買う」(32歳/その他)

「旅行。夫婦での唯一の共通の趣味なので」(49歳/主婦)

「家族旅行。安い宿に泊まって、がっかりしたくないから」(49歳/営業・販売)

「海外旅行と国内旅行のディズニーパークチケット代」(47歳/総務・人事・事務)

「旅行。動けるときに動いといた方がいいと思うから」(35歳/企画・マーケティング)

旅費や旅行先でかかるお金をケチケチせず、この日は特別に楽しむ思い切りが大事なようです。旅をしたら旅欲、消費欲も満たされ、帰ったら節約しよう!とモチベーションのアップにもなりますね。また、旅行は貯金が溜まってからではなく、思うように身軽に動けるうちに先に行っておきたいという意見もありました。

「好きな食べ物代」食べたいものは食べる!

「スイーツ代。私のストレス解消なので、外せないです」(38歳/主婦)

「食べたいもの」(39歳/主婦)

「外食代。家では節約してるから外で食べるときくらいは、好きなものを食べる」(46歳/主婦)

「カフェ代。小さな非日常があることで生活にメリハリがつく。モチベーションもあがる。心身のリフレッシュになるから」(33歳/研究・開発)

毎日節約すべきところはしっかり節約しているがゆえに、モチベーション維持のための自分へのご褒美も大事になってきます。たまに外食して自分の好きなものを食べたり、美味しいスイーツを購入したり、食べたいものを食べるって幸福度が上がりますよね。そんな節約するところと使うところのメリハリの付け方は、とっても勉強になりますね。

「食費」健康につながる出費は惜しまない

「食費です。健康が大切だからです」(31歳/総務・人事・事務)

「食事。健康第一なので、食べたいもの、新鮮なもの、旬のものをバランスよく食べる」(46歳/コンピュータ関連技術職)

“毎日の食事が健康の源”とオーガニック食品や無添加の食品など健康に気を使って食材選びをしているという人もいました。健康でいることが出費しない一番の節約!という考えに納得です。

教育費、経験…「子ども」への投資はケチらない

「子どもたちの塾、習い事代。将来への投資なので、絶対にケチらないようにしています」(49歳/総務・人事・事務)

「子どもにかかるお金は節約してません。遊びに行くときは、しっかりやりたいことを全部やって、いい経験に感じてもらいたいと思ってます」(38歳/デザイン関係)

「強いて言えば、子どもにかけるお金は不自由ないように使っていたと思います」(50歳/主婦)

「子どもの教育費は節約を考えたことないです。本を中古で買う程度の節約です」(43歳/金融関係)

自分や夫にかかるお金は節約しても、子どもへの塾代や習い事、経験につながることへの費用は惜しまず使う、という声も。これは無駄な出費ではなく、子どもの未来への投資と考え、惜しまず使うべきところだと考えている人が多いようです。

身体が資本!「医療費、美容費」

「人間ドック。30歳から毎年夫婦で受けている。体が資本なので」(44歳/主婦)

「歯科検診、健康診断」(45歳/主婦)

「医療費。大きな病気になる前にすぐに病院に行くようにしている」(34歳/総務・人事・事務)

「自分の鍼灸治療。治療費が高いが長年、体調不良だからやめられない」(50歳/主婦)

「健康を守るためのお金。歯医者や眼科代、サプリなど。健康でないと色々と支障がでるので」(43歳/総務・人事・事務)

「美容代」(38歳/その他)

「スキンケア」(34歳/公務員)

身体もお肌も年をとってから立て直そうと思ってもなかなか簡単にできるものではないですよね。そのためにも、日頃から身体のメンテナンスを心がけたいものです。
なかには、「電気代。冷暖房をケチって熱中症になったり風邪をひいたりしたら医療費がかかるし、その間しんどい思いをするから」(37歳/総務・人事・事務)と電気代を惜しまないことで、風邪などの予防に努めているという人もいました。

 

いかがでしたか。ほかにもペット用品は良いものにしたり、車にお金をかけたり、推しのグッズ代は譲れない、とそれぞれの暮らしのこだわりが反映された結果となりました。何か一つ、節約を気にせずお金を使えるコトやモノがあると節約生活にも張りがでて、長続きしそうですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集