kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

煮・焼・揚でリメイク!? おせちであまった「かまぼこ」アイディア料理

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

あまってしまったお正月のおせち料理も、アイディア次第で普段の料理においしくリメイクできます。男女500名に行った、『kufura』のアンケート結果から、あまったかまぼこのアイディア料理についてご紹介します。

煮込んでほっこり。汁・麺料理・煮物に

「暖かい蕎麦に入れて食べる」(40歳/女性/その他)

「かまぼこを雑煮の中に入れて一緒に煮込んだり、あまった雑煮の汁にうどんを入れて食べる」(19歳/女性/学生・フリーター)

「クリームシチューの具」(46歳/男性/その他)

「おでんに入れて煮込む」(60歳/男性/コンピュータ関連以外の技術職)

「煮物の具材に使ってしまう」(39歳/女性/その他)

そのままでも食べられるかまぼこですが、麺類や汁物のトッピングや煮込み料理にも最適です。

揚げて炒めて…普段のおかずに

「かまぼこを塩コショウで炒めて食べる」(55歳/男性/営業・販売)

「かまぼこをごま油で炒めて砂糖と醤油で味付け」(66歳/男性/その他)

「細かく切ってネギをたっぷり入れたお好み焼きをつくります」(64歳/女性/総務・人事・事務)

「かまぼこを油であげる。香ばしくておいしい」(48歳/女性/営業・販売)

「かまぼこを焼いてマヨネーズ 唐辛子をつけてお弁当のおかずに」(46歳/女性/主婦)

「かまぼこを天ぷらにしてマヨネーズをつけて食べる」(22歳/女性/主婦)

油で炒めたり揚げたりしてアレンジを加える方もたくさん。「食卓にもう1品加えたい」というときや、弁当のおかずとしてもピッタリ。

丼メニューからチャーハン・おじやも!かまぼこ×ごはん

「残った練り物で卵とじ丼」(50歳/女性/主婦)

「かまぼこを親子丼の鶏肉の代わりにする」(43歳/女性/主婦)

「かまぼこチャーハン」(48歳/女性/コンピュータ関連以外の技術職)

「餅や野菜と一緒に煮込んだおじや。寒い日にはぴったり」(71歳/男性/その他)

「ちらし寿司」(53歳/男性/公務員)

親子丼の作り方で、かまぼこを卵でとじて簡単どんぶりにする方も多いよう。おじやや雑炊といったごはんメニューにも合いそうです。また、かまぼことあまったおせちを細かく刻んで酢飯の上に飾り、ちらし寿司にするというアイディアも。

ひと手間加えて…お酒のおつまみに

「もやしナムルにかまぼこ」(37歳/女性/主婦)

「かまぼこを細く切って、カイワレやキュウリの細切りとあえ、醤油マヨネーズで食べる」(58歳/女性/主婦)

「板わさ。わさびをたっぷり入れてきゅうりをはさむ」(50歳/男性/営業・販売)

「軽く焼いて海苔を巻いてお酒のあてにします」(47歳/女性/その他)

「チーズを挟んでオーブンで焼く」(57歳/女性/主婦)

板わさのような簡単メニューから、焼いて海苔をまく、オーブンで焼くといったひと手間を加えるだけで、あっという間におつまみになるのが、かまぼこの便利なところ。

そのまま食べても、焼いたり揚げたりしてもおいしいかまぼこは、リメイクしやすい食材のひとつ。ここで紹介したアイディア術は、普段の食事にも活用できそうですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載