子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

あっという間にペロリ完食!納豆に加えると子どもが喜ぶ食材&調味料

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

納豆と言えば日本人の朝食の定番であり、栄養のある一品。朝から元気に活動するために、是非子供に食べてもらいたい食材の1つではないでしょうか。そこで『kufura』では20~50代の子持ち女性197名を対象に、子どもが大好きな、納豆に加えるともりもり食べてくれる食材や調味料を伺いました。

ちらしても巻いても「海苔」

「納豆をご飯にのせたあと、きざみ海苔をのせると、喜んでくれます」(38歳/主婦)

「海苔が好きなので、刻み海苔を納豆にかけてあげるとたくさん食べてくれます」(35歳/主婦)

「納豆ごはんを味付け海苔で巻いて食べるととてもおいしいようで、いつもペロリと完食する」(37歳/デザイン関係)

「納豆巻きが大好物です。焼き海苔の上に塩をパラパラし、その上にご飯を敷き詰め、大葉をのせ、塩で味付けした納豆をのせて巻きます」(54歳/主婦)

ご飯と相性のいい海苔は、納豆巻きに代表されるように納豆との相性も抜群。きざみ海苔をかけて食べるのはもちろん、納豆巻きにすると小さい子どもでも食べやすいでしょう。

大豆とカルシウムで栄養満点!「しらす」

「しらすを入れると美味しさが増すようなので、納豆しらす丼にしてあげるとあっという間になくなります」(41歳/主婦)

「納豆にしらす干し。納豆が苦手なのですが大好きなしらす干しと一緒であれば食べてくれます」(33歳/その他)

「しらすと大根おろし。残さず食べておかわりをしてくれます」(38歳/主婦)

「おくらとシラスを入れる。たくさん食べてくれる」(42歳/主婦)

しらすを混ぜると美味しいだけでなく、カルシウムをプラスすることができます。さらに大根おろしやおくらといった野菜を一緒に混ぜると、栄養満点な一品に。同様にちりめんじゃこという回答もあがりました。毎朝家族で食べたくなりますね。

ピリ辛がクセになる「キムチ」

「キムチと混ぜて食べます。口めいっぱいにごはんを頬張ってたべます」(37歳/営業・販売)

「やっぱりキムチ納豆。キムチが大好きで、入れるとより納豆を食べたがる」(55歳/その他)

「納豆にキムチを入れる。それだけでご飯がすすむ」(48歳/総務・人事・事務)

「キムチは美味しいと言っていました」(38歳/総務・人事・事務)

納豆にピリ辛のキムチは、ごはんがすすみそうな組み合わせ。辛いもの好きなお子さんであれば、クセになってしまいそうです。ご飯に合わせるのはもちろん、大人であればおつまみとしての楽しみ方も。

まろやかな味わいに「チーズ」

「納豆にピザ用チーズと蜂蜜を混ぜ合わせて、トーストの上におき、オーブンで焼きます! 甘くて食べやすくて、子供が好きです」(51歳/主婦)

「食パンに納豆、マヨネーズ、とろけるチーズをトッピングして焼く」(47歳/その他)

「納豆に細かくしたチーズを混ぜる」(33歳/主婦)

「細かく切ったきゅうり(角切り)と、チーズを和える。給食にも出ているものと似ているので、食べやすい」(38歳/主婦)

和食イメージの納豆ですが、意外にもチーズとの相性もいいのです。パン派の方は、食パンにのせてトーストすれば立派な朝食に。とろけたチーズの上に、前述した海苔をのせて食べるのも美味しそうです。

ニオイが苦手な子どもへの秘密兵器「マヨネーズ」

「マヨネーズ。味がまろやかになって、納豆臭さが軽減して、美味しいと食べてくれます」(39歳/主婦)

「下の子は必ずマヨネーズを混ぜる。マヨなしは考えられないらしい。上の子はパリパリ海苔を巻いて食べる」(37歳/主婦)

「マヨネーズ。たくさん食べてくれる」(36歳/その他)

「納豆にシーチキンとお醤油とマヨネーズを入れて食べるのが好きです」(48歳/その他)

納豆のニオイが苦手であれば、マヨネーズを入れるという方法があります。マヨネーズが納豆のニオイを抑えマイルドな風味にしてくれるため、納豆に苦手意識のあるお子さんでも食べやすくなるかもしれません。

スルスル食べられる!「卵」

「卵納豆。ご飯にかけてさらさらと食べられるので食べやすいです」(35歳/主婦)

「卵納豆! これは朝でもスルスル食べられます!」(42歳/コンサルタント)

「卵を混ぜる。おかわりを2杯していた」(23歳/その他)

圧倒的に多かったのが“卵+納豆”。日常的にこの組み合わせで食べているという人も多そうです。卵が加わることで、納豆もするっと口の中に入ってきます。卵と納豆を和えて、さらに食材をプラスしているという人も。

「納豆に冷奴・生卵・ネギ・かつお節・醤油を入れて混ぜるだけ。サッパリしているのでたくさん食べてくれる」(47歳/主婦)

「納豆と生卵を混ぜた中に餅を入れて食べる」(56歳/主婦)

ネギやかつお節は定番ですが、餅というのは個性的。お腹にしっかり溜まってくれそうです。

和朝食に欠かせないアレをプラス…?その他の回答

「お味噌汁に入れたらあっという間になくなります」(35歳/主婦)

「納豆ご飯に味噌汁をかけると美味しいようで、よく食べてくれます。白味噌です」(26歳/主婦)

「子どもは味噌汁に納豆を入れている。何故か美味しいらしい」(46歳/その他)

和朝食と言えば、ご飯とお味噌汁。そのお味噌汁に納豆を入れたり、納豆ご飯に味噌汁をかけるという回答もでてきました。マナーはさておき、一度にすべてを食べることができるので、時間のないときにやってみるのもよいかもしれません。

 

納豆のアレンジは数多く、子どもの好みはさまざま。今回のアンケートを参考に、お子さんにあった食べ方を見つけてくださいね。納豆を食べて、家族で朝から健康的に過ごしましょう!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。