kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

便利すぎる「カット野菜」サラダや炒め物以外にこんな食べ方があるんです!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

スーパーやコンビニで手軽に購入できる「カット野菜」。予め千切りや一口大にカットされていて、包丁を使わず調理できるので何かと便利ですよね。皆さんはカット野菜をどんな料理にして食べていますか? サラダや炒め物にする方が多いのではないでしょうか。でも、その食べ方には飽きてしまった……という方に朗報です!

『kufura』では女性500人を対象に、「サラダや炒め物以外のカット野菜の食べ方」を調査しました。すると中には「1食分ずつ小分けにして冷凍ストックしておくと使い勝手がいい」という意見も。早速、みんながどのように「カット野菜」を利用しているのか、みていきましょう!

やっぱり今の季節は「鍋」でしょ!

今の季節は「鍋料理」の出番も多くなります。そんな時もカット野菜は大活躍のよう。「鍋の具に使う」という意見は多かったです。カット野菜は“きのこミックス”“ニラもやしミックス”“キャベツミックス”など種類も豊富なので、鍋に合わせて使い分けもできそうです。

「ラーメン」のトッピングとして

「カップラーメンの上に電子レンジで温めた冷凍野菜を入れて食べる」(43歳/研究・開発)

「レンジでチンしてラーメンの具に」37歳/その他

「袋ラーメンの具として一緒に煮込む」(41歳/その他)

ラーメン+野菜で、栄養バランス&食べ応えがアップです! わざわざ切って用意するのは面倒ですが、カット野菜なら自分の好きな量を使えますね。

5分でできる!「焼きそば」&「焼きうどん」

スピードメニューとして人気の「焼きそば」&「焼きうどん」ですが、カット野菜を使えばもっと簡単に作れます! 子どもがいる時のお昼ご飯など、パパッと調理したい時に準備を短縮できる点がいいようです。

「味噌汁」の具としても使える!

「味噌汁の具に手でもんで入れる」(63歳/その他)

「キャベツのカット野菜は、味噌汁の具にする」(63歳/その他)

「和風サラダ系(大根などが入ってる)ものをお味噌汁に入れちゃう」(39歳/学生・フリーター)

「豚汁の具にする」(56歳/主婦)

味噌汁のベースを作り、そこにカット野菜を入れるだけ。特に、イベントが多い年末年始は、暴飲暴食になりがちですよね。そんな時は、野菜がたっぷり入った“食べる味噌汁”はどうでしょう? また「生みそタイプのインスタント味噌汁に加える」(63歳/その他)という意見もありました。

身も心も温まる「スープ」にアレンジ

「餃子入りカット野菜のスープにする」(66歳/公務員)

「ミネストローネなどのスープに入れる」(50歳/主婦)

「具沢山の野菜スープ」(32歳/営業・販売)

「ポット鍋にカット野菜を入れて、コンソメスープ仕立てで煮込む」(17歳/その他)

「ポトフに入れる」(33歳/その他)

味噌ではなく、コンソメやトマトベースで煮込めば「野菜スープ」の完成です。具は同じでも、スープの味が変われば印象は変わるので、いろいろアレンジできそうです。

漬けるだけでOKの「浅漬け」&「ピクルス」

「袋のままごま油と塩こんぶ投入して浅漬け」(29歳/その他)

「漬け物。色んな野菜を沢山買わなくても適量が買えて有難い」(29歳/総務人事)

「カットキャベツの袋に塩昆布と梅肉を加えて揉むと即席のお漬物になる」(40歳/その他)

「そのまま酢漬けにしてピクルスにする」(34歳/主婦)

献立にあと一品ほしい! 箸休め的なメニューがほしい! そんな時に使えるアイディアですね。

卵焼き、とん平焼きなどの「卵料理」

「とん平焼きに使うと便利です。豚肉などと軽く炒め、お皿にこんもりと盛る。その上に薄焼き卵焼きをのせ、マヨネーズ・ソース・かつお節をふんだんにかけて食べます」(45歳/その他)

「卵焼きに混ぜる」(32歳/総務・人事)

「バターで炒め塩こしょうしたキャベツの千切りを卵でとじます。それをトーストに乗せて食べてもおいしいです」(52歳/その他)

「オムレツの具材に使う」(19歳 学生・フリーター)

お店で出てくるような細いキャベツの千切りって意外とつくるのが難しいですよね。カット野菜なら細さも均一で調理もしやすいです。そして火を通すことで甘さも増します。それを卵と組み合わせている方が多かったです。

キャベツの千切りは「お好み焼き」の具に

「お好み焼きやチヂミの素に混ぜ込んで焼く」(47歳/主婦)

「キャベツの千切りのカット野菜をお好み焼きで使うと楽チン」(32歳/総務人事)

「キャベツを丸ごと買うのが高い時はカット野菜でお好み焼きを作ったりする」(42歳/主婦)

お好み焼きはキャベツをたっぷり入れた方が美味しいですね。先ほどの卵料理同様に、こちらでもキャベツの千切りが大活躍です!

電子レンジでチン!で「温野菜」

「温めてフォンデュ用の野菜にする」(41歳/主婦)

「シリコンスチーマーで蒸して温野菜に」(34歳/総務・人事)

生より温めることで、量もいっぱい食べやすくなりますね。

さらに、

「カット野菜と鮭を酒蒸しにする」(47歳/その他)「豚バラと一緒に蒸し焼きに。シンプルにポン酢で食べると美味しい」(37歳/主婦)など、魚と肉とを組み合わせている方もいました。

細かく刻んで「餃子のタネ」に

「餃子のタネにする」(53歳/主婦)

「細かく刻んでメンチキャベツの具にする」(47才/その他)

とのように、カット野菜をさらに細かく刻んで“タネ”にしている方もいました。キャベツを丸ごと1個買っても使い切れないかも……という時は、カット野菜で代用するのもいいかもしれませんね。

おかずにもなる!カット野菜を使ったメニュー

この他、みんなが作っているメニューを紹介します。

「袋にカット野菜を入れて、調味酢を入れてつけておく。魚のフライやチキンのフライなどと一緒に食べる(南蛮漬け的な感じです)」(37歳/主婦)

「トマト缶と一緒に耐熱皿へ入れてチン。オリーブオイル、塩こしょうで簡単ラタトゥイユ」(45歳/その他)

「カット野菜と鶏肉を味噌で炒め、上からチーズをかけたちゃんちゃん焼きチーズ乗せ」(32歳/主婦)

「グラタン皿にカット野菜を詰めて上から牛乳で作ったホワイトソースをかける。最後にチーズをのせてオーブンで焼くなんちゃって野菜グラタン」(20歳/営業・販売)

どれも作り方はシンプルですが、美味しそうですね!

アウトドアでも活躍! その他のコメントは…

「スムージーに使う!」(36歳/主婦)

「ライスペーパーに包んで、簡単生春巻き」(63歳/その他)

「キャンプの朝ごはんの時、ホットドックにのせる」(39歳/主婦)

「一口大に細かく切って、炊き込みご飯に入れる」(32歳/主婦)

「カット野菜をタコスに挟んでヘルシータコス」(29歳/その他)

水洗いせずに使えタイプのカット野菜は、アウトドアなど水が限られいる場所でも重宝するようです。

 

野菜の価格は天候の影響を受けやすいですよね。そして、安いからといって丸ごと買っても結局使い切れなかったりすることも。価格も安定しているカット野菜を、状況に応じてうまく使うとよさそうですね。

 

文/鳥居優美

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載